エヴァ
ホーム > 作品情報 > 映画「エヴァ」
メニュー

エヴァ

劇場公開日

解説

イザベル・ユペールがギャスパー・ウリエル扮する若き作家を破滅の道へといざなう娼婦を演じる官能ドラマ。かつてジャンヌ・モロー主演で「エヴァの匂い」として映画化されたジェームズ・ハドリー・チェイスの小説「悪女イヴ」を、「マリー・アントワネットに別れをつげて」のブノワ・ジャコー監督のメガホンで再映画化。ベルトランは他人の戯曲を盗作して作家デビューを果たし、成功を手に入れた。周囲から2作目を期待されるものの思うように筆が進まないベルトランは執筆の場である別荘に到着した。するとそこには吹雪で立ち往生した男女が勝手に窓ガラスを割って部屋に侵入し、くつろぐ姿があった。怒り心頭のベルトランはバスタブでくつろぐ娼婦エヴァに文句を言うために近づくが、一瞬にして彼女に心を奪われてしまう。2018年・第68回ベルリン国際映画祭コンペティション部門出品作品。

キャスト

作品データ

原題 Eva
製作年 2018年
製作国 フランス
配給 ファインフィルムズ
上映時間 102分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

受賞歴

第68回 ベルリン国際映画祭(2018年)

出品
コンペティション部門 出品作品 ブノワ・ジャコー

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
2.6 2.6 (全14件)
  • いろんな意味で良い面と悪い面を混濁させた仕上がり いろんな意味で、良さと悪さを併せ持った映画だ。まずオープニングのシークエンスは主人公と老人との意味深なやりとりや、巧妙なセリフの応酬、そして何より本作に幾度も登場する列車が目の前を通過していくと... ...続きを読む

    ぐうたら ぐうたらさん  2018年7月30日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 人は罪悪感なしに倫理を逸脱できるか!? 他人の作品を盗作して名声を手に入れ、パトロンの娘と婚約中の新進作家、ベルトランは、所詮他力本願の小悪党。ベルトランを虜にする謎の女性、エヴァも、夫がいる身で娼婦をしているけっこうな悪党だが、レベ... ...続きを読む

    MP MPさん  2018年7月12日  評価:3.5
    このレビューに共感した/1
  • 恐ろしい ネタバレ! 娼婦エヴァに翻弄される主人公が、最後には叩きのめされてしまう。エヴァを探してさまよう主人公にエヴァは冷たく当たるのだった。 ...続きを読む

    Takashi Takashiさん  2018年8月25日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

他のユーザーは「エヴァ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi