告白小説、その結末
ホーム > 作品情報 > 映画「告白小説、その結末」
メニュー

告白小説、その結末

劇場公開日

解説

「戦場のピアニスト」「ゴーストライター」の鬼才ロマン・ポランスキー監督が、「毛皮のヴィーナス」以来4年ぶりに手がけた監督作。フランスの女性作家デルフィーヌ・ドゥ・ビガンの小説「デルフィーヌの友情」を原作に、ふたりの女性が織り成す危うい関係を軸に描いたミステリー。自殺した母親との生活をつづった私小説がベストセラーとなったものの、その後はスランプに陥ってしまった作家デルフィーヌの前に、熱狂的なファンを自称する女性エルが現れる。本音で語り合えるエルに信頼を寄せ、共同生活を始めたデルフィーヌだったが、エルが時折みせるヒステリックな一面や可解な言動に次第に翻弄されていく。やがてエルの壮絶な身の上を知ったデルフィーヌは、その話を小説にしようとするのだが……。デルフィーヌ役はポランスキー監督の妻でもあるエマニュエル・セニエ、エル役は「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」などハリウッドでも活躍するエバ・グリーン。「パーソナル・ショッパー」「アクトレス 女たちの舞台」などで知られるフランスの名監督オリビエ・アサイヤスが、ポランスキー監督とともに脚本を執筆した。

作品データ

原題 D'apres une histoire vraie
製作年 2017年
製作国 フランス・ベルギー・ポーランド合作
配給 キノフィルムズ
上映時間 100分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

観客の中にある既視感に敢然と挑戦を試みる、終幕間際の“捻り技”
告白小説、その結末の映画評論・批評

創作意欲が枯渇した人気作家、デルフィーヌの前に、愛読者だと言って近づいて来た謎の女、エル。偶然なのか、向かいのアパルトマンに住まい、直後に家主から追い出しを食らったと説明し、同居するようになったエルは、やがて、デルフィーヌを執筆に向か...告白小説、その結末の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.1 3.1 (全28件)
  • 比較すると面白い ネタバレ! オゾン監督「スイミングプール」と仕掛けが似ている。 作家のスランプ、苦悩は想像以上のものなのだろう。 編集者がいてもパートナーがいても孤独の闇の中から何かを生みださなければならない。 ...続きを読む

    hirato hiratoさん  2018年10月6日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • ポランスキーのまさに逸品 プライオリティー・マックスのポランスキー作品。 調子を崩した女性作家がファンと称する女性にずけずけと踏み込まれ、心までも壊されていく。大変な悲劇を予感しつつ、どこまで行くんだ、どこで終わらせるん... ...続きを読む

    まっくん a.k.a. エロくそチキン まっくん a.k.a. エロくそチキンさん  2018年9月19日  評価:4.5
    このレビューに共感した/3
  • 怖かったですが 予想通りの展開でした。結局、エルは何がしたくて近づいたのか?動機は?逃げると追ってきて捕まって…そこはお決まりの展開にはならず。簡単に逃がしてよかったの? ...続きを読む

    okuy okuyさん  2018年9月8日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

DVD・ブルーレイ

告白小説、その結末[DVD] 赤い航路[Blu-ray/ブルーレイ] 潜水服は蝶の夢を見る[DVD] 赤い航路[Blu-ray/ブルーレイ]
告白小説、その結末[DVD] 赤い航路[Blu-ray/ブルーレイ] 潜水服は蝶の夢を見る[DVD] 赤い航路[Blu-ray/ブルーレイ]
発売日:2019年1月9日 最安価格: ¥3,036 発売日:2014年10月24日 最安価格: ¥1,620 発売日:2010年8月27日 最安価格: ¥1,944 発売日:2012年12月21日 最安価格: ¥3,693
Powered by 価格.com

他のユーザーは「告白小説、その結末」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi