バレれば処刑…ニセ将校はどう切り抜ける!?「ちいさな独裁者」緊迫の本編映像 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年2月1日 > バレれば処刑…ニセ将校はどう切り抜ける!?「ちいさな独裁者」緊迫の本編映像
メニュー

バレれば処刑…ニセ将校はどう切り抜ける!?「ちいさな独裁者」緊迫の本編映像

2019年2月1日 19:00

第二次世界大戦末期に起きた衝撃の実話を描く「ちいさな独裁者」

第二次世界大戦末期に起きた衝撃の実話を描く
(C)2017 - Filmgalerie 451,
Alfama Films, Opus Film
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第二次世界大戦末期にドイツ兵が実際に起こした事件をベースにした「ちいさな独裁者」から、本編映像が公開された。大尉に成りすました脱走兵が、正体がばれないよう機転を利かすシーンを収めている。

1945年4月、終戦まであと1カ月に迫り配色濃厚なドイツでは、兵士の軍規違反が相次いでいた。命からがら部隊を脱走したヘロルト(マックス・フーバッヒャー)は、捨てられた車両の中で軍服を発見。それを身にまとって大尉に成りすまし、道中出会った兵士たちを次々と服従させ自身の親衛隊を作る。傲慢な振る舞いをエスカレートさせていくヘロルトは、ついには大量殺害へと暴走し始める。


画像2

[拡大画像]

公開されたのは、ドイツ兵部隊から軍隊手帳の提示を求められたヘロルトがウソで誤魔化すシーン。許可なく道路に侵入してきたヘロルトと親衛隊に対し、手荒な取り調べを始めるドイツ兵部隊に「私は空軍大尉だ、礼儀をわきまえろ」と激昂するヘロルト。部隊の上官は「命令もないのにどこへ?」と詰め寄るが、ヘロルトは「後方を調べる。上からの命令で」「総統のご命令だ」と怒りを込めて言い放つ。軍服に見合った態度と“総統”の名前で周囲を動揺させ、その場を乗り切ったのだった。

監督は「RED レッド」や「ダイバージェント」シリーズなどハリウッドで活躍するロベルト・シュベンケが務め、「まともな男」のフーバッヒャー、「ヴィクトリア」のフレデリック・ラウ、「顔のないヒトラーたち」のアレクサンダー・フェーリングらが出演している。

ちいさな独裁者」は2月8日から全国公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報