鬼才ポランスキーが新作語るインタビュー映像 キューブリックとのエピソードも

2018年6月20日 18:00

ロマン・ポランスキー監督とエバ・グリーン
ロマン・ポランスキー監督とエバ・グリーン

[映画.com ニュース] ロマン・ポランスキー監督が、6月23日公開の新作ミステリー「告白小説、その結末」を語るインタビュー映像を映画.comが入手した。

映画の原作は、フランスでもっとも権威ある文学賞のひとつであるルノドー賞を受賞した仏女性作家デルフィーヌ・ドゥ・ビガンの小説「デルフィーヌの友情」(水声社)で、ポランスキーと共にオリビエ・アサイヤスが共同脚本を担当。自殺した母親との生活を綴った私小説がベストセラーとなったものの、その後スランプに陥った作家デルフィーヌ(エマニュエル・セニエ)の前に、熱狂的なファンを称する聡明で美しい女性エル(エバ・グリーン)が現れ、共同生活を始めたことから待ち受ける悪夢を描く。

ポランスキー監督は、「作家の苦悩が描かれていた。本を書き終えてから経験する苦しみだ」と原作の魅力を語り、監督自身が小説も映画も同様であると感じているそうで、映画化に際してもその点を重要視したと話す。また、30代の頃、故スタンリー・キューブリック監督と電話で話した際にキューブリック監督が語った、“クリエイターの苦悩”にまつわるエピソードを紹介。「(若かった当時の)私には意味が分からなかった。」と振り返りつつ、「でも今は彼の言葉が身に沁みる」と巨匠と呼ばれるようになった現在の心境を明かしている。

告白小説、その結末」は、6月23日から東京・ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国で順次公開。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • マッドボンバー
  • ヒッチハイク
  • インサイド
  • シアター・ナイトメア
  • キリング・グラウンド
  • 監禁 レディ・ベンジェンス
  • 招かれざる隣人
  • アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち
  • ロンドン・ロード ある殺人に関する証言
  • ロスト・フロア
OSOREZONE

Powered by 映画.com