移動都市 モータル・エンジン

劇場公開日

移動都市 モータル・エンジン
10%
41%
36%
10%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

フィリップ・リーブの小説「移動都市」を「ロード・オブ・ザ・リング」「ホビット」のピーター・ジャクソン製作、脚本で映画化。「60分戦争」と呼ばれる最終戦争から数百年の時が過ぎ、わずかに残された人類は地を這う移動型の都市で生活することを余儀なくされた。巨大移動都市ロンドンは、都市同士が捕食しあう弱肉強食の荒れ果てた地でその支配を拡大させ、小さな都市を捕食することで成長を続けている。そんなロンドンの指導者的立場にあるヴァレンタインに対し、過去のある出来事から復讐心をたぎらせる少女ヘスターは、ある小都市がロンドンに捕食される騒ぎに乗じてロンドンに潜入。ヴァレンタインに刃を向けるが……。へスター役は「アンナ・カレーニナ」などに出演したアイスランド出身の新鋭ヘラ・ヒルマー、仇敵となるヴァレンタイン役をヒューゴ・ウィービングが演じた。監督は、これまでのピーター・ジャクソン作品にストーリーアーティストや視覚効果、第2班監督などで携わり、「キング・コング」ではアカデミー視覚効果賞を受賞したクリスチャン・リバーズ。

2018年製作/129分/G/アメリカ
原題:Mortal Engines
配給:東宝東和

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5ビジュアル先行、物語は説得力に欠ける

2019年2月27日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

興奮

英作家の冒険ファンタジー、ピーター・ジャクソン率いるニュージーランドの製作陣とくれば、当然「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズの壮大な世界観と心揺さぶるドラマ、独創性と物量の両方で圧倒する視覚効果を期待したくなる。クリスチャン・リヴァースは1992年の「ブレインデッド」からピージャク作品に携わり、「キング・コング」ではオスカーの視覚効果賞を獲ったバリバリのVFX使い。そんなリヴァースの長編監督デビューとなる本作だが、キャストの魅力、演出力、物語の深み、どれも物足りない。

“もうひとりの主人公”と言ってもいい移動都市の、ばかばかしいほどの巨大さと暴力性、猛スピードで爆走する迫力は、さすが視覚効果マンならではの力の注ぎようで見所となってはいる。だがそれ以外の部分に資金と労力が回らなかったか。続編を作るにしても、座組を変える必要がありそう。ジヘ役アナ・ファンのアクションは良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 13 件)
高森 郁哉

3.0既視感も魅力のひとつ

2021年8月9日
PCから投稿

原作未読です。
既視感はありましたが、私は最後まで夢中になれました。
冒頭、巨大都市ロンドンがハウルの城を実写化したみたいな小さな都市を呑み込む場面は大迫力でした。草原の小動物が猛獣に捕まって飲み込まれていくかのような光景でしたが、実際は小動物ではなく、人の住む都市。その様子を歓声を上げながら興奮気味に見るロンドンの市民達。大迫力ではありましたがこの市民達に怖さ感じました。目の前の出来事に一喜一憂するだけで、何も学ぼうとしない彼ら。そういう人達が過ちを繰り返すのだと、この冒険ファンタジーは伝えているように思いました。

登場人物達もそれぞれに魅力的ですが、中でもシュライクは印象的でした。その見た目から悪い奴だと決めつけていましたが彼にも哀しい過去がありました。ヘスターとの思い出が走馬燈のように蘇るシーンは泣きそうになりました。

要所要所で様々な映画のシーンを思い起こしたりもしましたが、それも含めてファンタジーの世界を堪能できました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
セロファン

3.5結構好きだ!!

2021年6月12日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

単純

劇場公開時は評判が良くなくてスルーしてしまいましたが、空想の産物感があり、また音響も迫力があるので劇場に観に行けば良かったです。捕食時に白兵戦が発生しないので大味に思いましたが、民衆の熱狂が凄まじいのできっと実入りが多いのだろうなと、何か独自性を感じました。ロンドンだけではなく、パリやウィーン、ベルリン等も登場し、それぞれ特色があって、またお約束ですぐやられたりしたら、初代パシフィック・リムのような人気作になれたかも知れません。ストーリーは無駄が無いぶん駆け足気味に感じましたが、まとまっていてディズニーのSWより遥かに良いと思います。最初はキャサリンがヒロインかと思ったらあまり出番がなく、都市バトルや各キャラクターの描写も物足りなく感じましたが、しつこくなくて丁度良いとも言えます。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
𝔸𝕟𝕘𝕖𝕝𝕠

ストーリーはつまらないが、宮崎駿の世界観てんこ盛り。

2021年6月8日
スマートフォンから投稿

原作は未読。
色々と詰め過ぎ?、の為、全てが中途半端。
原作に罪はない。

唯一良かったのは、ナウシカとラピュタとハウルの実写版が観れたこと!。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
映画マジ好君
すべての映画レビューを見る(全157件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「移動都市 モータル・エンジン」以外にこんな作品をCheck-inしています。