女と男の観覧車

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
女と男の観覧車
10%
51%
31%
6%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ウッディ・アレン監督がケイト・ウィンスレットを主役に迎え、1950年代ニューヨークのコニーアイランドを舞台に、ひと夏の恋に溺れていくひとりの女性の姿を描いたドラマ。コニーアイランドの遊園地内にあるレストランで働いている元女優のジニーは、再婚同士で結ばれた回転木馬操縦係の夫・ハンプティと、ジニーの連れ子である息子のリッチーと3人で、観覧車の見える安い部屋で暮らしている。しかし、ハンプティとの平凡な毎日に失望しているジニーは夫に隠れて、海岸で監視員のアルバイトをしながら劇作家を目指している若い男ミッキーと不倫していた。ミッキーとの未来に夢を見ていたジニーだったが、ギャングと駆け落ちして音信不通になっていたハンプティの娘キャロライナの出現により、すべてが大きく狂い出していく。ウィンスレットが主人公のジニーを演じるほか、ミッキー役を歌手で俳優のジャスティン・ティンバーレイク、ハンプティ役をジム・ベルーシ、キャロライナ役をジュノー・テンプルがそれぞれ演じる。

2017年製作/101分/G/アメリカ
原題:Wonder Wheel
配給:ロングライド

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13

Photo by Jessica Miglio (C)2017 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.

映画レビュー

4.0映画と演劇の橋渡しをする怪作

2018年6月28日
PCから投稿

悲しい

怖い

映画と演劇は違う表現形態だが、演劇的だからといってダメな映画とは限らないし、演劇的であることで成立する映画もあり得る。そんなことを証明してくれているのが本作。

『ブルー・ジャスミン』同様、テネシー・ウィリアムズが描くようなアメリカ戯曲に目くばせしているのは明らかで、本作ではより直截に演劇的なアプローチを取り入れている。すなわち、ひとつのシーンがまるで演劇の「場」であるように、役者たちが長セリフの応酬をし、決して自然体とは言えない大仰さもある。

ではこれをそのまま舞台劇にしても成立するかはわからない。いや、ケイト・ウィンスレットが放つ腐りかけの色香のようなものは、映像で切り取っているからこそ匂い立つのだと思う。

群像劇の体裁を取ってはいるが、やはりこれはウィンスレット演じるギニーの物語であり、この名もない女性像の内面をかくも恐ろしい人間ドラマに見せるには、演劇的な装置が必須だったように思うのだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
バッハ。

4.0巨匠の心象を映すオレンジ色の夕日

MPさん
2018年6月26日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

笑える

コニーアイランドの観覧車は、回っている途中で突然、レールに乗って左右にスイングしたりして、お客に一瞬のスリルを味合わせてくれる。でも、そんな時間も所詮は回りきった後、何事もなく着地して一件落着。ケイト・ウィンスレットが演じるヒロインも、ままならない人生に苛つきながら、時には思い込みで不倫にのめり込もうが、結局は本来の主婦の姿に戻るしかない。生きていくということは、観覧車に乗ってダメな自分と向き合いながら、終わりに向けてゆっくり進むようなもの。ウディ・アレンの最新作は、いつもの軽妙さを封印し、人間の愚かさを真っ向から描いて深い味わいを残す。白眉は名手、ヴィトリオ・ストラーロのカメラが映すコニーアイランドのオレンシ色の夕日。その黄昏感は、作り手アレンの心象を代弁しているようだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
MP

3.0釣り嫌いのオフィーリア

2020年5月25日
Androidアプリから投稿

「この映画は(古のハリウッド映画への)オマージュではない」ハリウッド嫌いで有名なウディ・アレンがその楔から解かれ、amazonの出資(現在は最新作の全米公開をめぐって係争中とか)を得て初めて製作された作品であることに注意しなければならない。なにせ本作でウディがオマージュを捧げたのは、ハリウッド永遠のライバル=ブロードウェイの名戯曲作家たちだからである。

主人公のジニー(ケイト・ウィンスレッド)は演劇女優を志した過去があり、釣りと野球にしか興味のない粗野な亭主ハンプティ(ジム・ベルーシ)との味気ない生活にはうんざりしている。持病の偏頭痛はひどくなる一方、最近は薬も効かなくなっている。コニーアイランドの砂浜で知り合った演劇に造詣の深い監視員ミッキー(ジャスティン・ティンバーレイク)とそのまま不倫関係に。そこにハンプティの前妻の娘キャロライナが何やら訳ありで出戻ってきて…

その演技力には定評のあるケイトをあてがきしたというシナリオは、シェイクスピアからユージン・オニールまで、かのレジェンドたちがしたためた戯曲作品に登場する人物になりかわり、精神不安定なジニー母さんが“WONDER WHEEL”の原色ライトを浴びながら七変化する様を、ケイト・ウィンスレッドが見事に演じ分けるという非常に凝った内容になっている。

学校にもいかずコニーアイランドの映画館に入り浸り、疑惑の火消し?ならぬ火着けに明け暮れるジニーの連れ子リッチーは、おそらく幼小期のウディ・アレンそのままの姿だろう。そんなリッチーが学校で問題を起こすたびに夫ハンプティに八つ当たりするジニー。「これは本来の私の役じゃないの」つまりこのかりそめの夫婦生活もジニーにとっては演じている役の一つにすぎないのである。

過去に女優を志したジニーはアントン・チェーホフ作『かもめ』のニーナを、粗野な夫とそりがあわず別の男にはしる精神不安定な女はテネシー・ウィリアムス作『欲望という名の電車』のブランチを彷彿とさせる。ついには酒に溺れ現実逃避を試み茫然自失するジニーはユージン・オニール作『氷人来る』からの引用だろうか。恋人に別れを告げられる純白ドレスの耳元に花をさした狂女はいわずとしれた『ハムレット』の(釣り嫌い=水が怖い)オフィーリア…

永年ハリウッドに尽くしてきたにも関わらず、#Metoo運動の標的にされ、事実上映画界からも放逐されたウディ・アレンの恨み節が炸裂した1本なのである。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
かなり悪いオヤジ

4.5さすがウッディ・アレン

2020年4月16日
iPhoneアプリから投稿

ウッディ アレンの独特の映像美に包まれた約100分でした。 ケイトウィンスレットは、「 タイタニック 」以外あまり知らなかったけど、こんな演技派女優だなんて知りませんでした。旦那約のジェームズベルーシの久々の役所もよかったです。
生きていて、過去の過ちから、自分の人生設計が思いもよらぬ方向に向き出して、最終的に、俺の人生は、こんははずじゃなかったのに って思っている人生の曲がり角に来ている中年人って、世の中にたくさんいると思う。そんな思いをもった女性を、見事にケイトウィンスレットは演じていると思う。映画の中での、1人の女性の心の中にある複雑は気持ちの葛藤に、ものすごく共感しました。
ただ 夫婦はお互いに、一つぐらいは、共通の趣味はあるほうが、いいと思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジェット
すべての映画レビューを見る(全75件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る