プリンセス・プリンシパル Crown Handler 第1章

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
プリンセス・プリンシパル Crown Handler 第1章
プリンセス・プリンシパル Crown Handler 第1章
44%
42%
12%
2%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

スチームパンクを基調とした世界観とハードなストーリー展開で人気を集めたテレビアニメ「プリンセス・プリンシパル」の続編で、全6章で描かれる「プリンセス・プリンシパル Crown Handler」の第1章。19世紀末、共和革命によってアルビオン王国は分裂。巨大な壁で分断された首都ロンドンは東側を王国、西側を共和国が統治し、各国のスパイが暗躍する場になった。それから10年、王国の名門クイーンズ・メイフェア校には、女子高生を隠れ蓑にした共和国スパイの5人の少女「チーム白鳩」がいた。ある時、彼女たちに、王国の拘置所に拘束されていた古本屋の店主を共和国へ受け渡すという任務が下される。一方その頃、王国では女王暗殺未遂事件を機に、スパイ狩りが激しさを増しており……。

2021年製作/53分/G/日本
配給:ショウゲート

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
シリーズ構成
木村暢
脚本
木村暢
キャラクター原案
黒星紅白
キャラクターデザイン
秋谷有紀恵
西尾公伯
総作画監督
西尾公伯
コンセプトアート
六七質
メカニカルデザイン
片貝文洋
リサーチャー
白土晴一
設定協力
速水螺旋人
プロップデザイン
あきづきりょう
美術監督
杉浦美穂
美術設定
大原盛仁
谷内優穂
谷口ごー
実原登
色彩設計
津守裕子
HOA(Headof3DAnimation)
トライスラッシュ
グラフィックアート
荒木宏文
撮影監督
若林優
編集
定松剛
音楽
梶浦由記
音響監督
岩浪美和
オープニングテーマ
Void_Chords
アニメーション制作
アクタス
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0ストーリーはシリアスです。

2021年4月4日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

萌える

通常スクリーンで鑑賞。
スパイ物のストーリーとしてよい味を出していると思います。
TVシリーズ放映時、初回は何となくスルーしてしまいましたが、再放送で見て、可愛いキャラ絵と対照的なシリアスストーリーに惹き込まれましまた。
今作もぶれていませんね。なんか哀愁感があるんですよね。
次作も楽しみなので★4個ですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
スキーヤー

3.0魅力的な組み合わせ

隣組さん
2021年3月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

テレビアニメは未鑑賞。シリーズ初鑑賞のため物語の経緯やキャラの特徴は全く知らなかったが、スチームパンクを基調とした世界観が素晴らしく初見でも充分楽しめた。スパイ×スチームパンク×女子高生の組み合わせが何とも魅力的な作品。
2021-40

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
隣組

3.0TVアニメの続編って感じ

yukkyさん
2021年3月7日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

興奮

萌える

普通にプリンセスプリンシパルでした。
コードギアスで言うなら亡国のアキトっていうより復活のルルーシュって感じです。
別にコナンのように見せ場があるわけでもなく、テレビアニメをちょっと良い音響やスクリーンで見たい人向け。もしくは早くプリンセスプリンシパルの続きを見たい人(ファン)向けです。
因みに上映時間から分かると思いますがこれから見ようと思ってる方はアニメを最低3話程度、出来れば12話見てから見ることをおすすめします。
星3つの理由は映画でやる意味を今のところ見出せなかったので星1つにしました。おそらく二章も似たような感じだと思います。3.4章以降に化けることに期待って感じです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yukky

3.5萌えます

2021年3月4日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

楽しい

萌える

あらすじはネタバレなのでおいといて、、
大好きな黒星紅白氏キャラデザのプリンセスプリンシパルがようやく見れるとのことで劇場へ。
とにかくキャラがかわいい。描写が丁寧だ。そして世界観がいい。近世ヨーロッパのノスタルジックな雰囲気、レンガの街や鮮やかな庭園。そのどれもが引き込まれる。
チェスのくだりはやったことがないのでよくわからないが、なかなかオシャレな演出である。一度勉強してみたくなった。
アクションシーンについてはやや物足りなさを感じた。カーチェイスで追手の車が電柱にぶつかった時に中の人間が全く微動だにしなかったのはもう少しやりようがあったのでは。ガラスを突き破るとか、ぐったりするとか。現代では3Dツールを駆使した作画になるのは理解できるが、車の動きだけではなく演技や演出に拘って欲しい。
あとカメラのカット割りとか、ハッとするシーンが少なかったのでもう少し大胆な切り替えがあってもいいのでは。
話の方もキャラの感情の起伏が乏しいので淡々と進んでしまい、感情を大きく揺さぶられることはなかった。最後の結末は衝撃的なものだったが、それを大きく見せることはなかったので淡白。決して悪いわけではないが、もう少し見どころがあれば。ともあれひとまず第一作。続編に期待!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
みりぽん
すべての映画レビューを見る(全24件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「プリンセス・プリンシパル」シリーズ関連作品