本上まなみ×リリー・フランキー×「EGO WRAPPIN'」中納良恵、「ソング・オブ・ザ・シー」日本語版声優に決定

2016年6月19日 15:00

アイルランド神話に声で命を吹き込み、家族愛を体現
アイルランド神話に声で命を吹き込み、家族愛を体現

[映画.com ニュース] 第87回アカデミー賞で長編アニメーション賞にノミネートされたアイルランド映画「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」の日本語版吹き替え声優を、本上まなみリリー・フランキー、音楽ユニット「EGO WRAPPIN'」の中納良恵が務めるとこがわかった。本上とリリーはアニメ「おでんくん」以来のタッグ、中納にとっては声優初挑戦となる。

映画は、アイルランドに伝わる神話をもとに、海ではアザラシ、陸では人間の女性の姿となる妖精セルキーの母親と、人間の父親コナー(リリー)の間に生まれた幼い兄妹の冒険を、壮大な映像美で描いた長編アニメーション。妹の誕生とともに姿を消した母親を探す兄のベンに声を吹き込む本上は、「(ベンの)思いの強さに涙がこぼれました。彼をそっと見守るような気持ちで、演じられたらいいなと思っています」とコメントを寄せている。

また、母親・ブロナーの声を演じるほか、オリジナル版を自ら意訳した日本語版テーマソングを歌う中納は、「このような大役をいただき身の引き締まる思い」と歓喜。「自分のなかにある懐かしさや誰かを思う大切な気持ちを、歌うようにセルキーという海の精に投影できれば」と意気込みを語った。

ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」は、アイルランドでは「ポスト・スタジオジブリ」とも言われているという制作会社カートゥーン・サルーンを設立したトム・ムーア監督が手掛けている。8月20日から東京・YEBISU GARDEN CINEMAほか全国で順次公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース