ホットギミック ガールミーツボーイ

劇場公開日:

ホットギミック ガールミーツボーイ

解説

「乃木坂46」の堀未央奈が映画初主演を務め、「溺れるナイフ」の山戸結希監督が相原実貴原作の同名コミックを実写映画化。平凡な女子高生・成田初は、兄、妹、両親に囲まれたごく普通の家庭で暮らしていた。同じ社宅に住む幼なじみで昔から初の憧れの存在だった小田切梓。口は悪いが傷ついた初を励ましてくれる橘亮輝。初の兄で、ある秘密を持つ凌。初を取り巻く3人の男性との間で、彼女の心が揺れ動いていく。主人公の初役を堀が演じるほか、亮輝役を清水尋也、梓役を板垣瑞生、凌役を間宮祥太朗がそれぞれ演じる。

2019年製作/119分/G/日本
配給:東映

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会

映画レビュー

3.5末恐ろしい山戸結希監督のビジュアルセンス

2020年9月23日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
大塚史貴

4.0リズミカルな編集が心地よい

2020年6月29日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

S・ギンズブルグが『動画映画論』で「モンタージュによるリズミカルな構成は、疑いもなく映画を音楽に近づける」と書いている。映像の編集は、場所の連続性とか視点の整合性とかいろいろな要素を考える必要があるだ、リズム感もとても重要だ。
本作は編集のリズム感が抜群に良い。映画全体が音楽的な一定のリズムを持って小気味よく進んでいく。山戸結希監督はこれまでの作品でも音楽的な映像つくりを志向していたと思う。『5つ数えれば君の夢』や『あの娘が海辺で踊ってる』も非常に独特のリズム感を持っていたし、ナレーションをまるで音楽を聞かせるように使う。役者も、背景も、小道具に至るまで、楽器を奏でるように彼女は映像を組みたてているんじゃないか。駅のホームで言い合う男女2人のシーンで、抜群のタイミングでやってくる電車、抜群のタイミングで開閉するドア。マンションの非常階段を乗降するリズミカルな音。動作音にすらメロディあるように聞こえてくるから不思議だ。
ロケ地を工事中の場所が多かった豊洲あたりを選んだのも良いセンスだ。工事現場は刻一刻と風景が変わる。青春時代も若い時の一瞬にしか存在しない、日々刻々と変わるその景色が青春の儚さと重なり合っていた。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
杉本穂高

3.0一歩離れてみると恥ずかしく、同じになってみると刺さる

2022年9月11日
iPhoneアプリから投稿

自分が外側から見ると、
何言ってんの、あほちゃう

という世界線なのだが、

そんな気持ちを捨てて感情移入すると

そこには過去の自分も今の自分も重なる気がして、

もちろんわからない部分もあったが、
そこには生きている人間がいる気がした。

息を整える瞬間なんてなく、
目まぐるしい波に飲み込まれて生きることは
辛そうに見えるけれど、
そこに生きてみたいと思った。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
ふっくるん

3.0都会的で雰囲気のある作品

2022年2月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

江東区からの汐留方面の夜景の美しさが印象的でした。
現代的な「らしさ」に溢れていました。
とてもキュートな姉妹でした。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
tuna
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ホットギミック ガールミーツボーイ」以外にこんな作品をCheck-inしています。