ちいさな独裁者
ホーム > 作品情報 > 映画「ちいさな独裁者」
メニュー

ちいさな独裁者

劇場公開日

解説

「RED レッド」や「ダイバージェント」シリーズなどハリウッドで活躍するロベルト・シュベンケ監督が母国ドイツでメガホンをとり、第2次世界大戦末期に起きた実話をもとに描いたサスペンスドラマ。1945年4月。敗色濃厚なドイツでは、兵士の軍規違反が続発していた。命からがら部隊を脱走したヘロルトは、偶然拾った軍服を身にまとって大尉に成りすまし、道中出会った兵士たちを言葉巧みに騙して服従させていく。権力の味を知ったヘロルトは傲慢な振る舞いをエスカレートさせ、ついには大量殺戮へと暴走しはじめるが……。出演は「まともな男」のマックス・フーバッヒャー、「ヴィクトリア」のフレデリック・ラウ、「顔のないヒトラーたち」のアレクサンダー・フェーリング。

作品データ

原題 Der Hauptmann
製作年 2017年
製作国 ドイツ・フランス・ポーランド合作
配給 シンカ、アルバトロス・フィルム、STAR CHANNEL MOVIES
上映時間 119分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

現代日本の社会問題にも通じる、同調と服従の心理こそが恐ろしい
ちいさな独裁者の映画評論・批評

優れた書き手が創作した寓話のような、驚くべき実話だ。1940年に公開されたチャップリンの監督・脚本・主演作「チャップリンの独裁者」は、ヒトラーをモデルにした独裁者に瓜二つの主人公が、脱走の際に拝借した軍服の印象も影響して独裁者に間違わ...ちいさな独裁者の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全31件)
  • とても良い映画 原題は、"Der Hauptmann"…英語で The Captain。 心理的な狂気が上手く描かれていて、2時間目の離せない作品だった。傑作です! *ラストの主人公のしぶとさには笑った。 ...続きを読む

    stoneage stoneageさん  2019年2月16日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • ちっぽけなやつ ちっぽけなやつが何かの間違いで権力 を握ったとしても所詮ちっぽけなやつに変わりはない。 やることはあの程度。 低俗極まりないエゴの塊でしかない。 しかしちっぽけじゃないやつが世の中に果たしている... ...続きを読む

    こっしゃん こっしゃんさん  2019年2月16日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 人の壊れる音 実話ベースだったのですね…知らなんだ。観終わって知ったけれども、知ってたとしてもピンとこない。そのくらいに、快楽的転落が見事にはまる主人公。これの邦題に関しては「お見事!」と言いたい。少し経って... ...続きを読む

    lynx09b lynx09bさん  2019年2月16日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

他のユーザーは「ちいさな独裁者」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

映画ニュースアクセスランキング

映画ニュースアクセスランキングをもっと見る
Jobnavi
採用情報