パッション(1982)

劇場公開日

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

映画の製作現場を背景にして、監督、製作者、ホテルの女主人、工場従業員らの交流を描く。監督・編集はジャン・リュック・ゴダール。撮影はラウール・クタール、ヴィデオはジャン・ベルナール・メヌーが担当。出演はイザベル・ユペール、ハンナ・シグラ、ミシェル・ピッコリ、イェジー・ラジヴィオヴィッチ、ラズロ・サボなど。

あらすじ

スイスらしい風景の小村で撮影隊が映画を撮っている。監督はポーランド人のジェルジー(イェジー・ラジヴィオヴィッチ)、プロデューサーはハンガリー出身のラズロ(L・サボ)、助監督のパトリック(P・ボネル)はスイス人、撮影監督のクタール(R・クタール)はフランス人と、スタッフはヨーロッパ各国混成。彼らがヴィデオで撮っている『パッション』とはレンブラントやドラクロアの名画を生きた人物で再現しようというもの。膨大な予算を投じ始まって四ヵ月たつというのに、監督は光の具合が気にくわぬとNGの連発。製作中止だと脅すラズロに、それなら今すぐやめようとジェルジーがやり返す。予算はとうに超過して泥沼に入り、今さら中止など出来ないのは二人にも分りすぎるほど分っていた。81年12月。ポーランドで戒厳令が発令された直後の冬の日であった。その日、イザベル(イザベル・ユペール)は工場をくびになった。違約金を払おうとしない工場主ミシェル・グラ(ミシェル・ピッコリ)に対する抗議集会に来てほしいと、どもりながら訴えるイザベルに、「イストワール(歴史、あるいは物語の意)は作る前に生きるか、生きながら作るものだ」と答えるだけのジェルジー。二人の姿を見て嫉妬するのが、撮影隊のとまっているホテルの女主人ハンナ(ハンナ・シグラ)。ハンナとジェルジーの関係をあやしんでいる彼女の夫のミシェル。夜、イザベルの家で集会が開かれるが、さっぱり盛りあがらない。一方、撮影所ではジェルジーが、光が駄目とゴヤのシーン〈裸のマハ、5月3日の銃殺、カルロス4世の家族〉でNGを出している。パトリックがエキストラのマガリ(マガリ・カンポ)と帰るのを見て、製作進行係のソフィー(ソフィー・ルカシェフスキー)は大荒れ。ハンナはジェルジーに出演を迫られるが、迷っていた。小切手の支払いを請求されたミシェルは、のらりくらりとかわして金を払おうとはしない。ホテルのメイドのサラ(サラ・ボーシェーヌ)はヨガにこり、ジェルジーの前でアクロバティックな姿勢をとる。ついに撮影隊は決裂。ジェルジーに愛を迫るイザベル。ラズロが彼にアメリカ行きを迫り、ハンナが彼の服をなおしたからと会いに来る。ミシェルは工場をたたむ。雪道をハンナが、イザベルが、ジェルジーが出発する。

1982年製作/88分/フランス・スイス合作
原題:Passion
配給:フランス映画社

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第35回 カンヌ国際映画祭(1982年)

受賞

コンペティション部門
フランス映画高等技術委員会グランプリ ラウール・クタール

出品

コンペティション部門
出品作品 ジャン=リュック・ゴダール
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る