天気の子

劇場公開日

天気の子

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「君の名は。」が歴史的な大ヒットを記録した新海誠監督が、天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄されながらも自らの生き方を選択しようとする少年少女の姿を描いた長編アニメーション。離島から家出し、東京にやって来た高校生の帆高。生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく手に入れたのは、怪しげなオカルト雑誌のライターの仕事だった。そんな彼の今後を示唆するかのように、連日雨が振り続ける。ある日、帆高は都会の片隅で陽菜という少女に出会う。ある事情から小学生の弟と2人きりで暮らす彼女には、「祈る」ことで空を晴れにできる不思議な能力があり……。「兄に愛されすぎて困ってます」に出演した醍醐虎汰朗と「地獄少女」「Last Letter」など話題作への出演がひかえる森七菜という新鋭の2人が、帆高と陽菜の声をそれぞれ演じる。そのほかの出演に小栗旬、本田翼、平泉成、梶裕貴、倍賞千恵子ら。「君の名は。」に続いて川村元気が企画・プロデュース、田中将賀がキャラクターデザイン、ロックバンド「RADWIMPS」が音楽を担当。RADWIMPSが手がける主題歌には女性ボーカルとして女優の三浦透子が参加。

2019年製作/114分/G/日本
配給:東宝

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
原作
新海誠
脚本
新海誠
製作
市川南
川口典孝
企画
川村元気
プロデュース
川村元気
エグゼクティブプロデューサー
古澤佳寛
プロデューサー
岡村和佳菜
伊藤絹恵
アソシエイトプロデューサー
角南一城
アシスタントプロデューサー
加瀬未来
堀雄太
共同製作
大田圭二
井上伸一郎
弓矢政法
善木準二
渡辺章仁
キャラクターデザイン
田中将賀
絵コンテ
新海誠
作画監督
田村篤
作画監督補佐
大橋実
演出
徳野悠我
居村健治
助監督
三木陽子
サカナ設定
伊藤秀次
銃設定
本間晃
衣装・小物設定
松井祐子
李周美
イメージボード
新海誠
美術監督
滝口比呂志
美術監督補佐
渡邉丞
室岡侑奈
美術設定
滝口比呂志
渡邉丞
瀧野薫
気象神社絵画・天井画
山本二三
色彩設計
三木陽子
色指定検査チーフ
吉田小百合
特殊効果
入佐芽詠美
CGチーフ
竹内良貴
撮影監督
津田涼介
音楽プロデューサー
成川沙世子
音響監督
山田陽
整音
山田陽
音響効果
森川永子
編集
新海誠
音楽
RADWIMPS
主題歌
RADWIMPS
三浦透子
制作プロデューサー
伊藤絹恵
気象監修
荒木健太郎
制作プロデュース
STORY inc.
制作
コミックス・ウェーブ・フィルム
全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13

(C)2019「天気の子」製作委員会

映画レビュー

4.5『君の名は。』の東京ではない。

2019年7月28日
PCから投稿

楽しい

興奮

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 11 件)
共感した! (共感した人 104 件)
バッハ。

3.5今の日本の現状を投影した映画

2019年12月2日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 0 件)
嶋村吉洋

4.5エンタメ性は「君の名は」に劣る。けれど何かが引っかかった

Aerohandさん
2019年12月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

最初に鑑賞した時は正直、つまらないだけの映画だと思いましたが、二度、三度と回数を重ねるうちに、心の中に何かが引っかかっているのを感じました。自分の中では「君の名は」の方が面白いことは明らか(二度ほど観直しました)で、「天気の子」の何がそんなに引っかかっているのかがよくわからなかったのですが、四度目の鑑賞でようやく原因らしきものを分析できました。
その原因は「新規性」、つまり、既存の作品には無い要素をどれだけ含んでいるか、ということなのかなと思います。
「君の名は」はエンタメとしては非常に良く出来ていましたが、その一方、作品の構成要素には一見して新規性を感じられるものはなかったように感じました(それが悪いことだとは思っていません)。しかしながら、「天気の子」。この作品の中で最もフィーチャーされている「犯罪を犯してでも愛する人に会いたいという帆高の強い衝動」に、多分僕は衝撃を受けて、そこに強い引っ掛かりを感じたのだと思います。
主人公が愛のために走る作品は星の数ほどあれど、「天気の子」ほど懸命であと先を考えないものは今までにありませんでした。少なくとも僕の観た作品の中では、ですが。この作品の新規性の全てはここに凝縮されていると思います。
少年が警察と敵対し、線路に侵入し、邪魔者に銃口を向ける。やりすぎとも思えるほどに少年を追い込み、そして少年がそれらの障害に必死に立ち向かっていく姿を描く。その全てが帆高少年の見たこともないほどに強い衝動を描くための過程であり、それを描くことこそが、新開監督がこの作品でやりたかったことなんじゃないか、というあたりで考察を終えました。
結論。「君の名は」の方がエンタメ性は優れているが、「天気の子」の方が新規性がある。そこに僕は引っ掛かりを覚えました、ということです。
個人的には、エンタメ性よりも新規性の方を重視しているので、星4.5としたいと思います。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Aerohand

2.5「巻き込まれ型物語」&「サービス多い」

2019年11月30日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

「君の名は。」は多くの伏線が未回収で「面白さが分からない」まま終わったのですが、こちらはいわゆる「巻き込まれ型物語」と捉えれば、話の筋は通っているように思えました。
とは言え主人公の行動に移るまでの動機の弱さは前作同様。この当たりが、この監督作品の好みの別れるところでしょうね。

また、映画文法を無視したような「主人公による長い長いト書き」や「登場人物の声や音をかき消すようなBGMのボリューム」等、製作者サイドの「過剰サービス」も映画を見慣れている人からは「?」となるのでは無いでしょうか。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
クォード
すべての映画レビューを見る(全1655件)