ボリショイ・バレエ in シネマ「黄金時代」

ボリショイ・バレエ in シネマ「黄金時代」

解説

ロシアの名門「ボリショイ・バレエ団」のステージを映画館で上映する「ボリショイ・バレエ in シネマ」の1作で、巨匠ユーリー・グリゴロービチ振付によるショスタコービチ作曲の「黄金時代」(2016年10月16日収録)をスクリーン上映。1920年代、ロシア南部の海辺の街。漁師の青年ボリスは祭でリタと出会うが、雑踏の中で彼女を見失ってしまう。その後ボリスは、酒場「黄金時代」で踊り子をしているリタと再会。しかし彼女は、地元ギャングのボスであるヤーシュカの恋人だった。ボリスとリタは愛を誓い合うが、嫉妬深いヤーシュカは彼女を許さない。一方、ヤーシュカに思いを寄せる仲間リューシカは、彼の気を引こうとするが……。

2016年製作/ロシア
原題:Bolshoi Ballet in Cinemas: The Golden Age

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)Pathe Live Japan agent dbi, Inc.

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く

「ボリショイ・バレエ in シネマ」シリーズ関連作品