アガサ・クリスティー ねじれた家

劇場公開日

アガサ・クリスティー ねじれた家
8%
35%
41%
14%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ミステリーの女王アガサ・クリスティが1949年に発表した「ねじれた家」を映画化。無一文から巨万の富を築いた大富豪レオニデスが毒殺され、私立探偵のチャールズは、レオニデスの孫娘で元恋人のソフィアから捜査を依頼される。レオニデスの屋敷には3世代にわたる一族が勢ぞろいしており、巨額の遺産をめぐって疑惑や嫉妬、憎悪が入り乱れていた。捜査を開始したチャールズは、ソフィアを含めた一族全員に殺害の動機があることに気づく。そして真相に近づいていく中で、第2の殺人が起こり……。一族を仕切る大伯母イーディス役に、「天才作家の妻 40年目の真実」ほかで7度のアカデミー賞ノミネートのグレン・クローズ。私立探偵チャールズ役は同作でクローズと共演しているマックス・アイアンズ。監督に「サラの鍵」「ダーク・プレイス」のジル・パケ=ブレネール、脚本に群像劇「ゴスフォード・パーク」でアカデミー脚本賞を受賞しているジュリアン・フェロウズ。

2017年製作/115分/G/イギリス
原題:Crooked House
配給:KADOKAWA

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ランチ・レディース
  • ナイト・オブ・ザ・スラッシャー
  • ザ・チェアマン
  • ヘア・ウルフ
  • ヒットマン:ザ・バトルフィールド
  • ヘイヴンハースト
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章【真説・四谷怪談 お岩の呪い】
  • アダム・チャップリン 最・強・復・讐・者
  • 封印映像33
  • カルト
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20

(C)2017 Crooked House Productions Ltd.

映画レビュー

3.5上質なミステリーとして観る価値あり。が、ラストで好き嫌いが分かれるかも

2019年4月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

クリスティの作品でもそれほど有名というわけではないが、しかし製作者が声を揃えて「映画化するならこの作品!」と挙げたのがこの「ねじれた家」だったとか。タイトル通り「屋敷」というものを一つの象徴として扱い、そこに巣食う、恐ろしく性格がねじまがった血族たちのねじれた関係性を描きつつ、その心の奥底までつぶさに入り込むかのように部屋から部屋、屋根裏から尖塔にまで場所を移して謎を追う。「ダウントン・アビー」や『ゴスフォード・パーク』といった、これまた屋敷を扱った群像劇で知られる名手ジュリアン・フェローズが脚本を手がけているのも手堅いところ。なかなか犯人がわからない上に、精悍な若者(演じるのは、ジェレミー・アイアンズの息子マックス)が謎解き役の探偵というのも新鮮だ。過去に諜報員として活動した経歴があるのも面白い。ただ、ラストの締めくくり方は本当にこれで良かったのか。好き嫌いが大きく分かれるところだろう。

コメントする
共感した! (共感した人 7 件)
ぐうたら

3.0レオニデス家の一族

近大さん
2019年11月5日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

楽しい

知的

アガサ・クリスティー自ら「最高傑作」と語った小説を映画化。
劇場公開時ひっそりと公開されひっそりと終わり何の話題にもならなかったが、話の面白さと“アガサ・ミステリー”に興味惹かれ、ちょっと気になってた作品。

第二次大戦直後のイギリス。大富豪レオニデスが死去。
若い私立探偵チャールズは、レオニデスの孫娘ソフィアから依頼を受ける。祖父は毒殺された、と。チャールズとソフィアは元恋人同士でもあった。
調査の為、門をくぐる…。

大伯母。
若い後妻。
長男夫婦。
次男夫婦。
長男夫婦の三姉弟妹。
ナニー。
若い家庭教師。

大屋敷で一緒に暮らす“華麗なる一族”は決まって問題あり。
一族を取り仕切る大伯母には何処か威圧される。(さすがのグレン・クローズ!)
悲観に暮れる後妻には愛人の影が。
傲慢な長男と女優の妻は金が欲しい。
会社を任されている次男は経営に失敗。
まだ幼いながらも、賢い末の妹にはたじたじ。
ナニーはやたらと口うるさい。

主亡き後チャールズも招いて、初めての全員集まった夕食シーン。
顔を合わせれば、嫌味や皮肉の口擊。
家族の温もりなど微塵もナシ。
巨額の遺産を巡り、愛憎、嫉妬、冷酷、見栄、虚栄、各々の思惑と強欲がドス黒く渦を巻く。
皆、怪しい。動機も疑わしさもある。依頼してきたソフィアさえも。
まさしく、歪みねじれた一族。

派手さは皆無。トリッキーな仕掛けも展開も無い。
が、王道タイプのミステリーで、飽きずにじっくりと見れる。
クラシカルな作風や屋敷の美術も雰囲気を盛り上げる。
小品だが、面白さは上々。

レオニデス毒殺の第一の殺人、そして第二の殺人…。
遂に判明した犯人。それは余りにも衝撃…。
その犯人を終わらす為、ある人物が…。まさかの結末…。

この一族は呪われているのか…?
それとも全て、主の念に操られ、翻弄されているのか…?
悲劇のレオニデス家の一族。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
近大

4.0古典的なミステリー

miharyiさん
2019年11月1日
PCから投稿

謎めいた一族の犯人探しという古典的な展開でいっしょに犯人探しが出来るストーリー。
残念だったのが、グレン・クローズひとりが際立って良かったこと。
俳優人がもっと良ければ、上質な作品になったはず!
不意をつかれるラストは圧巻。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
miharyi

2.5定番

ミカさん
2019年10月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

落ち着いて鑑賞できる正統派ミステリーですし、美術も良かったのですが、途中でやや飽きてしまいました。チャールズをもっと上手く使えば、今よりも良かったかもしれないです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ミカ
すべての映画レビューを見る(全40件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る