RAW 少女のめざめ

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
RAW 少女のめざめ
RAW 少女のめざめ
21%
54%
19%
5%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2016年・第69回カンヌ国際映画祭で批評家連盟賞を受賞した、フランス人女性監督ジュリア・デュクルノーの長編デビュー作品。厳格なベジタリアンの獣医一家に育った16歳のジュスティーヌは、両親と姉も通った獣医学校に進学する。見知らぬ土地での寮生活に不安な日々を送る中、ジュスティーヌは上級生からの新入生通過儀礼として、生肉を食べることを強要される。学校になじみたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口にしたジュスティーヌ。その行為により本性があらわになった彼女は次第に変貌を遂げていく。主人公ジュスティーヌ役をデュクルノー監督の短編「Junior」でデビューしたガランス・マリリエールが演じる。

2016年製作/98分/R15+/フランス・ベルギー合作
原題:Grave
配給:パルコ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ミスト
  • マングラー
  • ROOM237
  • この子の七つのお祝いに
  • 世にも怪奇な物語
  • ピラニア
  • ピラニア リターンズ
  • チャイナ・ゲイト
  • ショック集団
  • 裸のキッス
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)2016 Petit Film, Rouge International, FraKas Productions. ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

4.0ダークなホラーテイストに仕込まれたユーモアが秀逸

村山章さん
2018年7月31日
PCから投稿

笑える

怖い

知的

青春時代とは誰もがとっちらかったことをしでかすし、それが大学寮のような若者の共同生活の場になると、もはや集団発狂の様相を呈する。そんな「青春」が持つ一側面が、残忍なユーモアをもって描かれている。

ヒロインは飛び級で年上ばかりの大学に入り、まだ心の準備もできていないままに大学のワイルドライフに放り込まれる。彼女にとっては、その悪ふざけの度が過ぎているからこそ、その反動でよりおかしな方向へとひた走ってしまう。それが本作ではカニバリズムであり、あからさまに性のめざめと呼応している。

とはいえ、それは誰もが通る道で、決して特別なことではない。そのありふれた性と青春の戸惑いを、よくもまあこんなにもブッ飛んだ映画に仕上げたものである。優れた青春映画であり、繊細な少女映画であり、イカレたコメディであり、戦慄のホラーでもある。ひとつのモチーフからこれだけ多面的なジャンル映画を造り上げた監督にひれ伏したい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
村山章

4.0ポップなランティモス

津次郎さん
2020年7月11日
PCから投稿

何年も映画を見ていると、どんなに突拍子もないアイデアにも、そう驚かなくなる。発想の出発点から、映画に仕上がるまでの内的プロセスに、ある種の納得を得られるのが普通。それができなかった。

新入生が上級生から受ける手荒い洗礼はわかる。カニバリズムもわかる。屍体愛好もわかる。生食の嗜好もわかる。SMもわかる。ただし、結局、なんでこんな話ができあがるんだろう、という点がわからない。ランティモス的だがランティモスよりポップだった。

たとえば、こんなシークエンス。
姉がジュスティーヌの陰毛処理をしようとして、鋏を持ち出すが、抵抗され誤って自分の中指を切り落とし、ショックで気絶する。目を覚ますと、そこにいたのは、自分の中指をむしゃむしゃと食べているジュスティーヌ。
ふつうならそこでギャーとなる。が、わたしたちが見るのは、治療してもらった姉と妹の口げんか。姉はケロっとしていて、突然、当たり屋をやって事故死体の血肉をあさる。

比較する必要も脈略も関係性もないのだが、わかりやすく言うためにあえて引き合いにすると、日本映画の残酷クリエイターが、斬/撲/絞/轢か何かの殺傷方法を、どうだすごい残酷だろと、どや顔でひけらかすのが、とても恥ずかしい。

この映画は、想定を越えた過激を扱っているとはいえ、その世界を際立たせているのは、ジュスティーヌらの生き生きした学園生活だ。
ベジタリアン少女の獣医学校入学初年度を描いた骨格に、ホラーの血肉がそなわっている。残酷もホラーも、それを表現するために、副産物にしているところがスマートであり、それが凡百の和製との決定的な違いでもあった。

加えて撮影が異様にアーティスティックだった。
新入生の通過儀礼は過剰だが、それがどこまで有り得るか、わからない。全体として架空と現実の境界があやふやだが、その虚構性もまたアーティスティックだった。

白眉は、エイドリアンの裸の上半身を狼の視線で追いながら、鼻血するジュスティーヌ。うまく言えないが、性の壊乱もSMも退廃も同性姦も血なまぐさい子宮感覚も、とうの昔に卒業してしまった先にあるヨーロッパの大人度をかいま見た気がした。が、残酷がすこしも沈殿しない。むしろ妙に笑える空気感が漂っていた。

この映画に男性がもぞもぞするのは、宦官にされてしまうのを想像するからだろう。食べようとしたら、いったいなんと食べやすい部位であることだろうか。後半はほとんどその描写がないことを祈りながら見ていた。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
津次郎

4.5【異形の愛の表現の仕方に戦慄した作品】

NOBUさん
2019年11月10日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

知的

難しい

 フランス人女性監督ジュリア・デュクルノーの長編デビュー作品。

カニバリズムを主題にした映画で、このレベルを創出できたのは制作陣の気概と、この主人公を演じた少女ジャスティーヌ役の俳優ギャランス・マリリエの魅力であろう。

 ジャスティーヌが入学した獣医学校の新入生を迎える不可思議なイニシエーション。それにより、目覚めたジャスティーヌの本性。

 ジャスティーヌの両親、姉の姿も目に焼き付いている異形の愛を描いたフランス・ベルギー合作品。

<2018年2月5日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
NOBU

4.0本能としてのカニバリズム

mokaさん
2019年7月11日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

時折「カニバリズム」を性的な物と同様に扱いますが、これは本能として描かれています。
捕食する対象が人間であった
という少女とその家族の葛藤と受け入れが見事でした。
あのラストは秀逸。あれですべての伏線を回収し終えましたね。
初めて人を食べ、貪り喰ったあの演技は素晴らしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
moka
すべての映画レビューを見る(全72件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る