サムライマラソン

劇場公開日:

サムライマラソン

解説

「超高速!参勤交代」の原作・脚本で知られる土橋章宏が、日本のマラソンの発祥と言われる史実「安政遠足(あんせいとおあし)」を題材に執筆した小説「幕末まらそん侍」を、主演の佐藤健をはじめ日本を代表する豪華キャストの共演で映画化。「ラストエンペラー」のジェレミー・トーマスと「おくりびと」の中沢敏明が企画・プロデュースを手がけ、監督を「キャンディマン」「パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト」のバーナード・ローズ、音楽を「めぐりあう時間たち」のフィリップ・グラス、衣装デザインを「乱」のワダエミが担当する。外国の脅威が迫る幕末の世。安中藩主・板倉勝明は藩士を鍛えるため、15里の山道を走る遠足を開催することに。しかし行き違いによって幕府への反逆とみなされてしまい、安中藩取り潰しを狙う刺客が藩士不在の城に送り込まれる。遠足参加中に藩の危機を知った安中藩士の唐沢甚内は、計画を阻止するべく走り出す。

2019年製作/104分/PG12/日本
配給:ギャガ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16

(C)“SAMURAI MARATHON 1855”FILM Partners

映画レビュー

4.0グローバル時代のチャンバラ映画という大志は買うが

2019年2月24日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

楽しい

興奮

「超高速!参勤交代」を大いに楽しんだ(続編「リターンズ」はやや物足りなかった)ので、2作の脚本を書いた土橋章宏の新作、少なからず期待していた。しかし本作、土橋は原作小説のみで、バーナード・ローズ監督を含む3人のチームでシナリオを練ったらしい。アカデミー賞にもゆかりある国際色豊かな製作陣に豪華キャストと来れば、さらに期待値も上がるというもの。

だがしかし。土橋の大きな魅力であった喜劇要素が、今作では藩士vs刺客の緊迫した筋を描くシリアスな演出に押され気味。笑えるシーンもちらほらあり、ビジュアル的に工夫した殺陣(スタッフが黒澤明の「七人の侍」が大好きなのはよくわかる)だって悪くない出来なのだが、お互いに勢いをそいでしまい、どうにもちぐはぐで、はじけ切れないのだ。

それでも、海外の市場を意識した時代劇を作るという動きはチャンバラ映画の生き残り戦略として正しいし、その志には敬意を表する。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
高森 郁哉

1.0ドタバタレース

odeonzaさん
2022年7月14日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
odeonza

3.0小松菜奈ファンとして観ただけ

2022年3月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

史実をもとにというオープニングから期待感が高まるが、通して観てなんともちゃちい映画でした。

現代風刺というか、どの時代でも忖度と迎合に明け暮れる日本人気質。
サラリーマン社会。
それに滅私奉公した者だけが勝者となる社会。

それはさておき、これだけの役者達を使っていながらこの完成度の物足りなさは残念の極みと言うのが全て。
大河ドラマで堂々と演じ切れる役者達をよくもまぁこんな軽々しく出演させたものだとがっかりしてしまった。

高速参勤交代のようなコミカルに走るわけでもなく、シリアスな時代劇になるわけでもなく。。。

小松菜奈さんは大好きな女優だが、これ彼女でなきゃダメなの??
違う気がする。
あんな美しい顔立ちの女性があの時代にいたと思えないところからの違和感。

今となっては、
豊臣秀吉の竹中直人さん
明智光秀の長谷川博己さん
岡田以蔵の佐藤健さん
織田信長の染谷翔太さん
後藤象二郎の青木崇高さん
麒麟がくるのお駒の門脇麦さん
とそうそうたるメンバー。

持て余すとはことの事だ。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 1 件)
零式五二型

3.5時代劇=運動神経

ふわりさん
2022年2月27日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

萌える

見始めはマラソンの意味がわからなかったけど、お殿様の考えがわかってくるにつれておもしろくなった。
森山未來さんの乗馬カッコいいなぁ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ふわり
すべての映画レビューを見る(全97件)