キング

劇場公開日

キング
12%
65%
19%
4%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「君の名前で僕を呼んで」「ビューティフル・ボーイ」のティモシー・シャラメがイングランド王ヘンリー5世に扮して主演を務めたNetflixオリジナル映画。ウィリアム・シェイクスピアの戯曲「ヘンリー四世」2部作や「ヘンリー五世」に着想を得た物語で、自由気ままな王子が宮廷内のさまざまな問題や戦争など、混乱する時代を生きることで国王として成長していく姿を描く。若き日のヘンリー5世をシャラメが演じるほか、ジョエル・エドガートン、ジョーン・ハリス、リリー=ローズ・デップ、ロバート・パティンソン、ベン・メンデルソーンら豪華キャストが共演。監督は「アニマル・キングダム」「ウォー・マシーン 戦争は話術だ!」のデビッド・ミショッド。2019年11月1日からNetflixで配信。日本では配信に先立つ10月25日から、東京・アップリンク渋谷ほかにて劇場公開。

2019年製作/140分/R15+/オーストラリア・アメリカ合作
原題:The King
配給:Netflix

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0映画館で観れてよかった

2019年11月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ネットフリックスのオリジナル映画だが、このスケールと陰影の深い映像は映画館で観て正解だった。ティモシー・シャラメは、屈折したティーンエイジャーのイメージの役が多いが、本格的な史劇の主人公を堂々と演じている。自由人として生きているヘンリー5世が、宮廷の権力争いや戦争を経て立派な王に成長していく姿を描いている。王としての責務の重さや戦争の恐ろしさや虚しさも描いているのが現代的と言えるかもしれない。
絢爛豪華な衣装に身を包んでいるが、戦闘シーンなどは、華麗さや勇ましさよりも泥臭さが勝っている。雨が降った後の地の利を活かした戦いのシーンでは、文字通り泥に塗れた戦いを繰り広げており、本気の殺し合いの雰囲気が漂っていて素晴らしい。多くの犠牲を強いて得た勝利にも喜びはなく、あるのは裏切りと策謀だけ。偉大さを称える史劇ではなく、虚しさや歴史の業の深さを描く史劇だ。
ティモシー・シャラメはこれからどんな俳優に育ってゆくのか、これを観て非常に楽しみになった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
杉本穂高

3.5ヘンリー5世の成長

movieさん
2020年8月24日
Androidアプリから投稿

20070.まさに泥臭い戦闘シーン。シャラメの魅力を活かしつつ、人間ドラマに仕上がっている

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
movie

4.5泥臭さ

2020年4月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

興奮

萌える

ティモシー・シャラメの高貴さもさることながら、中世の戦がいかに惨めで泥臭かったかをリアルに表現していたのが、とてもよかったです。

グロテスクなシーンも割とあっさりしていたところを見るに、とことんリアルさを追求した作品なのだろうなと、好感が持てました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ユージーン

3.0淡々と話が進む。友情やだましや敵のキャラくらー性などの仕掛けが、わ...

2020年4月16日
PCから投稿

淡々と話が進む。友情やだましや敵のキャラくらー性などの仕掛けが、わりと典型的。わかりやすくはある。淡々としているからこその存在感のようなものもある。主人公がかならずしも善い人間ではないが、わりときれい目に見えるのは顔が良すぎるためか。ハリウッドアクションのわざとらしいメリハリよりかはよい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
むっきー
すべての映画レビューを見る(全15件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る