ザ・プレデター

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ザ・プレデター
8%
37%
36%
14%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1987年の1作目公開以来、世界中に多くのファンを生み出した「プレデター」シリーズの正統続編として製作されたSFアクション。驚異的な格闘センスや戦闘能力、そして侍を彷彿とさせる武士道を持ち合わせる戦闘種族プレデターと人類の戦いを描く。元特殊部隊員の傭兵クイン・マッケナは、メキシコのジャングルに墜落した宇宙船と、その船に乗っていたプレデターを目撃。プレデターの存在を隠匿しようとする政府に拘束されてしまう。クインは、墜落現場から持ち帰っていたプレデターのマスクと装置を自宅に送り届けていたが、クインの息子で天才的な頭脳をもつ少年ローリーが装置を起動させてしまう。装置から発せられるシグナルによってプレデターがローリーのもとに現れ、さらにそのプレデターを追い、遺伝子レベルでアップグレードした究極のプレデターまでもが姿を現す。出演は「LOGAN ローガン」のボイド・ホルブルック、「X-MEN:アポカリプス」のオリビア・マン、「ルーム」のジェイコブ・トレンブレイ。シリーズ1作目「プレデター」に特殊部隊員として出演した経験を持つ、「アイアンマン3」のシェーン・ブラック監督がメガホンをとった。

2018年製作/107分/R15+/アメリカ
原題:The Predator
配給:20世紀フォックス映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

映画レビュー

3.5プレデターにドリフのコント魂を注入

村山章さん
2018年9月23日
PCから投稿

笑える

楽しい

シェーン・ブラックがアクションホラーに適任だったかどうかはわからない。アクション描写が終始わちゃくちゃしている印象だし、ストーリーにも穴は多い。しかしそれでも、シェーン・ブラックらしい不謹慎で食えない男どもが集まってくると、独特のコメディとしての魅力があふれ出す。これはシェーン・ブラック版『特攻大作戦』か。いや、もはや岡本喜八の『独立愚連隊』シリーズのノリだ。不真面目なはみ出し者たちが、なりゆきから命を張る意地と友情の物語。ギャグのセンスに合う合わないはあるだろうが、風紀委員にイタズラを仕掛けるような悪ガキムードを楽しんだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
村山章

3.5プレデターの中で一番面白い

2021年5月31日
iPhoneアプリから投稿

プレデターは1番最初が1番評価が良さそうなイメージがあるがシュワちゃんや、思い入れも考慮されてると思う。
今作が個人的に1番楽しめた。
メンバーがちょっとイカれた軍人チーム、個性的で憎めなくてラストはちょっと泣きそうになってしまった。
主人公の息子が頭がとてもよくて、よく見たらワンダーの子なのね、とても優秀でプレデター退治に一役買ってたりチームワークが素晴らしい。
今作はところどころでブラックジョークが光るね。
ウーピーゴールドバーグのくだりはめちゃくちゃ笑った。
ラストがちょっと、マーベル映画の成功で便乗しようとした感じがちょっと残念。
プレデターは人間が頑張って、足掻く姿がキモなのにあんなスーツ出てきたら台無しになりそう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まあ映画好

3.5ストーリー云々、難しいことは考えずにただただ楽しく鑑賞。戦うメンバ...

2021年3月19日
iPhoneアプリから投稿

ストーリー云々、難しいことは考えずにただただ楽しく鑑賞。戦うメンバーのキャラ設定もそれぞれの魅力があり、好印象。残酷シーンはいつも通りだが悪い後味はひきずらなかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tsumu miki

3.5プレデターって日本の特撮の「宇宙海賊ブーバ」が元ネタらしい

dee909さん
2020年12月13日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

ジャングルの中でプレデターと戦うシーンから始まる本作ですが、シュワちゃんが主演していた初代を思い出す演出でニヤリ。監督さんが初代の出演者だったんですね。いいリスペクトです。新旧プレデター同士の仲間割れとか、割と大雑把な展開に賛否両論ありますが、私は好きですね。2時間未満と比較的短い時間の中で中だるみせずラストまで楽しめました。

南極の遺跡でエイリアン狩りを楽しみ、地球人と共闘するプレデターも好きだけど、やっぱり彼らはその凶暴性で人間を狩りまくる恐ろしい捕食者であってほしい。そんな部分がしっかり描かれつつ、X-MENなどのスタッフも加わって、派手なVFXでリッチかつグロい演出が施されています。まさかあの低予算映画がここまでのビッグタイトルになるとは…と感慨深い気持ちになりました。

そうそう。プレデター犬、あれはなんだったのでしょう?頭を打たれたショックで味方になった、という割にあまり役に立っていなかったような…何か新しい要素をと思って入れたのでしょうけど、あの役割は最初に出てきた可愛いボクサー犬で良かったのでは?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
dee909
すべての映画レビューを見る(全235件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「プレデター」シリーズ関連作品