RAW 少女のめざめ
ホーム > 作品情報 > 映画「RAW 少女のめざめ」
メニュー

RAW 少女のめざめ

劇場公開日

解説

2016年・第69回カンヌ国際映画祭で批評家連盟賞を受賞した、フランス人女性監督ジュリア・デュクルノーの長編デビュー作品。厳格なベジタリアンの獣医一家に育った16歳のジュスティーヌは、両親と姉も通った獣医学校に進学する。見知らぬ土地での寮生活に不安な日々を送る中、ジュスティーヌは上級生からの新入生通過儀礼として、生肉を食べることを強要される。学校になじみたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口にしたジュスティーヌ。その行為により本性があらわになった彼女は次第に変貌を遂げていく。主人公ジュスティーヌ役をデュクルノー監督の短編「Junior」でデビューしたガランス・マリリエールが演じる。

作品データ

原題 Grave
製作年 2016年
製作国 フランス・ベルギー合作
配給 パルコ
上映時間 98分
映倫区分 R15+
オフィシャルサイト  

特集

映画祭が! 業界人が! 覚醒する女子を描く“NEWタイプホラー”に超騒然──「イット・フォローズ」「ネオン・デーモン」に続く映画ファン大注目作これほどまでに“衝撃的”かつ“美しい”……
各国で絶賛、でも失神者続出!? センセーショナルな話題作が、ついに日本公開を迎える

2016年の「イット・フォローズ」、17年の「ネオン・デーモン」……他にはない設定と視点で“少女の成長”を描き、映画ファンを熱狂させた2作。そして18年、新たな傑作が加わった。カンヌ国際映画祭をはじめ、各国の映画祭を驚かせた衝撃作「R...特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

理性と獣性の狭間で悶える未成熟な少女の変容を描く青春カニバリズム映画
RAW 少女のめざめの映画評論・批評

思春期の終わりを迎えつつある“子供”が、ある種の通過儀礼を経験して“大人”へと成長していく。このような青春ドラマは今も昔も繰り返し作られているが、フランスの新人女性監督ジュリア・デュクルノーはかつて見たことのない映画を創造してみせた。...RAW 少女のめざめの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全51件)
  • 思ったこと 左の鼻の穴から血を出してして見つめているポスターを見てレオンのマチルダを連想させられた。観賞後レオンに通ずる部分がある。それは人を愛し大人になるというところだ。 ...続きを読む

    ナポレオン ナポレオンさん  2018年4月10日  評価:5.0
    このレビューに共感した/1
  • リアルなグロテスク ただただ、少女が異常な人肉食を求めていく様は痛烈でしたが、些かこの主人公たちの学校って?なんなんだよ!て思えた。けど、リアルさを感じたのは、ある程度の取材を、した上での作品だからこそ?だと思いま... ...続きを読む

    マーティー マーティーさん  2018年4月1日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 抑圧 ネタバレ! 成長期に「性欲」や「生理」や「食欲」を我慢出来ないのに、何故だか隠したり無理して抑えたりするのってなんでなんだろう?と思っていたのですが、私は無意識のうちに社会からの抑圧を感じていたのかもしれな... ...続きを読む

    ミカ ミカさん  2018年3月21日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「RAW 少女のめざめ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi