アマンダと僕
ホーム > 作品情報 > 映画「アマンダと僕」
メニュー

アマンダと僕

劇場公開日

解説

突然の悲劇で肉親を失った青年と少女の絆を描き、2018年・第31回東京国際映画祭で最高賞の東京グランプリと最優秀脚本賞をダブル受賞したフランス製ヒューマンドラマ。パリに暮らす24歳の青年ダヴィッドは、恋人レナと穏やかで幸せな日々を送っていたが、ある日、突然の悲劇で姉のサンドリーヌが帰らぬ人になってしまう。サンドリーヌには7歳の娘アマンダがおり、残されたアマンダの面倒をダヴィッドが見ることになる。仲良しだった姉を亡くした悲しみに加え、7歳の少女の親代わりという重荷を背負ったダヴィッド。一方の幼いアマンダも、まだ母親の死を受け入れることができずにいた。それぞれに深い悲しみを抱える2人だったが、ともに暮らしていくうちに、次第に絆が生まれていく。監督・脚本はこれが長編3作目のミカエル・アース。主人公ダヴィッド役はフランスの若手俳優バンサン・ラコスト。アマンダ役はアース監督が見いだしたイゾール・ミュルトリエ。

作品データ

原題 Amanda
製作年 2018年
製作国 フランス
配給 ビターズ・エンド
上映時間 107分
映倫区分 PG12
ハッシュタグ

#アマンダと僕

オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

生きるうえでいちばん大切なことは何かを、この映画はみつめている
アマンダと僕の映画評論・批評

親を亡くした子どもと、その保護者になった人物との触れ合いを題材にした映画には、佳作が多い。喪失を抱えた子どもと、子育てに不安を抱えた保護者が、距離を縮めながら互いに成長していく物語は、心の琴線に触れるヒューマンドラマの王道を行く。その...アマンダと僕の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全40件)
  • 悲しみと再生 ふとした瞬間に涙が出てくるところはものすごく共感しました。現実はこのような瞬間に悲しくなるのだろう。 わざとらしくない演出に、静かに涙が出てきました。そして皆少しずつ再生していくのでしょう。レナ... ...続きを読む

    morihide morihideさん  2019年7月21日  評価:4.5
    このレビューに共感した/1
  • アマンダの涙の意味は フランス映画は文学的である。哲学的と言ってもいい。生と死と愛を実存的なテーマとして、人間のありようが繰り返し描かれる。加えてその時代の社会問題も反映される。最近では移民問題やEUの行き詰まりだ。... ...続きを読む

    耶馬英彦 耶馬英彦さん  2019年7月19日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • エルヴィスは建物を出た ネタバレ! 本当に悲しい出来事が おきたとき、 人は感情がおいつかない 昔に納めた記憶の引き出しから ひとつ、ふたつと でてくる懐かしい思い出。 それと、今の気持ちが 一緒になったとき 溢れでる感情は制御で... ...続きを読む

    くり くりさん  2019年7月18日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

他のユーザーは「アマンダと僕」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報