天気の子

劇場公開日

天気の子
33%
38%
17%
6%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「君の名は。」が歴史的な大ヒットを記録した新海誠監督が、天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄されながらも自らの生き方を選択しようとする少年少女の姿を描いた長編アニメーション。離島から家出し、東京にやって来た高校生の帆高。生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく手に入れたのは、怪しげなオカルト雑誌のライターの仕事だった。そんな彼の今後を示唆するかのように、連日雨が振り続ける。ある日、帆高は都会の片隅で陽菜という少女に出会う。ある事情から小学生の弟と2人きりで暮らす彼女には、「祈る」ことで空を晴れにできる不思議な能力があり……。「兄に愛されすぎて困ってます」に出演した醍醐虎汰朗と「地獄少女」「Last Letter」など話題作への出演がひかえる森七菜という新鋭の2人が、帆高と陽菜の声をそれぞれ演じる。そのほかの出演に小栗旬、本田翼、平泉成、梶裕貴、倍賞千恵子ら。「君の名は。」に続いて川村元気が企画・プロデュース、田中将賀がキャラクターデザイン、ロックバンド「RADWIMPS」が音楽を担当。RADWIMPSが手がける主題歌には女性ボーカルとして女優の三浦透子が参加。

2019年製作/114分/G/日本
配給:東宝

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
原作
新海誠
脚本
新海誠
製作
市川南
川口典孝
企画
川村元気
プロデュース
川村元気
エグゼクティブプロデューサー
古澤佳寛
プロデューサー
岡村和佳菜
伊藤絹恵
アソシエイトプロデューサー
角南一城
アシスタントプロデューサー
加瀬未来
堀雄太
共同製作
大田圭二
井上伸一郎
弓矢政法
善木準二
渡辺章仁
キャラクターデザイン
田中将賀
絵コンテ
新海誠
作画監督
田村篤
作画監督補佐
大橋実
演出
徳野悠我
居村健治
助監督
三木陽子
サカナ設定
伊藤秀次
銃設定
本間晃
衣装・小物設定
松井祐子
李周美
イメージボード
新海誠
美術監督
滝口比呂志
美術監督補佐
渡邉丞
室岡侑奈
美術設定
滝口比呂志
渡邉丞
瀧野薫
気象神社絵画・天井画
山本二三
色彩設計
三木陽子
色指定検査チーフ
吉田小百合
特殊効果
入佐芽詠美
CGチーフ
竹内良貴
撮影監督
津田涼介
音楽プロデューサー
成川沙世子
音響監督
山田陽
整音
山田陽
音響効果
森川永子
編集
新海誠
音楽
RADWIMPS
主題歌
RADWIMPS
三浦透子
制作プロデューサー
伊藤絹恵
気象監修
荒木健太郎
制作プロデュース
STORY inc.
制作
コミックス・ウェーブ・フィルム
全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第43回 日本アカデミー賞(2020年)

受賞

最優秀アニメーション作品賞  
詳細情報を表示

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13

(C)2019「天気の子」製作委員会

映画レビュー

4.5『君の名は。』の東京ではない。

村山章さん
2019年7月28日
PCから投稿

楽しい

興奮

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 11 件)
共感した! (共感した人 122 件)
村山章

3.5ピュアなハートの若い子向け?分かってましたけど。

2021年9月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

幸せ

長い間見たかった映画でようやく観賞。

面白かったが、「君の名は」と比べやや感動が薄い。

アニメーションは定評通り非常に綺麗。

自分としては最重要視はしていないんですが、綺麗である事に不足はなし。

物語はファンタジー色で前作より強まった感じ。

冷めた大人としてはやや気恥ずかしかった。

タイトル通り天気を司る少女のお話、さして目新しい題材では無いんですが違和感なく物語を進めていくのは監督の力量ではと納得。

先入観で思ってたストーリーと違ってましたが、主人公がヒロインを助けに行く流れは王道であり、まぁそうだよねという感じ。

ラストも流れ通り、スムーズ。綺麗で良い意味で安心のオチでした。

優しい気持ちになれますが、少し時間が経つと忘れそう。

未見の方には申し訳ないが、2度は見ないかな。

声優の起用は違和感特に感じず。

あぁ、小栗旬か?ってエンドロールで思った。

倍賞美津子さんも出てますね。定番?

色々書きましたが、新海監督には次作も期待してます!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マルボロメンソール

4.0裏切らない圧倒的な映像美と音楽

HALさん
2021年8月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

映画館で見させてもらいました。もう何年か前なので覚えてる範囲で、、

まず、率直な感想としては映像が綺麗!!音楽がいい!!
の2つでした。たまにこういう、映像とか音に全振りしてストーリーはそうでも無い感じがしてしまう映画があると思うんですが、そんな感じでした。

自分の中で「君の名は」と、どうしてもくらべてしまうところがあり、それをしてしまうとやはりちょっと物足りない気はしました。

ただ当時の自分は、グランドエスケープが流れるシーン(陽菜を助けに行くシーン)で鳥肌立ちまくりだったのは覚えています。
映画館で見たということもあり、感動しまくりでした。

以上のことから、これからDVDやネットの配信サービスで視聴する際は少し物足りない感はあると思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
HAL

2.0笑けた

moppiさん
2021年8月7日
iPhoneアプリから投稿

感動とか、興奮とかはなく、ただ有り得ないファンタジーさに笑えた。最後、主人公の男の子が線路を走るシーンは爆笑だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
moppi
すべての映画レビューを見る(全1857件)