移動都市 モータル・エンジン

劇場公開日:

移動都市 モータル・エンジン

解説

フィリップ・リーブの小説「移動都市」を「ロード・オブ・ザ・リング」「ホビット」のピーター・ジャクソン製作、脚本で映画化。「60分戦争」と呼ばれる最終戦争から数百年の時が過ぎ、わずかに残された人類は地を這う移動型の都市で生活することを余儀なくされた。巨大移動都市ロンドンは、都市同士が捕食しあう弱肉強食の荒れ果てた地でその支配を拡大させ、小さな都市を捕食することで成長を続けている。そんなロンドンの指導者的立場にあるヴァレンタインに対し、過去のある出来事から復讐心をたぎらせる少女ヘスターは、ある小都市がロンドンに捕食される騒ぎに乗じてロンドンに潜入。ヴァレンタインに刃を向けるが……。へスター役は「アンナ・カレーニナ」などに出演したアイスランド出身の新鋭ヘラ・ヒルマー、仇敵となるヴァレンタイン役をヒューゴ・ウィービングが演じた。監督は、これまでのピーター・ジャクソン作品にストーリーアーティストや視覚効果、第2班監督などで携わり、「キング・コング」ではアカデミー視覚効果賞を受賞したクリスチャン・リバーズ。

2018年製作/129分/G/アメリカ
原題:Mortal Engines
配給:東宝東和

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5ビジュアル先行、物語は説得力に欠ける

2019年2月27日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

興奮

英作家の冒険ファンタジー、ピーター・ジャクソン率いるニュージーランドの製作陣とくれば、当然「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズの壮大な世界観と心揺さぶるドラマ、独創性と物量の両方で圧倒する視覚効果を期待したくなる。クリスチャン・リヴァースは1992年の「ブレインデッド」からピージャク作品に携わり、「キング・コング」ではオスカーの視覚効果賞を獲ったバリバリのVFX使い。そんなリヴァースの長編監督デビューとなる本作だが、キャストの魅力、演出力、物語の深み、どれも物足りない。

“もうひとりの主人公”と言ってもいい移動都市の、ばかばかしいほどの巨大さと暴力性、猛スピードで爆走する迫力は、さすが視覚効果マンならではの力の注ぎようで見所となってはいる。だがそれ以外の部分に資金と労力が回らなかったか。続編を作るにしても、座組を変える必要がありそう。ジヘ役アナ・ファンのアクションは良かった。

コメントする (0件)
共感した! 15件)
高森 郁哉

4.0美術、映像は良いがストーリーが陳腐すぎる

2022年9月18日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
tabletap

3.0舞台美術や独善的世界観が楽しめる凄い迫力の映画。

2022年8月25日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

興奮

内容は、今から1700年後の未来残された人類は新たな生き残りを掛けて移動するデカイ街と共に反対勢力と戦うのであった。その世界観の中で繰り広げられる人間模様に光を当てた物語。好きな言葉は『お前コイツを愛しているのか?!』主人公ヘスターに向けて育ての父親でもある人造人間のシュライクがかける言葉。その言葉でシュライクが人間であった頃の記憶が蘇り愛を知り成仏する姿が走馬灯の様に駆け巡り落ちていく空中都市と静かなピアノと相まって切なくもあり嬉しくもある様な、監督が人間を描きたいと言っていた事の一端を垣間見た様な気持ちに慣れて非常に良かったです。好きな場面は、やはりデカイ大ロンドンの外観と内観で階層ごとに分かれた階級社会の服装や街並みなどの細かな設定と小大道具に驚かされました。宮崎駿の天空の城ラピュタの設定資料の全盛期の様な感じの地上バージョンみたいで想像を映像化されたことへの意気込みを感じまし、プレビズも含め10年間の制作期間と150億円とも云われる予算には驚かされました。内容には大雑把な伏線や過度な人間関係とタイミングなど安易な雰囲気は否めませんが、それを推して余るデカさと映像の美しさには映画館で見れなかった悔しさも感じます。個人的な好みですが、凄い映画は面白くなくても良いと思うので地を這う都市は凄かったです。

コメントする (0件)
共感した! 6件)
コバヤシマル

4.0ジブリ名作の実写化か…(笑)

2022年8月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

見逃していた作品を、Amazon primeで鑑賞。

これまでの評価はそれほど高くはないが、自分的には、なかなか面白かった。舞台は、世界が滅亡した『60分戦争』の、数百年後の荒れ果てた地球。生き残った人々が、鉄の塊の巨大戦車の様な移動都市に暮らし、強き移動都市が弱き移動都市を捕食し合う、弱肉強食の世界。

その頂点に立つ『ロンドン』の移動都市も、資源が尽き、運営が困難になっていく中、リーダーであるヴァレンタインは、ある恐ろしい計画を企む。そんなヴァレンタインに対して、嘗て、母を殺され、自分の顔にも酷い傷をつけられた少女・ヘスターは、復讐を誓い、ロンドンに乗り込む。そんなヘクターの復讐劇が、VFXを駆使した移動都市の壮大な迫力ある視覚効果と共に迫ってくる。

最近のSF作品は、ストーリーや登場人物の設定が、複雑な作品が多い中、本作は、ヴァレンタインの野望とヘスターの復讐を軸に、ヴァレンタインの企てを、命がけで阻止するという、分かりやすい展開となっていた。また、ラストには、サプライズ的な2人の因縁も描かれていることで、ドラマチックな人間関係も含めていた。

但し、確かに度肝を抜く迫力ある映像で面白かったが、どこかで観たことのある乗り物や設定が気になった。ジブリ名作をかなり意識している、と言われても致し方ないシチュエーションが目立った。

例えば、
『ハウルの動く城』
・ハウルの城をバージョンアップした、鉄の塊の移動都市
『風の谷のナウシカ』
・戦争によって荒れ果てた地球上に残された、わずかな人々の世界
・地面を蠢く王蟲のような移動都市
・巨神兵を彷彿とさせる、最終兵器の凄まじい熱光線
『天空の城ラピュタ』
・ロンドンと対峙するジヘの操縦する飛行機は、ドーラの飛行機そっくり
・空に浮かぶ天空の基地は、正にラピュタ
・そして、シータ役が主人公の強き少女・ヘスター、パズー役がシータの協力者の男子・トム
等々・・・。

しかし、だからと言って、面白くないわけではないし、それを念頭に入れて似た所探しをしながら観るのも、それなりに十分に楽しめると思う。まあ、さながらハリウッドが、本気になってジブリ作品を意識して、実写化したような、しないような…。

主要人物はのヘスター役のヘラ・ヒルマ―やトム役のロバート・シーハンは、あまり馴染みは無かったが、ヴァレンタインには、あの『マトリックス』のエージェント・スミスを演じたヒューゴ・ウイービングが、憎たらしいラスボス役として務めている。

コメントする (0件)
共感した! 13件)
bunmei21
すべての映画レビューを見る(全163件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「移動都市 モータル・エンジン」以外にこんな作品をCheck-inしています。