映画めんたいぴりり

劇場公開日:

解説

辛子明太子を日本で初めて製造、販売した「ふくや」の創業者・川原俊夫をモデルに、2013年に放送された同名テレビドラマの劇場版。ドラマ版同様に主人公を博多華丸、その妻を富田靖子がそれぞれ演じる。昭和30年代、戦後最大の引揚港であった福岡は戦争の傷跡を残したまま復興を遂げようとしていた。焼け跡となっていた福岡の中洲で食料品店「ふくのや」を開業した海野俊之は、妻の千代子とともに小さな店を切り盛りしていた。そんな俊之が博多の祭りである「博多祇園山笠」と同様に情熱を傾けていたのが、めんたいこ作りだった。自身が納得できる味になかなかたどり着くことができず、改良に改良を重ねる試行錯誤の毎日を送る中で俊之が耳にしたのが、息子・健一の同級生である英子の存在だった。両親を亡くして親戚のもとで暮らす英子は、遠足に行くための新しい靴やリュックサックも買えない境遇におかれていたが……。

2019年製作/115分/G/日本
配給:よしもとクリエイティブ・エージェンシー
劇場公開日:2019年1月18日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)2019めんたいぴりり製作委員会

映画レビュー

3.0子役がお宝映像になるかもしれない

2023年7月29日
Androidアプリから投稿

日本で初めて辛子明太子の製造・販売を手掛けた博多のふくや創業者・川原俊夫の物語

どこまで本当かは知らないけど、人のために私財を投げ出せる人間はたしかにいる
そして、わらしべ長者のように大きくなっていく人もあれは、そのまま潰れてしまう人もいる
その差は先を見越す目を持つかどうかだけれど

人がいいだけの神様みたいな人もいる
阪神大震災で人のために身を粉にして動いて過労死してしまった人がいたことを思い出した

人の生き方はそれぞれ
深いです
いや映画の話ではなく人生の話です
映画は福岡の人以外は見ても見なくてもいいような話
奥さんが華丸大吉のファンなので
めんたいぴりりの続編を観にいこうかなと思ったんですが、関西ではもう終わってしまいましたね

続編は子役が変わってしまってるんですよね
今回出演した息子役の山時聡真は今年、宮崎駿の”君たちはどう生きるか”で主役をやり、ドラマ、”最高の教師”では高校生役で出演しています
また、貧しい家庭の同級生役の栄子を演じた豊嶋花も、ドラマ”ばらかもん”で女子高生役をやってます

時の流れは早い
人生はあっという間だね

コメントする (0件)
共感した! 0件)
nakaji

4.5まぁ、よかたい!

2023年6月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

笑える

幸せ

最新作の予習。
「ザ・ファブル」「サンクチュアリ 聖域」と最近ノリに乗っている江口カン監督ですから、本作もずっと気になってはいたのですが、なかなか手を出せずにようやく鑑賞。想像を超える重厚感のあるドラマで、めちゃくちゃ面白かったです!

本レビューサイトでもお書きになっている方がいたのですが、本作は博多版「ALWAYS 三丁目の夕日」のような作品。笑いながらも、人物描写がしっかりしていて、自然と感動し、心が温まる。博多華丸演じる、天真爛漫でお人好しな大将を中心に繰り広げられる群青劇。どのキャラクターもとてもいい味を出していて、いくらでも見れちゃう。江口カン監督が描く、主人公像はいつもとっても愛おしくてたまらない。こんな人が一家や職場の主であれば、大変だろうけどめちゃくちゃ楽しいだろうな〜。

「ふくや」の創業者をモデルにしたことも忘れず、人情ドラマを交えながら、余すことなく創業者の葛藤や明太子への愛が描かれている。監督が福岡県民のおかげで、違和感のない博多弁であるため、県民としてはすごく嬉しい。こんな映画見たら、博多弁が強くなってしまうったい!明太子だけでなく、家族愛、福岡愛に溢れた傑作です。

いやぁ、面白かった。
こりゃ、新作は本作超えれんでしょ。福岡映画、最高傑作。サンクチュアリに続けて、是非ご覧ください。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
サプライズ

5.0のぼせもん。

2022年1月9日
スマートフォンから投稿

泣ける

笑える

博多で生まれ山笠あって明太子好きだから、正当な評価ではないと思います(笑)
最高です。これしかありません。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
dehi

3.0ロリコンじゃなかと豊嶋花がよかたい

2021年9月22日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

笑える

楽しい

映画館では2019年1月28日109シネマズ富谷にて鑑賞
それ以来2度目の鑑賞

『ザ・ファブル』の江口カンが監督を務めた

2013年にテレビ西日本開局55年記念として放送された連ドラの劇場版
モデルとなったふくや一社提供
連ドラの方はまだ観ていない

明太子を日本で初めて製造販売したふくやの実話を元にしたコメディー色が強いお涙頂戴の人情物

舞台は博多なのでみんな博多弁
それでもちんぷんかんぷんじゃないのはそれだけ博多弁が全国に浸透しているせいか
他の地方には通じにくいであろう方言は省いた配慮もあったかもしれない

時代は昭和30年代
そのせいか全体的に貧乏くさい
天才子役豊嶋花が特に貧乏くさい

博多中洲の食料品店ふくやの店主海野俊之は大陸生まれの大陸育ちで戦後日本に引き上げ店を立ち上げた
元々釜山のお惣菜だったスケトウダラの魚卵の辛子漬けを独学で製造販売しようと日々研究に余念がない
経営は苦しく火の車だがお人好しで人助けをせずにいられない
台風の被害にあって家を流された人々を家に招いて朝飯を食べさせたり汚い爺さんに風呂を入れてあげるだけでなくお金も貸してあげる
万引きの子供には盗んだソーセージをそのまま与え試作品の明太子をおまけにつける超善人
明太子同様に熱を上げている山笠に50万円も寄付してしまう太っ腹
そんな俊之に妻や子供そして店の従業員は迷惑しているがそれでも慕われているようだ

初めはまずいといわれていた明太子だが他店にパクられてしまうほどいつのまにか好評に
連ドラの劇場版なのではしをおり展開が早い

華丸演じる俊之のテンションが高い
演じていると言うよりお笑い芸人博多華丸の芸風そのもの
とんねるずの番組の物真似企画と違ってついていけない

バーターで出演している大吉はスケトウダラを演じている
卵を産むので雌のせいか女装している
当初は完全に滑っていたが俊之を誘って自転車で浜辺に行くシーンはちょっと笑えた

富田靖子演じる妻千代子は西鉄ライオンズの大ファン
こちらも俊之同様テンションが高いがさすがベテラン女優だけあって芝居にえぐみがない

ふくのやの明太子をパクった石毛商店の店主を柄本兄弟の弟が演じた
裕福な家庭で育ったはずだが風貌があまりにも貧乏くさい
なかなかの熱演だが客が来ないのは顔のせいだろと思った
無精髭を剃って背広姿になったら見違えてしまうくらいだから男っぷりをグンとあげてしまうスーツはやっぱり凄い

なぜか高田延彦が稲尾和久
昭和の大投手を演じるには武骨な元プロレスラーが適役なのだろうか

あと山笠だけど締め込みはわかるがなんで女児も同じ格好で参加するのか
男だけならロリコンがわざわざ撮影に来ないだろうに理解に苦しむ
女児がいいなら女子大生もスナックのママも出したらいいじゃん

コメントする (0件)
共感した! 0件)
野川新栄
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「めんたいぴりり」シリーズ関連作品