ボリショイ・バレエ in シネマ「じゃじゃ馬ならし」

ボリショイ・バレエ in シネマ「じゃじゃ馬ならし」

解説

ロシアの名門バレエ団「ボリショイ・バレエ団」のステージを映画館で上映する「ボリショイ・バレエ in シネマ」の1作。国際的に高く評価される振付師ジャン・クリストフ・マイヨーがシェイクスピアの喜劇をユーモラスかつスリリングに描いた「じゃじゃ馬ならし」(2016年1月収録)をスクリーン上映。ひねくれ者のじゃじゃ馬娘カタリーナを早く嫁がせるべく奔走する父バプティスタ。しかしそんな彼女の前に現われたのは、似た者同士のあまのじゃく、ペトルーチオだった。

2016年製作/ロシア
原題:Bolshoi Ballet in Cinemas: The Taming of the Shrew

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C)Pathe Live Japan agent dbi,Inc.

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く

「ボリショイ・バレエ in シネマ」シリーズ関連作品