劇場公開日 2019年6月28日

  • 予告編を見る

ホットギミック ガールミーツボーイのレビュー・感想・評価

3.163
23%
27%
24%
15%
11%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全63件中、1~20件目を表示

3.5末恐ろしい山戸結希監督のビジュアルセンス

2020年9月23日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
大塚史貴

4.0リズミカルな編集が心地よい

2020年6月29日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

S・ギンズブルグが『動画映画論』で「モンタージュによるリズミカルな構成は、疑いもなく映画を音楽に近づける」と書いている。映像の編集は、場所の連続性とか視点の整合性とかいろいろな要素を考える必要があるだ、リズム感もとても重要だ。
本作は編集のリズム感が抜群に良い。映画全体が音楽的な一定のリズムを持って小気味よく進んでいく。山戸結希監督はこれまでの作品でも音楽的な映像つくりを志向していたと思う。『5つ数えれば君の夢』や『あの娘が海辺で踊ってる』も非常に独特のリズム感を持っていたし、ナレーションをまるで音楽を聞かせるように使う。役者も、背景も、小道具に至るまで、楽器を奏でるように彼女は映像を組みたてているんじゃないか。駅のホームで言い合う男女2人のシーンで、抜群のタイミングでやってくる電車、抜群のタイミングで開閉するドア。マンションの非常階段を乗降するリズミカルな音。動作音にすらメロディあるように聞こえてくるから不思議だ。
ロケ地を工事中の場所が多かった豊洲あたりを選んだのも良いセンスだ。工事現場は刻一刻と風景が変わる。青春時代も若い時の一瞬にしか存在しない、日々刻々と変わるその景色が青春の儚さと重なり合っていた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
杉本穂高

3.0堀未央奈主演

りやのさん
2020年8月3日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

期待したけど、なんじゃこれ、って感じた。
思春期ってこんなかったっけ?って思うけど、こんな優柔不断じゃないだろ、って。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
りやの

1.5脇役めちゃくちゃ豪華なのに内容…。

2020年7月13日
スマートフォンから投稿

怖い

ポルノとかレイプのシーン入れるのがお好きなんですかね?私にはとても理解しかねます。
堀未央奈はともかくこの内容にこのキャストはもったいなさすぎる。間宮とか清水とか板垣とか桜田とか吉岡とかもったいない!てか堀未央奈にしても、わざわざアイドルにポルノのシーンやらせる必要あんの?吉川愛ちゃんの使い方ひどいなと思ったけど、キモイシーンに巻き込まれなかったのでそれはそれでよかったか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はるはる

3.0少し悲しい気持ちになりました

JYARIさん
2020年6月28日
PCから投稿

堀未央奈さん目当てで観た私としては、正直もったいないと感じた。
彼女ほどの魅力と表現力をもってして、この作品でいいのか、と。

実際は、予想以上に衝撃なシーンがありファンとして悲しくなったのが本当のところ…。

作品としては印象的なシーンもあれば、頭抱えたくなるシーンもある。
カット割りが非常に多く、斬新だとは思ったけど、好印象ではなかった。
カノンの使い方も美しくはあるけど、ベタだし良いとは言えない。

良い作品なのだろうけど、これに主演すべきはアイドルだったのかな。
たしかに今の堀未央奈を映像に残すことは重要なことなのだろうけど、こういう作品である必要はあったのかなと考えちゃう。
自分がティーンだったころのアイドルって、ホラー映画とかもっと幼稚なラブコメとかにしか出てるイメージしかなかったからなあ。
こういう作品に驚いたのもあるけど、青春映画にしろもっと『ハルフウェイ』的な爽やかさの残る映画にでているところが観たいなあ。
とおもったけど、キャラ的に合わないのでやっぱりホラーかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
JYARI

3.0こういう青春映画もっと増えて!

大豆粉さん
2020年6月23日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
大豆粉

5.0少女漫画と過剰

2020年5月13日
スマートフォンから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ニックル

2.0好みが分かれる映画

2020年4月27日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

難しい

採点2.0
理由
・終始淡い
・声が聞き取りづらい(映画館でみてたらもっと後悔してたかな)
・ショートムービーっぽくハイライトシーンをいくつも見せられているよう。
・中二病セリフが多いから気持ち悪い

+撮影角度や光の入れ方には独特がありこの監督の他の映画をみたいと思ってしまったぐらい
かわった手法だった。賛否両論はあるがこの監督には魅せられるものがあった。
・原作未読だけど、実写でやろうと思うには大分大変、だって主人子達性格サイコパスだからどうしてもそれらの役を演じ切るには鍛錬した俳優を抜擢しなきゃ。まぁコスト的に難しいだろうけど。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
DANIEL SAN

1.5映像美とサウンド。

ryotaさん
2020年4月12日
iPhoneアプリから投稿

ストーリーに関しては正直意味が分からなかった。
読み取れない僕の力不足なのか、作品そのものなのか。
途中で見るのやめようかとも思ってしまった。
個人的に期待していたため、少し残念。

ただ、映像とサウンドには惹かれるものがあった。
映像そのもののテイストはとても好きだ。淡い。
写真を切り取ったり、スマホの映像をそのまま載せたり、革新的に思えた。また絶えずサウンドも流れてきたが、うまく転調されていたように思える。これだけにもっと濃い内容だったら、ボルテージは爆上がりだっただろうに。
エリーゼのために、が違ったテイストで多く使われていたが、エリーゼのためにの意味を調べるとヴェートーベンがテリーゼに振られてしまったと、いうことだと知り、ストーリーにリンクさせたのかな?とも思えた。花譜のエンディングはバッチリ。

映像とサウンドが良かっただけに、もったいない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ryota

2.5すごい面白い!とはならないけどどこか引き込まれる作品

2020年4月7日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

知的

難しい

映像がころころ変わって目まぐるしく
最初は気分が悪なりなんだこれ?て正直思った。原作も特に読んでいなく、乃木坂のファンでもなかったので先入観なく見れたが堀ちゃんにすごい引き込まれた。演技は正直言って上手くはないけど透明感が半端なくてすれていない感じがよかった。
そして映画全体に常に危うさが漂っていて清水くんも間宮くんもなんとも言えないギリギリ感があってすごくよかった。
今の十代の恋愛観ぽくて正直共感はできなかったどそれがまたよかった。
すごい面白い!とはならないけどどこか引き込まれるし次の日にもあーあそこよかったなぁとかまた見ようと思える映画だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まゆのん

1.0出てる人は好きなのに好きな感じじゃなかった😭

まきおさん
2020年4月5日
iPhoneアプリから投稿

出てる人は好きなのに好きな感じじゃなかった😭

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
まきお

3.0揺れまくる主人公

2020年3月25日
PCから投稿

原作未読で鑑賞。
主人公と周りの幼馴染たちとの会話や関係がちょっと独特だなっと思った。
主人公が誰でもいいんかい!!って突っ込みたくなる程揺れまくりで、特にお兄さん役の間宮祥太郎さんには同情までしてしまうほど…
画面に急に志磨遼平さんが出てきた時にはびっくりしたけど溺れるナイフの監督という事で納得。貴重な演技が見れて良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
フラニー

0.5趣味じゃない

2020年1月28日
PCから投稿

タイトルが表示されるまでの20分間見たけど、主人の男があまりにクズでただただ気分が悪かったのでそこで見るのをやめてしまった。
奴隷になる理由があるとは思えないのに何でも言いなりになるだけの女にもイライラする。

自分には絶対理解できない感性だと思ったのでその後を見る気が無くなりました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
おやじの憂鬱

1.0ショートムービーの連続みたい。

Otaconさん
2020年1月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

難しい

寝られる

世界観が自分には理解出来なかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Otacon

3.0社宅愛憎劇

2019年12月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

を美しい映像と詩的に。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
カタヤマ

1.0受け身な女の子がキスしまくる映画

散歩男さん
2019年12月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

うーん駄目だった。
極端なクローズアップや短いショットで繋ぐ手法が生理的に無理。映画で無くPVの作り方。薄い内容を感覚的手法で魅せようという意図かもだが。

全てのキャラクターペラッペラだし世界観が狭く展開が全部寒い。支離滅裂がデフォ。主体性のない主人公にひたすらイライラさせられる。後半は惰性で見てた。

評価してる人はこの感覚をかっているのかね?出演者推しか、原作好きまたは監督ファンなのか?自分は好きになれる箇所が1つも見つかりませんでした。ひとことで言えばツマラン。作り手の、才能ありそうにみせる詐欺だと思える。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
散歩男

5.0乃木ヲタでも俳優が好きでもない私が2回観たワケ

2019年11月19日
iPhoneアプリから投稿

最初に言っておきます。堀未央奈さんが特に好きなわけでもない(どちらかというと、劇中の媚びた感じ、苦手や…実際はどんな人なのか分かんないけど)、清水尋也さん板垣瑞生さん間宮祥太朗さんのファンでもない。
ただ、溺れるナイフの監督という最強の誘惑につられ、渋谷で一回目見ました。
本当によかった。主人公初はずっと「分かんない!」と言っていた。
言い方悪いけど堀さんの高い声だからバカっぽく聴こえて、白ける、
でも、世の中の人達はみんな、少からず、声に出さずとも「分かんない!」と何かしらに思い、葛藤しながら生きていますよね。人生、分かんない事だらけだよな、私もがんばろう、と思いましたね。

あと、豊洲っていう人口島を舞台にしたのは天才。
心がぽっかり島のように浮かんでて、プカプカしてる感じを、地理的にも反映したのか?と思うと、監督凄い…。

2回目では、間宮祥太朗さんのような兄が欲しい…!と謎に羨望の眼差しが芽生えました(笑)

映画は見る度に思うことが変わるね。
至急円盤化して欲しい。絶対買う。何度も観る。他人に薦めたい…。

余談ですが、私と友人の意見としては、
堀未央奈さんはアイドルをもう少ししたら辞める予定で、そのために監督と親密に話し合いながら撮っていたのかな、と…
だからこそ、心情がグラグラで「わかんない!」感じが上手く出せてたんじゃないかな。(乃木ヲタさんで不快に思われた方がいたらすみません、私は、堀さんが近いうちに辞められて、女優さんになる気がしたので、言わせて頂きました。)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
コワルスキー

3.0☆☆☆★★ もう1本の『愛がなんだ』 いや、寧ろ!《愛って何だ!》...

2019年9月9日
iPhoneアプリから投稿

☆☆☆★★

もう1本の『愛がなんだ』
いや、寧ろ!《愛って何だ!》…か?

原作コミック未読。ノベライズ版読了済み。

ノベライズ版は、読んだは読んだのだけれど…。
僅か180ページのモノを、読み終わるまでに3週間あまりを費やす結果に(-.-;)
とにかく、読んでいてもさっぱりと面白いとは思えず。何度も何度も読む手が止まってしまった。
おそらく直前に読んだのが、読み応えのある『ある町の高い煙突』だった事も関係していたのかも知れない。
おじさん的に言ってしまうと。何処か、ダラダラとした若い人達の恋愛模様が合わなかったのも、大きな要因だったのだと思う。

ノベライズ版を読んでいるだけに、公開1週目に観る予定も。心の何処かには「観なくてもいいかな!」…と、少し思ってはいた。

結論を言うと、これは観ておいて正解でした。
勿論、(悲しいかな)おじさんなので。若い人達の恋愛模様には、刺さる部分は少ないし。ノベライズ版を読んでいた時から感じていたのだけれど。何度も起こる、似た様な会話の流れだったり。(若さゆえか?)結構面倒くさいカップルであり…と。幾度となく苛々させられてしまうところでの(ストーリー的な)好みは分かれるのでは?と思う。

映像化に於ける成功の要因として、山戸監督による演出力にあるのは間違いないところ。
細かなショットを積み重ねて行く前半部分での演出・編集で、観ていながら自然とリズムに乗った。
但し、多分コミック版の流れを踏まえてだと思うのだが。大量の台詞の数々は、ノベライズ版にもそのままあったのだけれど。もう少し余白を活かし。感情表現を出す為にも、今後は、演出に於ける引き算と言うか。多少の省略法を…と、生意気にもお願いしたいところ。

ノベライズ版を読み、密かにリペンジポルノの場面で、若い女の子のビー◯クを期待したのだけど…。
う〜んやっぱり駄目か〜( T_T)o(`ω´ )oバカモン

2019年7月7日 イオンシネマ市川妙典/スクリーン5

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
松井の天井直撃ホームラン

4.0あなたとわたしの愛言葉=バカ・バカ・バカ

2019年8月20日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
りゃんひさ

4.5私は好きでした

Natsukiさん
2019年7月31日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

楽しい

難しい

青春映画、主人公たちが高校生なのになんだか大人びていて湿っぽい作品でした。それでも、初の心情を表すような憧れの気持ちは煌びやかな演出がされていたりして
なんだか引き込まれました。
テンポは少し早くなったり遅くなったりしていて少し気になりました。
湿っぽく爽やかさがあまりないと思いましたが、垣間見える青春漫画感も私にはグッときました。

最後は自己啓発のような強い言葉に圧倒されます

10代の方や、大人になった方にもおすすめします。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Natsuki
「ホットギミック ガールミーツボーイ」の作品トップへ