ミカエル・アース

ミカエル・アース
英語表記
Mikhael Hers
誕生日
1975年2月6日
出身
フランス/パリ

仏パリ出身。名門ラ・フェミスで映画制作を学び、2004年に卒業する。

06年、フランスの作家パトリック・モディアノの小説を原作とした初中編監督作「Charell」と続く「Primrose Hill」(07)がカンヌ国際映画祭の批評家週間で上映され、中編第3作「Montparnasse」(09)はジャン・ビゴ賞を受賞、カンヌの監督週間でも上映される。また、長編初監督作となった青春映画「Memory Lane」(10)はロカルノ国際映画祭でワールドプレミア上映された。

長編第3作「アマンダと僕」(18)でベネチア国際映画祭オリゾンティ部門のマジック・ランタン賞、東京国際映画祭のグランプリと脚本賞を受賞。シャルロット・ゲンズブールを主演に迎えた長編第4作「午前4時にパリの夜は明ける」(22)は第72回ベルリン国際映画祭コンペティション部門に正式出品された。

関連作品(映画)

ミカエル・アースの関連作品(映画)をもっと見る

受賞歴

ミカエル・アースの受賞歴の詳細を見る

関連動画・予告編

ミカエル・アースの関連動画・予告編をもっと見る

関連記事

ミカエル・アースの関連記事をもっと見る

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

「ミカエル・アース」の関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る