女と男の観覧車

劇場公開日

女と男の観覧車
女と男の観覧車
10%
49%
33%
6%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ウッディ・アレン監督がケイト・ウィンスレットを主役に迎え、1950年代ニューヨークのコニーアイランドを舞台に、ひと夏の恋に溺れていくひとりの女性の姿を描いたドラマ。コニーアイランドの遊園地内にあるレストランで働いている元女優のジニーは、再婚同士で結ばれた回転木馬操縦係の夫・ハンプティと、ジニーの連れ子である息子のリッチーと3人で、観覧車の見える安い部屋で暮らしている。しかし、ハンプティとの平凡な毎日に失望しているジニーは夫に隠れて、海岸で監視員のアルバイトをしながら劇作家を目指している若い男ミッキーと不倫していた。ミッキーとの未来に夢を見ていたジニーだったが、ギャングと駆け落ちして音信不通になっていたハンプティの娘キャロライナの出現により、すべてが大きく狂い出していく。ウィンスレットが主人公のジニーを演じるほか、ミッキー役を歌手で俳優のジャスティン・ティンバーレイク、ハンプティ役をジム・ベルーシ、キャロライナ役をジュノー・テンプルがそれぞれ演じる。

2017年製作/101分/G/アメリカ
原題:Wonder Wheel
配給:ロングライド

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13

Photo by Jessica Miglio (C)2017 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.

映画レビュー

4.0映画と演劇の橋渡しをする怪作

村山章さん
2018年6月28日
PCから投稿

悲しい

怖い

映画と演劇は違う表現形態だが、演劇的だからといってダメな映画とは限らないし、演劇的であることで成立する映画もあり得る。そんなことを証明してくれているのが本作。

『ブルー・ジャスミン』同様、テネシー・ウィリアムズが描くようなアメリカ戯曲に目くばせしているのは明らかで、本作ではより直截に演劇的なアプローチを取り入れている。すなわち、ひとつのシーンがまるで演劇の「場」であるように、役者たちが長セリフの応酬をし、決して自然体とは言えない大仰さもある。

ではこれをそのまま舞台劇にしても成立するかはわからない。いや、ケイト・ウィンスレットが放つ腐りかけの色香のようなものは、映像で切り取っているからこそ匂い立つのだと思う。

群像劇の体裁を取ってはいるが、やはりこれはウィンスレット演じるギニーの物語であり、この名もない女性像の内面をかくも恐ろしい人間ドラマに見せるには、演劇的な装置が必須だったように思うのだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 10 件)
村山章

4.0巨匠の心象を映すオレンジ色の夕日

2018年6月26日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

笑える

コニーアイランドの観覧車は、回っている途中で突然、レールに乗って左右にスイングしたりして、お客に一瞬のスリルを味合わせてくれる。でも、そんな時間も所詮は回りきった後、何事もなく着地して一件落着。ケイト・ウィンスレットが演じるヒロインも、ままならない人生に苛つきながら、時には思い込みで不倫にのめり込もうが、結局は本来の主婦の姿に戻るしかない。生きていくということは、観覧車に乗ってダメな自分と向き合いながら、終わりに向けてゆっくり進むようなもの。ウディ・アレンの最新作は、いつもの軽妙さを封印し、人間の愚かさを真っ向から描いて深い味わいを残す。白眉は名手、ヴィトリオ・ストラーロのカメラが映すコニーアイランドのオレンシ色の夕日。その黄昏感は、作り手アレンの心象を代弁しているようだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
清藤秀人

5.0人間は、結局どんなに頑張っても孤独なのだと思いました。

きりんさん
2021年1月31日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

女二人、ジニーとキャロライナは、最後は手に手をとって連れ立って逃げるのかと思いきや・・違ったか。
タメイキ。

観覧車はぐらぐら揺れながら終わりなく回り、人間模様も、残酷に 果て知れず回る。

エンディングで、一段と強いオレンジの西日がジニーの顔を異様に赤く照らします。そして二言三言語った途端、突然にジニーの顔も部屋も暗転。
狂気のケイト・ウィンスレットはヒッチコック女優のように見えます。
あれは
観覧車のゴンドラが部屋の前に差し掛かったのですね。凄味のある演出でジニーの壊れた瞬間がわかる。

・・・・・・・・・・・・

水泳監視員のジャスティン・ティンバーレークが吟遊詩人となって物語をリード。
活弁の解説者になったり、芝居に加わったり。

舞台や演出もそういうわけでシェイクスピアのように古風なのですが
夫ハンプティと娘を加えての主要人物の三人は、これがお芝居とは思えないほどのなりきりの演技です。

たいていの役者は、長回しの長台詞だと、どこかにボロが出たり素に戻りそうになったり、練習が完了していないやっつけ仕事の“しっぽ”が顔や声に出てしまうものだけど、
この三人はなんか、その人たちの生活をまんま見ているようで、上手さに度肝を抜かれました。

ウッディ・アレンは、
自身が吟遊詩人。人の幸不幸に立ち入らず、覚めた目でストーリーを采配する。
人の幸せを願っていない監督かもしれないけれど、自分の作った映画の登場人物の生きざま、特にハンプティとジニー夫妻の人生の取っ組み合いに、逆に監督が批評されて、登場人物から反撃されているのではないだろうか。
それほど俳優たちの生の演技が立ち上がってきていて、凄かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
きりん

3.0演劇的なセリフ回しと、ライティング。 なんとなく、ウディアレンぽい...

KONさん
2020年8月6日
iPhoneアプリから投稿

演劇的なセリフ回しと、ライティング。

なんとなく、ウディアレンぽいって思ったら、やっぱりそうだった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
KON
すべての映画レビューを見る(全81件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る