「監督の力量と現場の混沌が伺える生々しい一作」マイ・サンシャイン ぐうたらさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

マイ・サンシャイン

劇場公開日 2018年12月15日
全34件中、15件目を表示
  •  
映画レビューを書く

監督の力量と現場の混沌が伺える生々しい一作

ハリウッド流の映画の呼吸から大きく外れたところにある映画だと、始まってすぐに感じた。通常の監督だとドキュメンタリータッチで描きそうな冒頭の悲劇も、まるでその少女が主人公であるかのように真正面から表情が写し取られる。ここをどう評価するかは受け取り方次第だろうが、しかしこの出来事をきっかけに街がパンドラの箱を開けたかのようなカオスへ陥っていく流れは見事だった。つまりこの監督は、流れや空気を捉えるのは巧いのだが、一方、縦軸のストーリーを淀みなく積み上げていく分には力量が足らない。むしろ思いが強すぎるのか編集でも合間にちょっと意味不明のカットが挟み込まれ、こちらが「?」と思う間にまた別のシーンへと移り変わっていく。かといって凡作などと切り捨てられない点描の魅力があるのも確か。クレイグとベリーのやり取りなど、どこかホッとさせられるところも。本来はもっと重要な役柄だったであろうことは言わずもがなだが。

ぐうたら
さん / 2018年12月31日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
PROレビュアーとは?
PROレビュアーとは
映画の専門家として、映画.comの記事を多く執筆している方です。
PROレビュアーの星評価は、総合点への影響力がより大きくなります。
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報