サマーフィーリング
ホーム > 作品情報 > 映画「サマーフィーリング」
メニュー

サマーフィーリング

劇場公開日

解説

長編3作目の「アマンダと僕」で2018年・第31回東京国際映画祭で東京グランプリを受賞したミカエル・アース監督が、15年に手がけた長編監督第2作。夏のある日、30歳のサシャが突然亡くなったことから、サシャの恋人ローレンスそしてサシャの妹ゾエ、出会うことがなかった2人が顔を合わせる。突然の別れの地となったベルリン、悲しみが深く残るパリ、少しずつ自分の生活を取り戻していくニューヨーク。3つの都市で過ごした3度の夏を通じ、残された人たちが少しずつ人生の光を取り戻していく。ローレンス役を「リプライズ」「オスロ、8月31日」などヨアキム・トリアー作品で注目を浴びたアンデルシュ・ダニエルセン・リー、ゾエ役を「女の一生」のジュディット・シュムラ、ゾエの母親役を「緑の光線」のマリー・リビエールがそれぞれ演じる。

作品データ

原題 Ce sentiment de l'ete
製作年 2015年
製作国 フランス・ドイツ合作
配給 ブロードウェイ
上映時間 106分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

大切な人を失くしたふたり。行き場のないもどかしさを掻き立てる“あの夏の感じ”
サマーフィーリングの映画評論・批評

昨年の東京国際映画祭でグランプリに輝いた「アマンダと僕」のミカエル・アース監督の前作であり、昨年開催の「交差する視点 - 日仏インディペンデント映画特集」では「この夏の感じ」というタイトルで上映されていた。物語は若い女性サシャの死によ...サマーフィーリングの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全3件)
  • こっちの方がすき。 『アマンダと僕』よりもこっちの方がすきだ。 乗り越えられない=乗り越えたい だから乗り越えられるんだろうな… なんて思ったりしながら、ロレンスの顔がストライク過ぎて映画が3割増で良く感じた。 ...続きを読む

    osoumasan osoumasanさん  2019年7月17日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 少しずつ少しずつ ネタバレ! 同棲している彼女が突然死んでしまった彼氏と彼女の妹、及び、家族達の話。 数日後、1年後、更に1年間と時間の経過と共に変化をみせて行く流れで大きな出来事や波がある訳ではないけれど再生の物語。 彼女... ...続きを読む

    Bacchus Bacchusさん  2019年7月7日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 「Amanda(2018)」の監督 ネタバレ! 個人的考えとして、「Amanda(2018)」という映画が2018年・第31回東京国際映画祭で最高賞の東京グランプリを受賞したものだから、同じ監督の2015年制作の本作が日本でも日の目を見ること... ...続きを読む

    Naaki Naakiさん  2019年5月22日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

他のユーザーは「サマーフィーリング」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報