アマンダと僕

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
アマンダと僕
アマンダと僕
23%
62%
13%
2%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

突然の悲劇で肉親を失った青年と少女の絆を描き、2018年・第31回東京国際映画祭で最高賞の東京グランプリと最優秀脚本賞をダブル受賞したフランス製ヒューマンドラマ。パリに暮らす24歳の青年ダヴィッドは、恋人レナと穏やかで幸せな日々を送っていたが、ある日、突然の悲劇で姉のサンドリーヌが帰らぬ人になってしまう。サンドリーヌには7歳の娘アマンダがおり、残されたアマンダの面倒をダヴィッドが見ることになる。仲良しだった姉を亡くした悲しみに加え、7歳の少女の親代わりという重荷を背負ったダヴィッド。一方の幼いアマンダも、まだ母親の死を受け入れることができずにいた。それぞれに深い悲しみを抱える2人だったが、ともに暮らしていくうちに、次第に絆が生まれていく。監督・脚本はこれが長編3作目のミカエル・アース。主人公ダヴィッド役はフランスの若手俳優バンサン・ラコスト。アマンダ役はアース監督が見いだしたイゾール・ミュルトリエ。

2018年製作/107分/PG12/フランス
原題:Amanda
配給:ビターズ・エンド

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13

(C)2018 NORD-OUEST FILMS - ARTE FRANCE CINEMA

映画レビュー

4.0エルビスは建物を出た!

2020年9月15日
iPhoneアプリから投稿

 仲の良い姉がテロの犠牲者となり、姪のアマンダと暮らすことになるダヴィッド。この映画はテロの事にはあえて触れずにアマンダとダヴィッドの話がメイン。
 ダヴィッドは24歳。日々の生活でおそらく目一杯。大切な姉を失い悲しみはMAX。でも小さなアマンダはママを亡くしてもっと辛いに違いない。ついグズってダヴィッドを困らせたりしてしまう。無理もない、まだ7歳なんだから😭
 アマンダを想っても辛いし、ダヴィッドのことを想っても辛い。親権問題やらどこに住むのか、考える事は山積み。泣きたくもなる。ダヴィッドがついメソメソしてしまうところは等身大で凄く好感持てた。
 イギリスに行ってダヴィッドが母親に会うシーン、本人が最後にあったのがいつなのか記憶にない程なのに、母親も笑顔で会いに来る。お国柄というか、フランスと日本の違いを感じた。日本なら涙ながらの重い再会シーンになりそう。
 テニスの試合会場でのアマンダ、、、凄い。あれは演技?溢れる涙、最後は笑顔。どんな女優になるのか楽しみですね🥰

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
アンディぴっと

4.5アマンダ7歳、僕24歳

2020年9月5日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

24歳の僕は姉ととても仲がいい。
姉はシングルマザーで、7歳になる女の子、アマンダを育てている。
姉が銃乱射事件に巻き込まれて亡くなり、アマンダをどうするか悩んでいる。
姉弟は親との縁が薄く、両親とは疎遠、叔母とはいい関係だが体が弱い。
アマンダの将来を家裁に任せるべきか、24歳の僕は悩みに悩む。
自分だったら、と思うといたたまれない。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

4.0Elvis has left the building

kossyさん
2020年9月5日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 10 件)
kossy

3.0いきなり大きな子供の親代わりになってしまった困惑

2020年7月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

子供を育てた経験のありそうな年配の女性方なら、すごく はまる映画なんじゃないかと思います。
あっちこっちで涙をぬぐう気配を感じられましたので。

ただ、そのような境遇に無関係な人にとっては、淡々と、現代のパリにおける普通の小市民の生活を観察できるという程度の作品です。

つまり、「映画の側が観客を選ぶ映画」とでもいうべき作品なのでしょうね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
お水汲み当番
すべての映画レビューを見る(全70件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る