ラッカは静かに虐殺されている

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ラッカは静かに虐殺されている
29%
50%
19%
1%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

メキシコ麻薬戦争を追った「カルテル・ランド」のマシュー・ハイネマン監督が、5年間での死亡者が43万人にものぼる戦後史上最悪の人道危機と言われるシリア内戦に肉薄したドキュメンタリー。シリア北部の街ラッカを過激思想と武力で勢力を拡大するイスラム国(IS)が制圧し、ラッカの街はISの首都とされた。かつては天国と呼ばれ、穏やかだった街は爆撃により廃墟と化し、残忍な公開処刑が日夜繰り返されていく。匿名の市民によって結成されたジャーナリスト集団「RBSS」(Raqqa is Being Slaughtered Silently=ラッカは静かに虐殺されている)は、海外メディアも報じることができないこの惨状を国際社会に伝えるべく、スマホを武器に街が直面している現実を次々とSNSに投稿。そのショッキングな映像に世界が騒然となったが、RBSSの発信力に脅威を感じたISはRBSSメンバーの暗殺計画に乗り出す。

2017年製作/92分/アメリカ
原題:City of Ghosts
配給:アップリンク

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)2017 A&E Television Networks, LLC | Our Time Projects, LLC

映画レビュー

4.0現実の戦争と情報戦争

ローチさん
2018年4月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

難しい

シリアのラッカに暮らす、市民たちが町の凄惨は現状を世界に伝えるために結成した市民ジャーナリスト「RBSS」(Raqqa is Being Slaughtered Silently=ラッカは静かに虐殺されている)の戦いを描くドキュメンタリーだ。本作における戦争は、文字通りのシリアで起きている悲惨な物理的戦争と、ISISとRBSSとの間で行われる「情報戦争」の2つだ。戦争の悲惨さを訴える虐殺行為を捉えた実際の映像も使用されていて、そちらに目を奪われるが、作品テーマとしては、インターネットを舞台にした情報戦の実態にある。

ISISのプロパガンダ映像に対して、命がけで現場の情報を世界に発信していく。スマートフォンは現代の武器だ。ISISにとっても彼らの情報発信力は脅威であるから、命を狙う。

「新聞記者は戦争を始めることができる」とサラエヴォ出身のイビチャ・オシム氏は言っていたが、戦争において情報戦は昔から重要だった。しかし、それはプロのジャーナリストや諜報機関の分野だったものが、市民レベルにまで浸透しているのが現代だ。

この映画は、その最前線を描いている。今の時代を知るためにとても有意義な作品だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ローチ

4.0銃社会で無くても国家が崩壊するとどうなるのか?

2020年5月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

シリア・ラッカにてイスラム国ISの極悪非道を世界に配信するジャーナリスト集団RBSSにカメラが迫ったドキュメンタリー。

40年近くあったアサド政権の崩壊、そしてアラブの春。
学生らが革命に参加。その後彼らはスポークスマンやカメラマンになっているのが興味深い。

政権空白期間、ラッカに進出してきた集団があった。
イスラム国だ。
彼らは「我らが来たからには大丈夫だ」と広場に来た住民に人殺しを見せ圧力を掛ける。
彼らは新国を建国する。

RBSSもこの頃発足するのだがにISが黙っている訳が無く、彼らにも危険が。
トルコやドイツに拠点を設けてもISはすぐに嗅ぎつける。

ラッカに残る人間、外に出て情報を発信する人間。
どちらも地獄だ。

ISは最新撮影技術や編集技術にて自らを正当化し兵士を募集。メディアにも力を入れていたのが分かる。
反逆者を見せしめ、配信して恐怖を植え付ける。

武力と情報操作。ISは巧みにした訳だが、私は他人事では無いと感じた。
もし、日本も国家が崩壊し第二第三勢力が侵入、もしくは巧みに乗っ取られ、日本の武力も掌握された時どうなるのか?
ISと方法や順番違えども、ある規模の団体なら1人の指導者にてやりかねない話であるし、過去オウム真理教なんてあった訳だし。

「国に隙を作るな」と感じたドキュメンタリー。
シリアの悲しい事実。
色々な国の人々に受け入れて貰いたい。
他人事では無い。無関心ではいけない。
そんな映画だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
巫女雷男

3.5シリアを知る旅がここから始まる

2018年10月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

自主企画「シリア発見」の第1弾。

旧ユーゴスラビアや旧ソ連の民族間戦争を描いた作品が続いたが、いよいよシリアの内戦を描いた作品が登場する。3年間で43万人が死亡したというシリアの内戦。

今作はIS(イスラム国)という理不尽な武装集団に占拠され廃墟と化した都市ラッカと、SNSでISに情報戦を仕掛けた若者たちを描く。死と背中合わせの緊迫したドキュメンタリーだ。

「シリア発見」の第2弾は「ラジオ・コバニ」!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
エロくそチキン

5.0知らないことは正しく知ろう

2018年9月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

映画館でやっている時に、なかなか都合がつかずに見ることができなかった。けど、amazon prime videoで見た。
ラッカで何が起こっていたのか、報道の情報源はどこだったのか、どうやって情報を得ていたのか・・・何も知らなかった。本作を観て良かった。今や物理的にはISは潰された。しかし、作品の中でもあったように、団体だけが問題なのではなく、思想が残ることが問題。
さらには、ISだけでなく、宗教、人種、民族、政治信条などの違いを認めない不寛容全般に対する警告でもあろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
こばりん
すべての映画レビューを見る(全27件)

他のユーザーは「ラッカは静かに虐殺されている」以外にこんな作品をCheck-inしています。