ボリショイ・バレエ in シネマ Season 2017-2018 「海賊」

劇場公開日

ボリショイ・バレエ in シネマ Season 2017-2018 「海賊」
0%
100%
0%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ロシアの名門バレエ団「ボリショイ・バレエ団」のステージを映画館で上映する「ボリショイ・バレエ in シネマ Season 2017-2018」の第1弾。19世紀にマリウス・プティパが振付けたエキゾチックな古典作品を、現代バレエ界をリードする振付師アレクセイ・ラトマンスキーの再演出で描いた「海賊」(17年10月収録)をスクリーン上映。海賊コンラッドは、奴隷商人ランケデムの市場で美しい女性メドゥーラと出会う。メドゥーラに一目ぼれしたコンラッドは、トルコ総督パシャに売られそうになった彼女を誘拐して逃げるが……。

2017年製作/210分/ロシア
原題:Bolshoi Ballet in Cinemas Season 2017-2018: Le Corsaire
配給:ライブ・ビューイング・ジャパン

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)Pathe Live Japan agent dbi,Inc.

映画レビュー

4.0勇ましいタイトルだけど中身はロマンチックバレエ

あんこさん
2017年12月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

初めて見ました。海賊というタイトルなので、中身も勇壮なのかと思ったら、実際はロマンチックバレエなんですね。3幕全て見ると、ストーリーも踊りも圧巻なものがありました。1幕のスピードと回転で舞台が狭く見える程の踊りもすごいし、2幕の、これぞロマンチックという大勢が出演する群舞。こちらは人数が多いので物理的に舞台が狭くみえます。そして3幕。結婚相手を騙すというストーリーの面白さからの、船の沈没。えー?って感じです。ドリフのコントみたいに船が割れた時はビビりました。大団円ではダメだったのか。ちょっとストーリーに言いたい所はあるけれど、全体的には面白かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
あんこ
すべての映画レビューを見る(全1件)

「ボリショイ・バレエ in シネマ」シリーズ関連作品