木靴の樹

劇場公開日

  • 予告編を見る
木靴の樹

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

イタリアの巨匠エルマンノ・オルミ監督が、1978年カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した名作ドラマ。「聖なる酔っぱらいの伝説」「偽りの晩餐」など後の作品でも高い評価を得るオルミ監督が世界で注目されるきっかけとなった作品でもあり、19世紀末の北イタリア、ベルガモの農村を舞台に、大地主の厳しい搾取のもとで貧しい生活を強いられながらも、大地とともに力強く生きる農夫たち4家族の生活が描かれる。小作人として農場に暮らすバティスティ一家を始め、6人の子を養うルンク未亡人、美しい娘マッダレーナのいるブルナ一家、けちで知られるフィナール一家は、土地や住居、農具などの全てを地主から借りて生計を立てていた。ある日、バティスティ家の息子ミネクの木靴が壊れてしまい、村から遠い学校へ通う息子のため、父親は川沿いのポプラの樹を切って新しい木靴を作ろうとするが、その樹もまた地主の所有物だった。ベルガモ地方出身のオルミ監督が、幼少期に祖母から聞いた昔話をもとにした物語で、出演者は全てベルガモの農民たちを起用した。日本では、79年に岩波ホールで劇場公開されてロングランヒットを記録。2016年、37年ぶりに同劇場でリバイバル上映。

1978年製作/187分/イタリア
原題:L'albero degli Zoccoli
配給:ザジフィルムズ
日本初公開:1979年4月28日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第3回 日本アカデミー賞(1980年)

ノミネート

外国作品賞  

第31回 カンヌ国際映画祭(1978年)

受賞

コンペティション部門
パルムドール エルマンノ・オルミ

出品

コンペティション部門
出品作品 エルマンノ・オルミ
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)1978 RAI-ITALNOLEGGIO CINEMATOGRAFICO - ISTITUTE LUCE Roma Italy (co-production)

映画レビュー

5.0救いと絶望

SHさん
2019年8月22日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

知的

絵画的な映像が美しい。しかしその内容は決して楽しくも美しいものでもない、むしろ辛いことの連なり。その中にある小さなユーモアや幸せが何ともいえないスパイスとなって、3時間もある作品ながらも興味を失うことなく観賞し終えた。
一般の地元の農家が多く出演しているということもあるのか、リアルな生活感が滲み出ていたように思う。
登場人物が多く、絡み合う物語も非常に多くて、正直途中誰がだれなんだか分からなくなってしまうが、多種多様の物語がうまい具合に展開している故に飽きることがなかった。
バッハの音楽と信心深い演出が効果的に物語を盛り上げて、何ともいえない締め方をつくりあげている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
SH

4.5ネオレアリズモの最後の傑作

あき240さん
2018年7月6日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

通底に共産主義革命への共感を呼び掛けるテーマを内包している
それが単なる日常の毎日のとるに足りない事件や事柄を淡々と描きながら、観るものを飽きさせない力を与えている
共産主義体制には幻滅した現代ではあるが
40年以上昔の夢と理想をまだ共産主義に抱けた時代の熱を感じる
じいちゃんが壁沿いに植えたトマトの土のように、ほのかな熱が残っているのを感じる
貧しい農民の子供が教育によって社会の矛盾を感じとり目に光を宿すラストは、未来の革命を信じた、汚れの無い光だ
しかし現代では、それももはや地に墜ちて泥にまみれているのだ
馬蹄に隠した金貨のように、どこにももうないのだ

それでもなおこの作品には力がある
美しい映像
ミレーの絵の世界そのまま
あるがままの当時の北イタリアの寒村貧農の日常がフィルムに写しとられている
日本で言えば明治期、その時代の日本の田舎の貧農とさして変わらぬ暮らしのリアルティ

バルビゾン派の絵画がフランスの農村のあるがままを描くことだけで、社会の階級間の緊張を煽ると非難された欧州の当時の空気
それまでを観客に感じさせるように巧みな構成をみせる

樹を切るまでに至る小さな罪の積み重ねで良心のハードルが下がっていく様を丁寧にみせる優れた脚本

何より素人の村人の自然な演技
その視線!
怒鳴る事もない
泣き叫ぶこともない
最小限の台詞、飾る言葉もない
なのに目が離せない3時間

監督の卓越した手腕を感じました

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

4.5ミレーの絵画がネオレアリズモで再現された

osanさん
2018年5月14日
Androidアプリから投稿

といえばそれで十分ではないかと思える。それくらいに作品の立ち位置が明確でわかりやすい。
立ち位置の平明さというのは大事なことだと思うわけです。言い換えると、映画作家として自分に正直であり、聴衆に対しても正直だということ。実直ということでもある。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
osan

5.0描写が秀逸!

2016年7月17日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

19世紀後半のイタリアの農村での『身分制』、『信仰や教会との関わり』『多世代が寄り添い支え合う生活』などが淡々と描かれている。

撮影した時代と土地、空間に引き込まれるような、不思議な錯覚に陥る、素晴らしい映画。

(長すぎるのが、珠に傷。)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とくぞう17675
すべての映画レビューを見る(全11件)