マイ・サンシャイン

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
マイ・サンシャイン
5%
31%
46%
12%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

オスカー女優のハル・ベリーと、「007」シリーズで知られるダニエル・クレイグの共演で、1992年のロサンゼルス暴動に巻き込まれた家族を描いたドラマ。デビュー作「裸足の季節」がアカデミー外国語映画賞にノミネートされたデニズ・ガムゼ・エルギュベン監督がメガホンを取った。92年、ロサンゼルス・サウスセントラル。ミリーは家族と一緒に暮らすことができない子どもたちを、貧しいながらも愛情を注いで育てていた。隣に暮らすオビーはミリーたちの騒々しさに文句をつけながらも、陰では彼らをあたたかく見守っていた。そんな中、黒人が犠牲になった事件で不当判決が下されたことから、暴動がぼっ発。その影響でミリーたちの生活にも変化が訪れる。ミリー役をベリーが、オビー役をクレイグがそれぞれ演じる。

2017年製作/87分/PG12/フランス・ベルギー合作
原題:Kings
配給:ビターズ・エンド、パルコ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14

(C)2017 CC CINEMA INTERNATIONAL–SCOPE PICTURES–FRANCE 2 CINEMA-AD VITAM-SUFFRAGETTES

映画レビュー

3.0監督の力量と現場の混沌が伺える生々しい一作

2018年12月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

ハリウッド流の映画の呼吸から大きく外れたところにある映画だと、始まってすぐに感じた。通常の監督だとドキュメンタリータッチで描きそうな冒頭の悲劇も、まるでその少女が主人公であるかのように真正面から表情が写し取られる。ここをどう評価するかは受け取り方次第だろうが、しかしこの出来事をきっかけに街がパンドラの箱を開けたかのようなカオスへ陥っていく流れは見事だった。つまりこの監督は、流れや空気を捉えるのは巧いのだが、一方、縦軸のストーリーを淀みなく積み上げていく分には力量が足らない。むしろ思いが強すぎるのか編集でも合間にちょっと意味不明のカットが挟み込まれ、こちらが「?」と思う間にまた別のシーンへと移り変わっていく。かといって凡作などと切り捨てられない点描の魅力があるのも確か。クレイグとベリーのやり取りなど、どこかホッとさせられるところも。本来はもっと重要な役柄だったであろうことは言わずもがなだが。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
ぐうたら

3.5「裸足の季節」の監督だけに期待大だったが…

AuVisさん
2018年12月29日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

トルコ出身フランス在住の女性監督デニズ・ガムゼ・エルギュヴェンは2015年の「裸足の季節」で、封建的価値観の残るトルコの小さな町で暮らす5人姉妹の受難と希望を瑞々しく描き、鮮烈なデビューを飾った。10年以上前から温めてきた企画がこの第2作だと聞いて、前作以上に監督の持ち味が出た作品になっているだろうと楽しみだったが、期待値を上げすぎた。

社会派の作り手なのは確かだが、92年ロサンゼルス暴動というテーマは、監督の繊細な感性を活かすにはワイルドすぎたか。暴動の背景と経過を語る部分と、困難児たちを預かる黒人女性、白人の隣人との交流、そうした要素がうまく噛み合わない。大物女優に演出で遠慮したのだろうか、ハル・ベリーの演技が過剰で鼻につく。

街で起きた暴動に巻き込まれる過程は、キャスリン・ビグロー監督の「デトロイト」にも似て緊迫感があった。ユーモアのセンスも悪くない。次作での挽回を待とう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
AuVis

3.0『万引き家族』と『デトロイト』

kossyさん
2020年4月8日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 最も印象に残ったのが冒頭の少女射殺シーン。韓国系アメリカ人の店主トゥ・スンジャが経営する店でオレンジジュースを買おうとした15歳の少女ラターシャが万引きしたのだと勘違いして射殺してしまった事件だ。殺人罪に問われると思われたのに、裁判では保護観察と罰金500ドルだけの軽い処分だったことに黒人たちの怒りを煽る。さらにロドニー・キング事件で警官4人が起訴されるのだが・・・

 事実に基づき、人種差別問題が大きな暴動を生んだ物語だけど、どうもスッキリしない展開。群像劇のような気もするし、ドキュメンタリータッチで描きたい監督の気持ちも伝わってくるのですが、ハル・ベリーとダニエル・クレイグの2大俳優も無駄な使い方をされてる気がする。子どもたちを引き取り、その愛情だけで精一杯なのもわかるが、夢の中でセックスしてる場合じゃない!むしろ黒人青年ジェシーだけで追いかける方が感情移入できて良かったと思う。

 邦題のマイ・サンシャインというのもチンプンカンプンだったけど、原題のKINGSのままの方が色んなことを考えさせられるし良かったでしょう。まさかのバーガー・キングも出てきたし・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
kossy

1.0伝わってこなかった

ケイさん
2020年3月29日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

四人の警官による黒人暴行事件の無罪判決を契機に、暴動に繋がった1990年代の話をドキュメンタリータッチで描く。ハル・ベリー親子と隣人ダニエル・クレイグとの交流も中途半端に描くため、いまいちメッセージが伝わってこなかった。登場人物もあまり丁寧に描いてないので、分かりにくい。日頃から溜まっている双方の差別意識が暴発し、その混乱に乗じて、強盗・略奪が各地で起こってしまったということがわかるのだけど、事件何日前ってするならもっと丁寧に積み重ねてほしかった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ケイ
すべての映画レビューを見る(全42件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る