劇場公開日 2020年3月20日

  • 予告編を見る

ナイチンゲールのレビュー・感想・評価

3.644
16%
59%
20%
5%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全44件中、1~20件目を表示

3.5暴力の歴史

2020年7月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

オーストラリアがイギリスの植民地であった時代の物語だ。原住民のアボリジニに対する差別や、女性差別が描かれる。主人公はアイルランド人の女性であるが、ここで歴史を押さえておく必要がある。この地域を支配していたのはイングランド人だ。アイルランド人は同じ白人であってもイングランドから差別される対象だった。主人公が囚人であることもポイントだ。オーストラリアに入植した白人の大半は、最初のころは囚人たちだった。オーストラリアは流刑地だった。主人公は女性という点で弱者であり、島流しにあった囚人としても弱者である「二重の弱者」だ。
これはそんな彼女が夫と子供を殺された復讐を果たす物語だ。道案内にアボリジニの青年を連れていく。弱者同士の連帯も描かれるが、安易な形ではない。アボリジニにとっては彼女もまた侵略者でもある。2人の奇妙な緊張関係が物語を引っ張る原動力となっている。
全編強烈な暴力が描かれる。しかし、これが人類史なのだ。どうしようもなく人類の行ってきたことだと強烈に印象づける。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
杉本穂高

3.0支配欲の権化

なおさん
2021年5月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

冒頭一瞬だけ、「ん、紳士的な人?」と思ったが、とんでもなかった。というか自分が悪いと全く思っていなさそうなのが、余計にタチが悪い。むしろ「目的のためには手段を選ばないオレカッケー」とか思ってそうなのがもう、ね。
単純にギッタンギッタンにしちゃってくださいよ、と思うのは所詮他人事という感覚がこちらにあるからだろうか。
『裸足の1500マイル』ではもっと後の時代だから、ここまでではなかったように思うが、いやあれはあれでイロイロヒドイけど。下に下を作る支配構造はどこでも通用しちゃうのね…。
イギリスとの確執は知識として分かっていても、小説や映画で目にしていたアイルランド系の立ち位置や扱われ方が、初めて腑に落ちた。なんで『タイタニック』で下層の船室の音楽があれなのかとか。

英語じゃないのはアイルランド語(ゲール語?)なのだろうか。
とりあえず元気な時に観ないと精神的に辛い映画だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
なお

3.0世話の焼ける

Kjさん
2021年4月12日
iPhoneアプリから投稿

過去に遡って人種問題を扱う作品はアメリカに多いが、イギリス〜オーストラリアにおける人種差別問題を日本で取り扱わうことは少ない。そういう意味では貴重な作品。奴隷ではなく先住民であることの違い。アングロサクソンとアイリッシュの違いなども、白人で一括りにしがちな日本人にとっては斬新。多文化主義で解決した訳はなく、現在にも引きずられている問題。昨年のアメリカでのBLM運動を受けて、オーストラリアでも盛り上がりを見せたと聞いている。
主人公の行動が稚拙でブレるのは、ある意味リアルかもしれないが、途中でどっちの話なのか混乱もした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Kj

3.5『デトロイト』のビグロー姐さんと同じく、女性監督による豪州発骨太衝撃作!

2021年2月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

これは非常に真摯に作られた映画でして、
思わず襟を正して観たくなる、
いや必然的にそうならざるを得ない
壮絶な内容でしたね。


さすがマッドマックスが
産み出された御国というべきか、
令和の時代に突入して尚もこの復讐劇、
しかも近未来とかカーチェイスとか、
ジャンル映画的ご褒美設定もなく
1800年代の植民地時代のキョーレツな
差別描写と非人道的な行いの数々が
これでもかと…。

更にポール・カージーよろしく
[街のダニどもはオレが始末する]的な
痛快無比なリベンジアクションでもなく、
発砲・弾着エフェクトも最小限で、
敵味方関係なくひたすらに無慈悲な殺され方
なので、悲痛さが我々にも
ヒシヒシとのし掛かってくる次第。


早速同監督が撮ったホラー
『ババドック 暗闇の魔物』も観てみましたが、
なるほど、こっちも相当にキツイ。

一応超常現象ホラーの体ですが、
その実シングルマザーの抱える
やり場のない負の感情が、
ババドックとして発露しているように見えるの
で、暗闇の魔物=母親のダークサイド
という生々しさを伴っており、
やはりジャンル映画として割り切って
観られない張り詰めた空気感が今作にも
漂っておりました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
佐武雷三

4.5序盤で…

yさん
2020年10月7日
PCから投稿

序盤の暴力描写でこれ無理かも…って思ったけど見ている内にぐいぐい引き込まれていきました。
出演者の演技も素晴らしく傑作でした。すごい才能…。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
y

4.0オーストラリアの黒歴史?

ミーノさん
2020年9月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ミーノ

2.0胸糞悪い

2020年8月25日
iPhoneアプリから投稿

どうにも女、子供、特に赤ちゃんを殺すような内容は後味がよくない。
内容にテーマがあるのはわかるが、、
復讐シーンでもウジウジしてしまうのがモヤモヤしてそこは映画としてカタルシスを得たかった。
結局復讐は為されたがスカッとしない気持ちが残った。
森のシーンが多くてそのあたりも地味な流れが続いていたのも✖️
もう少し主人公が振り切ってくれたら面白くなっただろうけどなんだかなーって

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まあ映画好

3.0地味で淡々としすぎか。

2020年8月23日
iPhoneアプリから投稿

家族を殺された妻の復讐劇。

音楽はないし、主人公自体の気の強さや性格の悪さ、差別思考も重なり、あまり応援したくない感じ。

復讐劇というより、淡々と相手を追いかけるだけというか、中身があまりない。更には結局復讐も自分ではやらない感じであるし。とにかく色々と微妙を積み重ねた作品。

この映画観てると、本当に音楽って大切なんだな、音楽ないとこんなに映画ってつまらなく観えるんだなと勉強になる映画。まあ、音楽あったところで、凡々たる内容なのだが。

レンタルDVDになってからの視聴で本当に良かった。これを映画館や高い配信料払って観てたら、後悔で眠れていなかったかもしれない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
やべっち

4.0ナイチンゲールとブラックバード

kossyさん
2020年7月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 7 件)
kossy

3.5黒人ビリー

りやのさん
2020年7月29日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

夫と子どもを殺されて復讐に燃える妻の話なんだけど、いざとなったら何も出来ない。
現地人のビリーに頼ってばかりのクレア。
これはビリー主役の映画?
見応えあったけど、あのあとどうなるんだろう、って気になった。
ビリーは撃たれて死んだのか?クレアは捕まって殺されたのか?
あっという間の2時間16分だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
りやの

4.0オーストラリア・タスマニア島で英軍がしたこと

kimushizuさん
2020年7月24日
iPhoneアプリから投稿

凄かった。良かった。英軍の豪侵略とアボリジニ虐殺、家族を奪われたアイルランド神女囚がアボリジニを案内人に復讐する。後味はタランティーノ『ジャンゴ』に似ているが、女性を主人公に生々しく衝撃的で激しい。容赦なく怒りを投げつけてくる。神秘的なタスマニアの森が悲しいほど美しい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
kimushizu

3.5映画にする必要

2020年7月22日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

見て損はないとは思いますが、実際にはこれ以上の事もあったとは思うけどフィクションならこれを映画にする必要はあったのでしょうか?上映前のCMとチラシの表紙のみの情報で見たので思ったのと違い、救いがなく後味悪かったです。事実を作品にするならいいとして、興味本位で闇の部分をデフォルメしたスリラー作品と感じました。そんな中でもアボリジニの行動に泣けた所もありました。事実が知りたくなりました。

コメントする (コメント数 4 件)
共感した! (共感した人 1 件)
のりちゃん

1.5しんどい

yuyuさん
2020年7月20日
iPhoneアプリから投稿

力強い作品だが、残虐すぎてみるのがしんどい。。。話も単調。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
yuyu

4.0ビリーの物語り

2020年7月19日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
bloodtrail

4.0今も差別は消えていない

惑星さん
2020年7月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

大英帝国による収奪の仕組みがアジア、アフリカに築かれた19世紀。
帝国の最果ての地であるオーストラリア、タスマニアで、自らの欲望のままに女を犯し、殺人することを厭わない悪魔のような男がいた。男の外見はりりしいイギリス軍の士官である。しかしその心は満たされず、精神は病んでいる。

男のために全てを失ったアイルランド女、クレアは男を追う。そして、先住民アボリジニの男、ビリーの助力を得て復讐を果たしたクレアは、ビリーと二人、砂浜に逃げ延びる。
クレアが歌う。水平線に日が昇る。前を向いたクレアが、歌の次のフレーズを歌おうとするところで映画は終わる。明るい要素のない物語が、明るい未来を示唆して終わる。

もしかするとクレアとビリーは、その後、幸せに暮らすことができたのかもしれない。しかし、今も差別は消えていない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
惑星

3.5今はいい世の中

2020年6月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

サムクラフリン。
とりあえずお前のこと嫌いになったわ...笑

嫌な奴だったなぁ。ほんと。

本編内容としては前情報のあらすじから
復讐劇だと思って観てましたけど

序盤、個人的に苦手な描写が多くキツかった。
あぁこりゃ怒り狂うわ
復讐すんだな。理由は十分。

中盤、怒り狂うクレアと案内人ビリー
ふたりの関係、信頼など徐々に芽生えていき
育っていく過程が丁寧でよかった
ただもやもやも多い
いやーやれやなにしてんねん!
おいっみたいな

終盤...。

人間ってほんと欲深く
汚いなぁ。と。

強いもの弱いもの
生まれ持ったもの築き上げたもの
失ったもの失わされたもの

黒人に対する描写も

私は知識不足だったなと

あらゆる面で考えさせられる話だった

物語の最後の行動は正解か不正解か
わからないけど

サムクラフリン
お前は欲の亡霊か

俳優ってすごいな。

ずっと観たかった作品だったので
みれて良かったけど。
もう二度と観ないだろう

そんな色々考えさせられる作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
あさりんか

4.0観るべき映画

H1DE!さん
2020年6月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

壮絶過ぎて、目を当てられなかった場面が多々

でもコレが現実で
いつの時代も
戦争が残す傷跡は
国地域に関係なく
犠牲が…

今一度、観るべき映画

人間は過去から学んで
未来を切り開くべき

やっぱ人は自分さえ良ければイイのか!?

弱い者を苦しめて満足?

ホント息が詰まる苦しい悲しい映画でした

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
H1DE!

3.5久しぶりの映画館にて!

2020年5月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
大阪ぶたまん

4.0オーストラリアの人はこの映画を観てどう感じるのだろうか

2020年5月4日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

俳優さんたちは日本では知られていないメンバーであるが皆上手い。特に主演女優は素晴らしい。旦那と子どもが殺された直後の表情や表現は見ものである。世界にはまだまだ凄い女優がいるのだなと実感した。その他アクションシーンの撮影はデカプリオの『レヴェナント』を彷彿させる。ラスト近くが少しダラダラしているのを除けば映画の緊張感は持続している。このように演技、演出、撮影、音楽の使い方は一級の映画であるが、レイプシーンや殺人シーンが余りにも生々しいので、万人にお勧めできないのが残念である。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
y. Kobayashi

4.5クロウタドリの導き

KinAさん
2020年4月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

凌辱と殺戮を受けた女は、恨みだけを力に歩み続ける。

この映画、ただの復讐劇にあらず。
バイオレンススリラー、ロードムービー、歴史劇、異民族交流、成長譚。シンプルな本筋にいろいろな要素とドラマが絡み合い、スリリングに面白く仕上がっている。

久しぶりに心の底からキツくなる乱暴描写を観た。
クレア一家に対する暴力的支配も黒人のアボリジニたちに対する扱いも、「差別」なんて言葉では表しきれないほどに凄惨。
クレアの怒りと悲しみに身を浸し、アボリジニのビリーの叫びに耳を傾ける。
この扱いが昔当たり前のように在ったことだなんて。

将校たちが全方面に徹底して悪者でいてくれたのがまだ救いだった。憐れみなんて抱きたくもない。
人間を人間とも思わない言動の一つ一つにショックを受け、ずっと息苦しかった。

一切の慈悲も無いその所業は恐怖感を煽り、ホラー的な苦しみを味わえた。
直接的な暴力描写はそこまで多くはないものの、精神的な追い詰められ方が半端じゃない。そしてナチュラルに表れる残酷描写にもドキッとすること数回。

全編通してシリアスな映画だけど、時折フッと気を抜けるシーンがあったことが嬉しい。
ビリーとクレアの、華麗に伏線回収してみせるショートコントのようなやり取りが面白かった。
徐々に詰まっていく距離と目的の共有化、それぞれの価値観が寄り添っていく様が好き。

切なくやりきれなく、悲しく辛く怒りを抱く作品である。
しかし、たしかな希望を感じられる作品でもあった。
この映画の中で感じる負の感情は、きっと正しいものだと思う。
歴史から学び、間違いを直視して顔をしかめることで、自分の意識にも繋がる。

とても面白い映画だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
KinA
「ナイチンゲール」の作品トップへ