女と男の観覧車 : 映画評論・批評

メニュー

女と男の観覧車

劇場公開日 2018年6月23日
2018年6月19日更新 2018年6月23日より丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほかにてロードショー

ケイト・ウィンスレットの翳りある美しさ。致死量の劇薬が盛られた逸品

八十歳を超えてなお、ほぼ毎年一本のペースで新作を撮り続けているウディ・アレンは、まさに驚異というほかない。軽妙洒脱な風俗喜劇が目立つが、時おり「マッチポイント」(05)、「ブルージャスミン」(13)のような強烈な毒を含有する傑作を放つので目が離せない。「女と男の観覧車」もやはり致死量の劇薬が盛られた逸品で、見終えてしばし茫然となった。

舞台は1950年代、幼少期のウディ・アレンの魂の故郷ともいうべきコニー・アイランド。このリゾート地を舞台にしたメロドラマの名作「悲しみは空の彼方に」(59)を彷彿させるのは、天才ヴィットリオ・ストラーロのキャメラが50年代ハリウッド映画の色彩感覚をデリケートなまでに完璧に再現しているからだ。くすんだ色調と儚さは、ヒロインのウェイトレス、ジニー(ケイト・ウィンスレット)の心象そのものでもある。同じ遊園地に勤める夫(ジム・ベルーシ)、放火癖のある問題児の息子と暮らすジニーは裏で大学生のミッキー(ジャスティン・ティンバーレイク)と不倫している。そこへギャングと駆け落ちした夫の娘キャロライナ(ジュノー・テンプル)が突然、帰還したことから、一見、平穏な日常の歯車が狂い始める。

画像1

当初、知的に見えた語り手のミッキーがまったく頼りがいのない俗物であることが暴露され、むしろ彼を触媒にして、女優だった過去の夢を引きずるジニーの魅力がより一層際立ち、キャロライナが意外な向上心と知性の持ち主であることが明かされるアイロニーに満ちた語り口は、ウディ・アレンの真骨頂である。

とりわけ中年にさしかかったケイト・ウィンスレットの翳りある美しさは特筆すべきだろう。取り返しのつかない過失を問われ、濃いメイクで隈どられた鋭い眼差しで、ミッキーに大見えを切る痛々しいシーンは、「サンセット大通り」(50)のグロリア・スワンソンを想起させるほどの鬼気迫る名演だ。脂ぎったテネシー・ウィリアムズとメランコリックなチェーホフ劇を絶妙にブレンドしたような苦い味わい。今のアメリカ映画で、こんな複雑精妙な作品を撮れるのは、ウディ・アレンだけである。

高崎俊夫

関連コンテンツ

特集

批評家たちも賛辞を贈るウッディ・アレン「長編監督作49本目」82歳にしてついにたどり着いた《集大成にして野心作》名匠アレン×名優ウィンスレット=アカデミー賞コンビによる超濃厚人生模様
特集

アカデミー賞にノミネートされること、実に24回。1度の監督賞と3度の脚本賞に輝く名匠、ウッディ・アレンが、記念すべき節目となる50作を目前にして、“集大成”とも言える野心的作品を作り上げてしまった。「タイタニック」「愛を読むひと」の実...特集

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全62件)
  • シリアスだからこそ笑いを誘う 日銭を稼がないと日が暮れない下層家庭の切羽詰まった日常。シリアスだからこそ笑いを誘うバツイチ夫婦のドタバタが次第に崩壊して行く様を、ウディ・アレンがたたみかける傑作。 大変なことになる程に女優本... ...続きを読む

    ezukodeoyogu ezukodeoyoguさん  2018年9月20日 10:20  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 熟した果実を貪る ウッディ・アレンは老いて益々盛んだ。ケイト・ウィンスレットを主役に迎えた今作も絶好調で、アレン節が炸裂する。 まず、1950年代のニューヨークはコニーアイランドの情景が秀逸で、一瞬にしてメラン... ...続きを読む

    まっくん a.k.a. エロくそチキン まっくん a.k.a. エロくそチキンさん  2018年9月19日 20:14  評価:4.5
    このレビューに共感した/1
  • おもしろい ネタバレ! ...続きを読む

    くすり くすりさん  2018年8月21日 22:42  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • ザ・プレデター ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊る 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi