ときめきプリンセス婚活記

劇場公開日

ときめきプリンセス婚活記

解説

結婚の相性を占うカリスマ占い師と王女の恋愛模様を描いた、韓国の時代劇ラブコメディ。「新感染 ファイナル・エクスプレス」「怪しい彼女」「サニー 永遠の仲間たち」などヒット作に多数出演するシム・ウンギョンと、ドラマ「華麗なる遺産」などで人気のイ・スンギが主演。朝鮮王朝・英祖29年(1753年)、記録的な干ばつによって作物が不足し、民衆は飢えに苦しんでいた。あらゆる手段を尽くしたが雨に恵まれず、困り果てた王は、陰陽の均衡の崩れを元通りにするため、王女ソンファに最高の相性を持つ花婿を迎え入れ、婚礼の儀を執り行うことを決断。ふさわしい相手を見つけようと、カリスマ的な占い師のソ・ドユンを抜擢し、占いによって国中から花婿候補が集められる。一方、見ず知らずの相手と結婚する気はないソンファは、花婿候補の男たちの素性を知るため、宮中を抜け出して町へ出るのだが……。

2018年製作/110分/韓国
原題:The Princess and the Matchmaker
配給:ツイン

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)2018 CJ E&M CORPORATION, JUPITER FILM, ALL RIGHTS RESERVED

映画レビュー

2.5けっこう軽い

津次郎さん
2021年5月31日
PCから投稿

新聞記者に出ている韓国の女優さんが出ていた。サニーや少女は悪魔などしばしば見たが怪しいのシムウンギョンが印象にのこっている。多様な役を演じるけれど、その役の裏側にストイックな気配を感じる女優。──努力家な感じがする。

新聞記者での役はふつうの日本人役(という設定)ではなかっただろうか。言葉を覚えて役をつくるのだから、並大抵ではなかったにちがいない。勤勉なひとなのは間違いなかった。

憶測に過ぎないが、新聞記者のシムウンギョン起用について「大勢の女優さんに出演を打診したが断られたから」と広報されていたが、さて、どんなもんだろう。個人的には信じていない。新聞記者は左系のひとたちが日本をdisるためにつくった映画であって、いわばドンキホーテが風車小屋を巨人と勘違いして突撃するようなあほ映画だった。元ネタは官房長官時代の菅首相に連続23回質問したメンヘラ記者が原案したホラ話である。

が、国内の授賞式でシムウンギョンが「すいません。ぜんぜん思わなかったので。ぜんぜんじゅんびしてなかったです。」と泣きながら言った動画には感銘をうけた。

(わたしは「ザ日本映画」をくそみそにけなすことがありますが、日本をdisる映画・映画人はもっときらいです)

ストイックを感じる一方、役のうえではコミカルのほうが似合う。演技としては韓流ドラマ風のわざとらしさがある。(と思う。)そのわざとらしさがサニーや怪しいや本作で生きていた。コメディ向きだと思う。サニーで憑物みたいにキレて対抗チームをビビらせるシーン、おぼえている。パラサイトの賢い長男チェウシクもちょっとだけでていた。暗愚な役だがやはりとても巧かった。

韓国の時代劇ドラマや映画は人気も高い。NetFlixの浸透もあるし、巣籠もり需要もあり、韓国エンタメは、好んで受け容れられている。そもそも和製ドラマ映画よりずっと面白い。もし韓国が国としてエンタメやアイドルに日本人をふくむ他国の庶民を懐柔する(てなずける)役割をもたせているとしたら。成功していると思う。日本人が慰安婦や不買や竹島などなど諸問題に憤る一方で愛の不時着見て喜んでいる構図にときどき奇妙を感じる。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
津次郎

3.5【”幸せは占いでなく、自分で掴みたい!”朝鮮を舞台にした王宮占い恋愛映画。シム・ウンギョンさんはコメディエンヌとしても一流です。】

NOBUさん
2021年5月2日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

知的

幸せ

ー 四柱推命:生まれた年・月・日・時によって、生まれつき陰陽五行が定められると考え、それらに基づき運命・性格を判断する・・。フライヤーより引用。ー

◆旱魃に苦しむ朝鮮の人々を救うため、王は占術に頼り、婚期を迎えた娘ソンファ姫(シム・ウンギョン)と最高の相性を持つ男性を婿として迎え入れ、婚礼を執り行う事で、陰陽の均衡を元に戻し、民を救う事を決意。
 そこで、朝鮮最高の監察官(占い師)ソ・ドユン(イ・スンギ)を抜擢。
 そして、4名の男性が婿候補として選び出させた。(1名、10歳のおデブさん・・)

■感想
・婿候補の表の顔と裏の顔。それを探りに密かに王宮を抜け出すソンファ姫。
 ー 占いで、夫を決められたくはないよな。実際に会って顔を見て、話をしないと・・。けれど、見合いって日本でも数十年前まで主流だったとか・・。ー

・その婿候補たちのクズっぷり。表の顔は良いが、裏の顔は残虐であったり、超野心家であったり・・。
 ー どこの国でもどの時代でも、表裏がありますね、人間は。ー

・身分を偽っていたソンファ姫を、四柱により”本物の王女”様と知ったソ・ドユンが、残虐なナム・チホから身を投げうって守るシーン。
 ー 分かりやすいが、ソンファ姫は一気に恋に落ち、ソ・ドヨンも・・。ー

・怒り心頭に発した王に対し、ソンファ姫が言った言葉。
 ”人生から、愛を取ったら何が残りましょう・・。”

<王室の権威を取るのか、娘の幸せを取るのか・・。王が示した粋な計らいと、ラストシーンにもホロリと来る朝鮮王宮占い恋愛映画。
 シム・ウンギョンさん(近年では邦画の「新聞記者」「ブルーアワーにぶっ飛ばす」も印象的)はコメディエンヌとしても一流です。>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
NOBU

4.0楽しい

Scottさん
2018年12月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Scott

2.5どっち付かず

ひでさん
2018年12月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

181本目。
今年の汚れ今年の内に、って訳じゃないけど臨時の休日出勤で正月休みが1日削られ、何かスッキリしないまま仕事を終えた感じで。
で電車に飛び乗り、時間が合う作品をチョイス。
占いでってのは時代を考えれば日常的なんだろうと思うけど、面白くもなければつまらなくもない。
どっち付かずな感じかな。
日本の女子高生ヒロインみたいな、キラキラ的なCGとか、遊び心、振り幅があったら面白くなるんじゃないかと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ひで
すべての映画レビューを見る(全7件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る