RAW 少女のめざめ

劇場公開日:

RAW 少女のめざめ

解説

2016年・第69回カンヌ国際映画祭で批評家連盟賞を受賞した、フランス人女性監督ジュリア・デュクルノーの長編デビュー作品。厳格なベジタリアンの獣医一家に育った16歳のジュスティーヌは、両親と姉も通った獣医学校に進学する。見知らぬ土地での寮生活に不安な日々を送る中、ジュスティーヌは上級生からの新入生通過儀礼として、生肉を食べることを強要される。学校になじみたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口にしたジュスティーヌ。その行為により本性があらわになった彼女は次第に変貌を遂げていく。主人公ジュスティーヌ役をデュクルノー監督の短編「Junior」でデビューしたガランス・マリリエールが演じる。

2016年製作/98分/R15+/フランス・ベルギー合作
原題:Grave
配給:パルコ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)2016 Petit Film, Rouge International, FraKas Productions. ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

4.0ダークなホラーテイストに仕込まれたユーモアが秀逸

2018年7月31日
PCから投稿

笑える

怖い

知的

青春時代とは誰もがとっちらかったことをしでかすし、それが大学寮のような若者の共同生活の場になると、もはや集団発狂の様相を呈する。そんな「青春」が持つ一側面が、残忍なユーモアをもって描かれている。

ヒロインは飛び級で年上ばかりの大学に入り、まだ心の準備もできていないままに大学のワイルドライフに放り込まれる。彼女にとっては、その悪ふざけの度が過ぎているからこそ、その反動でよりおかしな方向へとひた走ってしまう。それが本作ではカニバリズムであり、あからさまに性のめざめと呼応している。

とはいえ、それは誰もが通る道で、決して特別なことではない。そのありふれた性と青春の戸惑いを、よくもまあこんなにもブッ飛んだ映画に仕上げたものである。優れた青春映画であり、繊細な少女映画であり、イカレたコメディであり、戦慄のホラーでもある。ひとつのモチーフからこれだけ多面的なジャンル映画を造り上げた監督にひれ伏したい。

コメントする (0件)
共感した! 5件)
村山章

3.5少女の初めてと成長を描いた 何事にも初めてはつきもので人肉を食うや...

2022年11月14日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

興奮

萌える

少女の初めてと成長を描いた
何事にも初めてはつきもので人肉を食うや恋愛、姉妹愛をヴァイオレンスで刺激的に描いている

結末で全部納得できた何故親と同じ大学なのかとか
血は血で洗うしかないみたいな

チタンでこの監督さんのことを知ってRAWを見たけど今後もっと刺激的な作品出てくると思うと楽しみでしかたがない

コメントする (0件)
共感した! 0件)
UPtwHmNNLjBjFuAF

4.0痒さからはじまる痛みの総合エンターテイメント

2022年5月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
LADA

4.5恐るべき才能

2022年4月6日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

この監督に興味を持ったのは最新作の『チタン』であったが、こっちの方がすごい‼️

コメントする (0件)
共感した! 0件)
mark108hello
すべての映画レビューを見る(全77件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る