映画 中二病でも恋がしたい! Take On Me

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
映画 中二病でも恋がしたい! Take On Me
映画 中二病でも恋がしたい! Take On Me
53%
32%
10%
2%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

京都アニメーション制作による「中二病でも恋がしたい!」の劇場版。重度の「中二病」患者であるヒロインの小鳥遊六花と、かつて痛い発言を繰り返していた黒歴史を持つ少年・富樫勇太の恋愛模様を描く人気シリーズで、テレビ第1期「中二病でも恋がしたい!」、劇場版第1弾「小鳥遊六花・改 劇場版 中二病でも恋がしたい!」、テレビ第2期「中二病でも恋がしたい!戀」に続く、完全新作の物語が展開される。18歳になり、卒業や大学受験も見えてきた高校3年生の春。富樫勇太と小鳥遊六花は変わらず共同生活を続けていた。そんなある日、六花の姉・十花が、仕事も安定したので家族でイタリアに移住すると言い出す。このままでは六花と引き離されてしまうことに焦った勇太は、友人たちに「駆け落ち」を提案され……。監督の石原立也、脚本の花田十輝をはじめ、メインスタッフ&キャストが続投。

2018年製作/98分/G/日本
配給:松竹

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22

(C)虎虎/京都アニメーション/中二病でも製作委員会

映画レビュー

3.5改めてタイトルが良いと感じた

2018年1月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

萌える

シリーズの完全新作でおそらくこれで完結だと思うが、大変良い着地を迎えた。勇太と六花の関係も前進させつつ、これからの2人のあり方も、このシリーズなりの前向きなあり方をきちんと提示してくれた。

改めてタイトルが良く考えられてるいるな、と思った。中二病を卒業して、現実の中で恋を取る、それが成長だと安易に言わずに、『中二病でも恋がしたい』と爽やかに言い切った。中二病という言い方は、中学二年の感性から抜けずに精神的に成長してない、みたいな意味を含んでいるだろうが、それを抱えたまま成長することができるんだというのは素敵なこと。そこからもっと広く、自分らしく生きることが素晴らしいということまで、今回の劇場版は言えている。

本編始まる前に観客が撮影OKの短編フォトセッションがあるのだが、最近のアニメ映画にはこういうサービスがある。実写映画でもやってもいいんじゃないかと思う。SNS時代の口コミとファンサービスという点で良い取り組みだと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
杉本穂高

4.5笑ってキュンキュン

2020年9月2日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

笑える

楽しい

「中二病でも恋がしたい」存在自体は知っていました。でもなかなか手が出ず、、(自分自身かなり痛い中二病患者だったので)アマゾンプライムにきたきっかけで手を出しました。すごく面白いですね。笑えるところはめちゃくちゃ笑えてキュンキュンするところはちゃんと心にくる。個人的にはラブホのくだりが一番好きです。ラストシーンはちょっと泣きそうになりました。見て良かった映画ですね。
多分「主人公が痛すぎてギブ」って人もいると思いますがそんなに主人公に嫌悪感も覚えないし見て見てはいかがですか?
ただ唯一の不満をあげれば序盤のアクションがすごく良かっただけあってもうちょっと見て見たいなーとも思いました。まあただのわがままですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
赤だるま

4.0声優の長妻樹里さん、見事でした。

よしさん
2020年6月9日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

イタリア行きの話が持ち上がった六花を守る為、駆け落ちすることになった勇太と六花の物語。

人気の「中二病でも恋がしたい」の完結編の位置づけの映画でしょうか?
「駆け落ち」という名の珍道中。二人のボケ突っ込みが面白く可愛らしく、笑顔になります。
それでも「駆け落ち」という名の二人だけの旅。まだ心の準備が整わない二人が初々しく、これも笑顔になります。

ただ、ストーリーはかなり無理をしている印象があります。具体的には他の主要キャラの扱いです。「駆け落ち」である以上、彼女たちの出番は殆どないわけで・・・丹生谷や凸守を、どのように物語に絡めていくか?にかなり苦心したように感じます。その分、やや辛口の評価にしました。

この映画の見所は、ラスト近くの七宮のセリフに尽きます。
勇太に対して抱いた恋心。自身の中二病に対するこだわりから、その気持ちを封印した過去。でも、目の前には中二病を患いながらも勇太と相思相愛になった六花がいる。七宮が六花に対して抱く気持ちってどんな気持ちなのでしょう?「羨望?」「嫉妬?」「妬み?」。でも、友人である六花を応援したい気持ち。そんな気持ちが混ざり合って出たセリフ。石原監督がどのような意図だったかは分かりませんが、七宮の感情を押し殺した声が、その声の下に爆発しそうな気持を感じる一言が、切なさを感じさせました。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
よし

4.5満足です… 2日前に初めてアニメ版を観て前日までに2期までに視聴完...

2018年3月16日
iPhoneアプリから投稿

満足です…
2日前に初めてアニメ版を観て前日までに2期までに視聴完了して、聖地近くの映画館の上映最終日に観に行きました…
地上波版の流れをそのままに蛇足感なくできていたと思います。
相変わらずのやりとりで観てて幸せになりました←

あえてあげるなら展開がマンネリしているところでしょうが、内容は進歩してるので問題なしです 笑
中二病のテーマを存分に活かした素晴らしい作品です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もじょも
すべての映画レビューを見る(全49件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「中二病でも恋がしたい!」シリーズ関連作品