イザベル・ユペール

イザベル・ユペール
英語表記
Isabelle Huppert
誕生日
1953年3月16日
出身
フランス/パリ

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

フランスを代表する国際派女優。パリのフランス国立高等演劇学校で演技を学び、1971年の「夏の日のフォスティーヌ」で映画デビューを果たす。「レースを編む女」(77)で脚光を浴び、クロード・シャブロル監督「ヴァイオレット・ノジエール(原題)」でカンヌ国際映画祭の女優賞を受賞。以降、ジャン=リュック・ゴダール監督の「勝手に逃げろ 人生」(79)などに主演し、マイケル・チミノ監督の問題作「天国の門」(81)で米国進出する。「主婦マリーがしたこと」(88)と「沈黙の女 ロウフィールド館の惨劇」(95)でベネチア国際映画祭の最優秀女優賞を受賞。ミヒャエル・ハネケ監督「ピアニスト」(01)で2度目のカンヌ国際映画祭女優賞に輝いた。フランソワ・オゾンやジャック・ドワイヨンらフランスの名監督の作品だけでなく、ポーランドのアンジェイ・ワイダや韓国のホン・サンスらの作品でも活躍する。16年時点でセザール賞史上最多となる15ノミネートを誇り(「沈黙の女 ロウフィールド館の惨劇」で主演女優賞を受賞)、17年にはポール・バーホーベン監督の「エル(原題)」(16)で、アカデミー主演女優賞に初ノミネートされた。

関連作品(映画)

イザベル・ユペールの関連作品(映画)をもっと見る

受賞歴

イザベル・ユペールの受賞歴の詳細を見る

写真・画像

イザベル・ユペールの写真・画像をもっと見る

関連動画・予告編

イザベル・ユペールの関連動画・予告編をもっと見る

関連記事

イザベル・ユペールの関連記事をもっと見る

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

「イザベル・ユペール」の関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る