ピアニスト
ホーム > 作品情報 > 映画「ピアニスト」
メニュー

ピアニスト

劇場公開日

解説

2001年カンヌ映画祭でグランプリ、最優秀主演女優賞、主演男優賞の3冠を独占。監督ハネケは42年ドイツ生まれ。97年「ファニーゲーム」がカンヌコンペ部門に招待され、00年のジュリエット・ビノシュ主演「コード・アンノウン」は同祭エキュメニック賞受賞、続く本作でカンヌを制覇。主演は、2度目のカンヌ主演女優賞のイザベル・ユペール。エリカは、国立音楽院の厳格なピアノ教授。学生ワルターは彼女に恋して授業を受けるが……。

作品データ

原題 La Pianiste
製作年 2001年
製作国 フランス
配給 日本ヘラルド映画
上映時間 132分
映倫区分 R15+
オフィシャルサイト  

受賞歴

第54回 カンヌ国際映画祭(2001年)

受賞
コンペティション部門
グランプリ ミヒャエル・ハネケ
女優賞 イザベル・ユペール
男優賞 ブノワ・マジメル
出品
コンペティション部門
出品作品 ミヒャエル・ハネケ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

制度と欲望、支配と服従が、入り組み、そして転倒する
ピアニストの映画評論・批評

キューブリックは、マチズモ(男性優位主義)がいかに制度化され、男たちの本能や欲望を規定し、そして女の前にそのもろさを露呈するかを描いた。挑発的なスタイルで異彩を放つハネケ監督の新作では、女を主人公にそれと似た主題が掘り下げられていく。...ピアニストの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全15件)
  • 気持ち悪いけど興味深い最後の表情は見たことない。 ネタバレ! おそらく父親が抜けた跡であろうベッドに並んで横になるユペール。シューベルトの才能がある教え子の話をするが、シューベルトはお前のものだ。誰にも負けちゃいけないよ。と諭される。幼い頃からこう言われて... ...続きを読む

    ほぼぼーぼぼーぼぼ ほぼぼーぼぼーぼぼさん  2019年2月6日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • 変質的 序盤は厳格なピアニストと年下の生徒との切ない恋愛という予想していた通り話が進んでいくのですが、段々と「アレ?この映画なんかおかしいぞ・・・」と気づき始めます。 そして、後半になって一気に正体を露... ...続きを読む

    ジーナ(レビューはFilmarksに移籍しました) ジーナ(レビューはFilmarksに移籍しました)さん  2018年11月12日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • こじらせピアノ講師の狂気 ・個室ビデオで使用済みティッシュを嗅ぐ、バスタブで股間にカミソリをあてる、カーセックスを覗いて放尿など生理的に嫌悪感を抱くような性的倒錯シーンの数々 ・緊縛を要求する、物置部屋でフェラしたら嘔吐... ...続きを読む

    mimiccu mimiccuさん  2018年6月14日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

30日間無料トライアル 月額400円で映画見放題

エル ELLE ハッピーエンド ヴィオレッタ 未来よ こんにちは
エル ELLE (字幕版) ハッピーエンド (字幕版) ヴィオレッタ (字幕版) 未来よ こんにちは (字幕版)
  • Powered by Amazon

他のユーザーは「ピアニスト」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報