パンク侍、斬られて候

劇場公開日

  • 予告編を見る
パンク侍、斬られて候
12%
28%
29%
15%
16%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

芥川賞作家・町田康が2004年に発表した異色時代小説を、「新宿スワン」の綾野剛主演、「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」の宮藤官九郎による脚本、「狂い咲きサンダーロード」の石井岳龍監督のメガホンで映画化。江戸時代を舞台に、隠密ミッションをめぐって繰り広げられる10人の男たちの腹の探り合いと、1人の女をめぐる恋の行方、そして謎の猿将軍が明かす驚がくの真実を描き出す。超人的剣客にして適当なプータロー侍の主人公・掛十之進を綾野が演じ、喜怒哀楽と活劇が入り交じる難役に挑む。共演にも北川景子、東出昌大、染谷将太、浅野忠信、永瀬正敏ら豪華実力派俳優陣が集結。さらに物語の鍵を握る猿将軍・大臼延珍(デウスノブウズ)を、永瀬正敏が特殊メイクで演じる。

2018年製作/131分/G/日本
配給:東映

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
原作
町田康
脚本
宮藤官九郎
製作
若泉久央
エグゼクティブプロデューサー
西澤力
笹岡敦
企画
伊藤和宏
プロデュース
伊藤和宏
プロデューサー
湊谷恭史
共同プロデューサー
上田徳浩
鈴木健太郎
古賀俊輔
紀伊宗之
新野安行
特撮監督
尾上克郎
美術
林田裕至
撮影
松本ヨシユキ
照明
宮西孝明
録音
古谷正志
キャラクターデザイン
澤田石和寛
衣装デザイン
澤田石和寛
編集
武田峻彦
音楽
森俊之
主題歌
セックス・ピストルズ
エンディングテーマ
感覚ピエロ
テクニカルプロデューサー
大屋哲男
VFXプロデューサー
道木伸隆
VFXスーパーバイザー
森田淳也
アクションコーディネーター
諸鍛冶裕太
振付
振付稼業air:man
助監督
茂木克仁
キャスティングディレクター
杉野剛
スクリプター
田口良子
サウンドデザイン
勝本道哲
サウンドエディター
勝俣まさとし
ラインプロデューサー
齋藤大輔
イメージビジュアル撮影
紀里谷和明
全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)エイベックス通信放送

映画レビュー

4.0言葉が牽引する前半とは打って変わって、後半は石井の怪物性が炸裂

2018年6月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

興奮

さてこのどこからどう見てもけったいな代物をどう表現すればいいのか。町田康の文体をナレーション付きで表現するのも極めて難易度の高い創造的作業だが、その難しいセリフまわしを自分のものにして体現する役者たちにもヒヤヒヤ、ドキドキさせられる映画である。本作は町田、それに脚色を手がけた宮藤の技もあって、前半では言葉に牽引される部分が多い。そこに『狂い咲きサンダーロード』や『爆裂都市』で伝説を刻んだ石井岳龍のパワフルな怪物性がニョキニョキと巨大なツノを生やして本性を露わにするのはむしろ後半になってから。そこではもう映像と言葉が完全に調和し、画面がそして身体が自ずと突き動かされるようにスイングを始める。何がどうなるのかは口が裂けても言えないが、頭を抱えてしまうほど混乱と破滅と狂気と興奮に満ちたボルテージみなぎる映像世界には、日本映画界にこの人あり、と指をさしてしまいたくなるほど敬服の思いが沸き起こった。

コメントする
共感した! (共感した人 30 件)
牛津厚信

4.5原作からして

2021年11月8日
iPhoneアプリから投稿

無理無理!!映画化なんて無謀この上ない。映画界に喧嘩売ってんのか、相手にされないとわかっているのか?からこそウケるウケる。

たまらなくウケるでござりまするこんちくしょーでありんす。

芥川賞は芸術的な純文学なのーーー!このやろめ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
大粒 まろん

2.5かなり観る人を選ぶ作品

白波さん
2021年10月31日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

プライム・ビデオ鑑賞
石井岳龍監督と官九郎の脚本、そこに集まった超絶豪華なキャスト達。
描かれている世界が実にアナーキー、このノリは好きです。
しかし序盤は勢いで突き抜けたものの、終盤はかなりカオス。
最初は風刺が効いていた脚本も、やりたい放題というかただ不思議な世界を見続ける時間になってました。
かなり観る人を選ぶ作品ですが、酔っぱらって見てるとちょうど良い感じでしたよ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
白波

4.0原作ファンのクドカンファンです!最高!

美咲さん
2021年10月2日
iPhoneアプリから投稿

もともと原作を読んで衝撃を受け、町田康さんのファンになり、他の作品も読んでいたのですが
きっかけになったこの作品が、これまた私の大好きなクドカンで映画化するとは、聞いたとき飛び上がるほど感激しました。
ただ、あれを実写にするって、相当難しいのでは(クソ映画になる可能性が大いにあるな)と思っており、覚悟して鑑賞しましたが、個人的に、そんな心配を裏切る最高映画でした!

なんとなく分かっていますが、この映画を最高だと言う人間は、きっと多くないと思います。私も、原作を読まずに「綾野剛と若葉竜也だいすき!おもしろクドカン映画の新作か〜期待しちゃお!」というようなテンションでこの映画を鑑賞していたら・・・違った感想だったかもしれません。

この滑稽なエンターテインメントを一流の俳優陣がクソ真面目に演じていること、強すぎる風刺は薄寒い気がして茶化してしまうが、それをまた高いクオリティのアクションと映像美で作品を陳腐化させようとするような態度、全部ひっくるめて、パンクロックのような映画でした。

INUみたいなパンクな音楽のエンディングを予想していたのですが(INUも大好き)、予想に反してトレンドっぽい綺麗目なエンディング曲で(知らん曲でしたが)このバランスもまた良いな〜と思いました。

思想が偏りすぎるのは恥ずかしいから中和するんですけど、その中和して振り切らない感じが丁度良くかっこ悪くて、かっこいいんですよね〜。

もう一回原作読み直そうっと。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
美咲
すべての映画レビューを見る(全209件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る