“ポスト・ジブリ”とも評されるアイルランドのアニメスタジオの新作「ウルフウォーカー」今秋公開

2020年8月26日 15:00

「ブレンダンとケルズの秘密」「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」を手掛けたスタジオの最新作
「ブレンダンとケルズの秘密」「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」を手掛けたスタジオの最新作

[映画.com ニュース]アニメーションスタジオ「カートゥーン・サルーン」の新作「Wolfwalkers(原題)」が、「ウルフウォーカー」の邦題で、今秋に日本公開されることがわかった。

“ポスト・ジブリ”とも評され、製作した長編全てがアカデミー賞ノミネートを果たしている「カートゥーン・サルーン」。アイルランドの歴史や神話を題材に、創造性あふれる作品世界を色彩豊かな2Dアニメーションで描き出しており、本作は「ブレンダンとケルズの秘密」「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」に続く“ケルト3部作”の完結作品となっている。

物語の舞台は、中世アイルランドの町キルケニー。イングランドからオオカミ退治のためにやって来たハンターを父に持つ少女ロビンは、森の中で“ウルフウォーカー”のメーヴと友達になる。人間とオオカミがひとつの体に共存し、魔法の力で傷を癒すヒーラーでもあるメーヴ。ロビンが彼女と交わした約束は、図らずも父を窮地に陥れるものだった。

生命への優しいまなざしで描かれる、美しい世界と不思議な物語には、同スタジオ史上最多のキャラクターが登場。メガホンをとったのは、「ブレンダンとケルズの秘密」「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」で2度のアカデミー賞ノミネートを果たしたトム・ムーア監督と、同2作でアート・ディレクターを務めたロス・スチュワート監督。声優は「アガサ・クリスティー ねじれた家」のオナー・ニーフシーがロビン役、「ゲーム・オブ・スローンズ」のショーン・ビーンが父ビル役を担当。音楽には、ケルト音楽のバンド「KiLA(キーラ)、「アナと雪の女王2」で知られるノルウェーの新世代歌姫オーロラが参加している。

ウルフウォーカー」は、第45回トロント国際映画祭でのプレミア上映が決定。今秋に東京・YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

オソレゾーン