ブレンダンとケルズの秘密
ホーム > 作品情報 > 映画「ブレンダンとケルズの秘密」
メニュー

ブレンダンとケルズの秘密

劇場公開日

解説

2015年に発表した長編監督第2作「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」が第87回アカデミー長編アニメーション賞にノミネートされ、同作が16年に日本でも劇場公開されて注目を集めたトム・ムーア監督が、09年に手がけた監督デビュー作。今作も第82回アカデミー賞で長編アニメーション賞にノミネートされている。アイルランドの国宝で、「世界で最も美しい本」とも言われる書物「ケルズの書」を題材に、少年修道僧ブレンダンと妖精の少女アシュリンが、聖なる書を完成させるための冒険を描いた。9世紀のアイルランド。バイキングの襲来に備えて塀に囲まれたケルズ修道院に、高名な僧侶エイダンが「ケルズの書」を携えて逃げ込んで来る。エイダンは修道院の少年僧ブレンダンに、書を完成させるために必要なインクの材料となる、植物の実をとってきてほしいと依頼する。危険を冒して実を持ちかえったブレンダンに、エイダンは本の続きを書くよう頼むが……。

キャスト(声の出演)

作品データ

原題 The Secret of Kells
製作年 2009年
製作国 フランス・ベルギー・アイルランド合作
配給 チャイルド・フィルム、ミラクルヴォイス
上映時間 75分
オフィシャルサイト  

受賞歴

第82回 アカデミー賞(2010年)

ノミネート
長編アニメーション賞  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

“世界一美しい本”をモチーフに魔法のような美が躍動するファンタジーアニメーション
ブレンダンとケルズの秘密の映画評論・批評

1年前、アイルランド民話に材をとった「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」で観客を魅了したトム・ムーア監督が、09年に完成させたデビュー作。2作目につながるアート・アニメーションの美しさと豊かさ、楽しさをたっぷりと湛え、アカデミー賞にノ...ブレンダンとケルズの秘密の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全7件)
  • 美しい書 歴史的背景はよく知らなかった。 内を守り、外に出そうとしないおじさんの存在は、モアナも同じ背景であるが、自らの意思と判断で社会へと踏み出す少年の普遍的な物語がよく描かれる。闇が支配する世界におい... ...続きを読む

    Kj Kjさん  2018年5月1日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • とにかく綺麗 綺麗というか美麗というか…アートアニメーションとしてとても秀逸な作品です。 キリスト教信仰を守るために本を書き残そうという少年が、ケルトの(要するに異教なんですが)物語に溶け込んでいくのが不思議... ...続きを読む

    iNaho iNahoさん  2017年10月1日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • ☆☆☆★★★ 宮崎駿の正当なる継承者の長篇デビュー作。 宮崎駿はエ... ☆☆☆★★★ 宮崎駿の正当なる継承者の長篇デビュー作。 宮崎駿はエンタメ性に拘るが。この監督の場合は、より土着性やアート志向への拘りが強く。それは長篇デビューの本作品から遺憾無く発揮されている。... ...続きを読む

    松井の天井直撃ホームラン 松井の天井直撃ホームランさん  2017年9月5日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

他のユーザーは「ブレンダンとケルズの秘密」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi