ナイチンゲール

劇場公開日:

ナイチンゲール

解説

イギリス植民地時代のオーストラリアを舞台に、夫と子どもの命を将校たちに奪われた女囚の復讐の旅を描き、2018年・第75回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で審査員特別賞ほか計2部門を受賞したバイオレンススリラー。19世紀のオーストラリア・タスマニア地方。盗みを働いたことから囚人となったアイルランド人のクレアは、一帯を支配するイギリス軍将校ホーキンスに囲われ、刑期を終えても釈放されることなく、拘束されていた。そのことに不満を抱いたクレアの夫エイデンにホーキンスは逆上し、仲間たちとともにクレアをレイプし、さらに彼女の目の前でエイデンと子どもを殺害してしまう。愛する者と尊厳を奪ったホーキンスへの復讐のため、クレアは先住民アボリジニのビリーに道案内を依頼し、将校らを追跡する旅に出る。主人公クレア役はドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のアイスリング・フランシオシ、ホーキンス役は「あと1センチの恋」のサム・クラフリン。ビリーを演じたオーストラリア出身のバイカリ・ガナンバルが、ベネチア映画祭でマルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)を受賞。監督は「ババドック 暗闇の魔物」のジェニファー・ケント。

2018年製作/136分/R15+/オーストラリア・カナダ・アメリカ合作
原題:The Nightingale
配給:トランスフォーマー

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第75回 ベネチア国際映画祭(2018年)

受賞

審査員特別賞 ジェニファー・ケント
マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞) バイカリ・ガナンバル

出品

コンペティション部門 出品作品 ジェニファー・ケント
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)2018 Nightingale Films Holdings Pty Ltd, Screen Australia, Screen Tasmania.

映画レビュー

3.5暴力の歴史

2020年7月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

オーストラリアがイギリスの植民地であった時代の物語だ。原住民のアボリジニに対する差別や、女性差別が描かれる。主人公はアイルランド人の女性であるが、ここで歴史を押さえておく必要がある。この地域を支配していたのはイングランド人だ。アイルランド人は同じ白人であってもイングランドから差別される対象だった。主人公が囚人であることもポイントだ。オーストラリアに入植した白人の大半は、最初のころは囚人たちだった。オーストラリアは流刑地だった。主人公は女性という点で弱者であり、島流しにあった囚人としても弱者である「二重の弱者」だ。
これはそんな彼女が夫と子供を殺された復讐を果たす物語だ。道案内にアボリジニの青年を連れていく。弱者同士の連帯も描かれるが、安易な形ではない。アボリジニにとっては彼女もまた侵略者でもある。2人の奇妙な緊張関係が物語を引っ張る原動力となっている。
全編強烈な暴力が描かれる。しかし、これが人類史なのだ。どうしようもなく人類の行ってきたことだと強烈に印象づける。

コメントする (0件)
共感した! 4件)
杉本穂高

3.53.8 アボリジニの癒やし

2022年11月6日
PCから投稿

前半は胸糞展開が進み、後半もあまりスカッとしないレベルの復讐劇が進む。誰も彼もが報われない。植民地時代の映画。史実通りかという側面よりも、映画の演出、歴史の断片的な側面で見ると良い気もする。

全体を通してアボリジニの癒やし、そして自然の癒やしを感じた。精霊や守り神や儀式といった、昨今巷ではやっている新興宗教とは違うレベルの伝統的な信仰感にはとても癒やしと生活や文化との密着感を感じとても癒やされた。

ビリーやチャーリーおじさんがめちゃくちゃ愛らしかった。また英国側がとても悪く表現されているので、これ演じる役者も大変だなと思った。

アイルランドとアボリジニ、英国。白人と黒人。流刑人と兵隊、一般庶民、民族。あらゆる対立が複雑に絡み合っており、これは受賞しやすそうな映画だなと感じた。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
asa89

4.0流刑地タスマニアに響く慟哭の歌声

2022年8月18日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

美しくも残酷な復讐のバイオレンス・スリラーです。
19世紀初頭。
オーストラリアのタスマニアはイギリス兵に占領されていた。
イギリス政府は先住民族アポリジニの根絶作戦が繰り広げられていた。
早い話が、アポリジニの大虐殺作戦です。
オーストリア出身の女性監督ジェニファー・ケントは、オーストラリアの
黒歴史を、ひとりのアイルランド人女囚クレアと、アポリジの青年ビリーを
主役に、ふたりのプラトニックな愛にも似た絆を、壮大に残酷に描きます。

クレアはアイルランド出身で、些細な窃盗罪でタスマニアに流刑になりました。
囚人の身ながら夫と赤児に恵まれて幸せな日々でした。
しかしイギリス人将校のホーキング(サム・クラフリン・・・よくぞ引き受けた鬼畜将校役)の性のはけぐちとして日夜・性暴力に耐えていた。
それを知った夫がホーキンスに食って掛かると、夫と赤児はいとも簡単に殺されてしまうのだった。
復讐を誓いホーキンスの山越えを追うクレアに降りかかる苦難。
飢え寒さ、そして自然の脅威と更なる身の危険。
そして行く先々で虐殺されるアポリジニの人々。
アポリジニには生まれ育ったタスマニアが、安住とは程遠い民族浄化の大虐殺の地であり、イギリス人に怯える少数の先住民族なのだ。

血が流れます。
女はいとも簡単に犯され殺されます。
勇敢に銃を持ち復讐を誓うクレア。
生き残ったクレアは勇ましさとは裏腹に無力で身も心もズタズタ。
夫と赤児の夢を見て、死者の幻影にうなされるのです。

題名のナイチンゲールは歌の上手いクレアのあだ名です。
透き通った声が哀しみをたたえて美しくも物哀しい。
アポリジニの青年ビリーの歌声や呪文は温かい響き・・・
クレアを癒してくれます。

なぜに、不毛な殺し合いが未だに全世界で終わることがなく、人間は
かくも愚かで弱のでしょう。
クレアとビリーが《血みどろの復讐の旅路の果て》に見る
あっと声を上げるほどの荘厳な光景。

タスマニアの美しい森林や自然が、この過酷で残酷な物語を慰めてくれます。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
琥珀糖

2.0テーマがブレてしまっているような、、、

2022年4月2日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

なにぶん予備知識0で鑑賞したもので、イギリスとアイルランドの確執はうっすら理解している程度で、場所がタスマニアだったことは鑑賞後の検索でわかった感じでして。主人公の復讐心と先住民の迫害が交錯しやがて友情へ発展するのはよしとして、復讐を果たすのが変わってしまうのは。。。何か意味があるのか、これよし他の方のレビュー巡礼に行ってきます

コメントする (0件)
共感した! 0件)
mojimizu
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る