BLAME!

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
BLAME!
29%
42%
21%
4%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「シドニアの騎士」の弐瓶勉が、1997~2003年に「アフタヌーン」で連載したデビュー作のSF漫画「BLAME!」をアニメーション化。「シドニアの騎士」のアニメ化も手がけた瀬下寛之監督とポリゴン・ピクチュアズの制作により、人類が都市の防衛システムによって排除される危機に瀕した未来世界を舞台に、世界を正常化させるため巨大な階層都市を探求する主人公・霧亥(キリイ)の姿を描く。過去のある「感染」によって無秩序に無限に増殖し続ける階層都市。人類は都市のシステムをコントロールできなくなり、防衛システムの「セーフガード」によって駆除・抹殺される対象になっていた。そんな中で生き延びたわずかな人々も、慢性的な食糧不足やセーフガードの脅威によって絶滅の危機を迎え、仲間を殺された霧亥は、世界を正常化する鍵となる「ネット端末遺伝子」を求めて旅に出る。声の出演は櫻井孝宏、花澤香菜、雨宮天、山路和弘、宮野真守ら人気・実力派声優が揃った。

2017年製作/105分/G/日本
配給:クロックワークス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
副監督
吉平直弘
原作
弐瓶勉
総監修
弐瓶勉
脚本
村井さだゆき
CGスーパーバイザー
吉平直弘
プロダクションデザイナー
田中直哉
ディレクター・オブ・フォトグラフィー
片塰満則
キャラクターデザイナー
森山佑樹
美術監督
滝口比呂志
色彩設計
野地弘納
音響監督
岩浪美和
音楽
菅野祐悟
主題歌
angela
アニメーション制作
ポリゴン・ピクチュアズ
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)弐瓶勉・講談社/東亜重工動画制作局

映画レビュー

4.5今になって、映像を発見。興味を持ってBD購入。 世界観好き。色々分...

さん
2019年12月1日
Androidアプリから投稿

今になって、映像を発見。興味を持ってBD購入。
世界観好き。色々分からん事が多いのも好き。原作読みたくなった。

別にいいんだよ、細かいことは。
どんな作品だって、原作は別物なんだから。
完璧に再現できた原作付きなんてこの世の中にある訳ねーし。必ず誰かがケチ付けるからね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
K

5.0映画で初見でしたが非常に楽しめました

aさん
2017年12月16日
スマートフォンから投稿

楽しい

怖い

興奮

映画で初めてBLAME!を知りましたが、話が分からなくて戸惑うことはなく、ですが設定やしっかりとした内容がありました。
アクション、映像、音響など高水準で盛り上がりもあり最後まで常に楽しんで観られました。

好みに合致していたのもありますが、非常に素晴らしい作品でした。
素敵な作品に出会えて感謝です。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
a

3.5弐瓶勉原作作品という事でネットフリックスで鑑賞。 原作未読・予備知...

2017年11月3日
スマートフォンから投稿

楽しい

単純

興奮

弐瓶勉原作作品という事でネットフリックスで鑑賞。
原作未読・予備知識の全くない状態だったが十分楽しめた。

シドニアのポリゴン・ピクチュアズの映像は美しく、見ていて飽きない。
四つ這いで高速移動するセーフガードの異様さ、上下にどこまでも階層が続くメガストラクチャー。
弐瓶作品を構成するこれらの表現が素晴らしく、始まって間もなくして世界観に引き込まれてしまった。

テクノロジーの暴走、AIの自我の目覚め。
これらの原因で人類と人工知能の主従関係が逆転してしまうSFはこれまでにもあった。

が、BLAME!は一味も二味も違う。
人類がAIに支配されるようになって数世代も経ており、人々は繁栄の記憶を忘れてしまったいるのがポイントだろう。
かつての栄華を忘れ、一方的に搾取され細々と暮らす人類。
災厄のその後を生きる人々の前に霧亥が現れたことで、数千年止まっていた人類の時間が動き出すのだ。

この作品が20年も前に作られていたことにも驚くが。
それ以上に今見ても十分に鑑賞に堪えるどころか新鮮に楽しめている自分に驚いた。

今後も広がる弐瓶ワールドに期待してやまない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジョイ☮ JOY86式。

3.5アニメ映画の中では成功の部類

2017年9月20日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

興奮

近年あるアニメ映画の中ではアクション部分はよく出来ていました。また原作を知らない人でも内容がわかるようにアレンジされており、単体の映画でも十分楽しめるものでした。
ただ、時間の関係上登場人物たちの背景などはほとんど語られず原作ありきの作品として考えてしまうと不足とは感じてしまいます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まったり紳士
すべての映画レビューを見る(全52件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る