アマンダと僕 : 映画評論・批評

メニュー

アマンダと僕

劇場公開日 2019年6月22日
2019年6月13日更新 2019年6月22日よりシネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMAほかにてロードショー

生きるうえでいちばん大切なことは何かを、この映画はみつめている

親を亡くした子どもと、その保護者になった人物との触れ合いを題材にした映画には、佳作が多い。喪失を抱えた子どもと、子育てに不安を抱えた保護者が、距離を縮めながら互いに成長していく物語は、心の琴線に触れるヒューマンドラマの王道を行く。そのうえで、「マーサの幸せレシピ」は保護者が料理人、「マンチェスター・バイ・ザ・シー」は保護者が凄絶な過去の持ち主、「gifted ギフテッド」は子どもが天才、「うさぎドロップ」は子どもが祖父の隠し子と、多種多様な味つけがされている。「アマンダと僕」の場合は、保護者のダヴィッド(バンサン・ラコスト)が、人生の方向が定まらない24歳の若者であるところに特徴がある。

画像1

姉の死後、姪のアマンダ(イゾール・ミュルトリエ)をどうするか友人に問われたとき、「子育てなんて心の準備ができていないし、頼る人もいない」と泣き出すダヴィッド。父親候補としては、かなり頼りない。そんな彼に、アマンダは2つのことを気づかせる。ひとつは、彼女がダヴィッドを必要としていること。もうひとつは、アマンダをいちばん愛している人間こそが彼女の保護者になるべきだということだ。「I need you」と「I love you」。生きるうえでいちばん大切なことは何かを、この映画はみつめている。

随所にちりばめられた自転車のシーンが印象的だ。ドラマの前半、ダヴィッドと姉は、速さを競いあいながらパリの街中を疾走する。その姉の死の現場に、ダヴィッドはペダルを踏みこんで近づいていく。そして、母を失ったアマンダは、ダヴィッドが漕ぐ自転車の後部席で彼の背中にそっと頬を押し当てる。さらに、笑顔が戻った2人は、かつての姉とダヴィッドのように、スピードを競って川沿いの道を駆け抜ける。ここでの自転車は、喜びと悲しみのターニングポイントをつなぎながら、2人の人生のロードマップを描き出していく。走ることと生きることが一体になった構成が、とびきり清々しい。

矢崎由紀子

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

映画レビュー

平均評価
4.0 4.0 (全3件)
  • 自分の身にいつ起こるとも限らない…。 いってらっしゃいと、普通に別れたその日が永遠の別れの日となる…。 家族の突然の死…。 そんな、あまりに突然の出来事に、いざ自分がそんな事件にま見込まれたら、どうするだろうと考えてしまいました... ...続きを読む

    ガーコ ガーコさん  2019年6月10日 22:05  評価:4.0
    このレビューに共感した/1
  • 壊れかけの… 東京国際映画祭グランプリ受賞作ということで鑑賞。 テロで姉を亡くしたデヴィッドとその姪っ子アマンダの物語。 いきなり迎えるサンドリーヌの死。それまではいたって幸せな日常であったのに、いきなりデヴ... ...続きを読む

    ジンジャー・ベイカー ジンジャー・ベイカーさん  2018年11月5日 23:10  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • ひとりひとりの人生の尊さ 東京国際映画祭「東京グランプリ受賞作品」で鑑賞。 境遇は稀有でも、すごく普通の日常を描いているのに、とても繊細で美しくドラマチックな作品。飽きることなく最後まで引き込まれる。 その分、きっかけ... ...続きを読む

    映画野郎official 映画野郎officialさん  2018年11月4日 01:14  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報