RAW 少女のめざめ

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
RAW 少女のめざめ
21%
54%
19%
5%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2016年・第69回カンヌ国際映画祭で批評家連盟賞を受賞した、フランス人女性監督ジュリア・デュクルノーの長編デビュー作品。厳格なベジタリアンの獣医一家に育った16歳のジュスティーヌは、両親と姉も通った獣医学校に進学する。見知らぬ土地での寮生活に不安な日々を送る中、ジュスティーヌは上級生からの新入生通過儀礼として、生肉を食べることを強要される。学校になじみたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口にしたジュスティーヌ。その行為により本性があらわになった彼女は次第に変貌を遂げていく。主人公ジュスティーヌ役をデュクルノー監督の短編「Junior」でデビューしたガランス・マリリエールが演じる。

2016年製作/98分/R15+/フランス・ベルギー合作
原題:Grave
配給:パルコ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • エヴァリー
  • 桜金造の怪談 実録!死ぬほど怖い話
  • 桜金造の怪談 実録!死よりの生還
  • 封印映像「着席」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-03 人喰い河童伝説
  • ハードコア
  • デッド・ハーツ
  • フリーキッシュ 絶望都市
  • ABC・オブ・デス2
  • ジャック・アタック
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)2016 Petit Film, Rouge International, FraKas Productions. ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

4.0ダークなホラーテイストに仕込まれたユーモアが秀逸

2018年7月31日
PCから投稿

笑える

怖い

知的

青春時代とは誰もがとっちらかったことをしでかすし、それが大学寮のような若者の共同生活の場になると、もはや集団発狂の様相を呈する。そんな「青春」が持つ一側面が、残忍なユーモアをもって描かれている。

ヒロインは飛び級で年上ばかりの大学に入り、まだ心の準備もできていないままに大学のワイルドライフに放り込まれる。彼女にとっては、その悪ふざけの度が過ぎているからこそ、その反動でよりおかしな方向へとひた走ってしまう。それが本作ではカニバリズムであり、あからさまに性のめざめと呼応している。

とはいえ、それは誰もが通る道で、決して特別なことではない。そのありふれた性と青春の戸惑いを、よくもまあこんなにもブッ飛んだ映画に仕上げたものである。優れた青春映画であり、繊細な少女映画であり、イカレたコメディであり、戦慄のホラーでもある。ひとつのモチーフからこれだけ多面的なジャンル映画を造り上げた監督にひれ伏したい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
バッハ。

4.5【異形の愛の表現の仕方に戦慄した作品】

NOBUさん
2019年11月10日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

知的

難しい

 フランス人女性監督ジュリア・デュクルノーの長編デビュー作品。

カニバリズムを主題にした映画で、このレベルを創出できたのは制作陣の気概と、この主人公を演じた少女ジャスティーヌ役の俳優ギャランス・マリリエの魅力であろう。

 ジャスティーヌが入学した獣医学校の新入生を迎える不可思議なイニシエーション。それにより、目覚めたジャスティーヌの本性。

 ジャスティーヌの両親、姉の姿も目に焼き付いている異形の愛を描いたフランス・ベルギー合作品。

<2018年2月5日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
NOBU

4.0本能としてのカニバリズム

mokaさん
2019年7月11日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

時折「カニバリズム」を性的な物と同様に扱いますが、これは本能として描かれています。
捕食する対象が人間であった
という少女とその家族の葛藤と受け入れが見事でした。
あのラストは秀逸。あれですべての伏線を回収し終えましたね。
初めて人を食べ、貪り喰ったあの演技は素晴らしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
moka

4.0芸術的表現が秀逸

MASERATIさん
2019年2月8日
Androidアプリから投稿

一人の少女がカニバリズムに目覚めるという物語だが、ドン引きするほどの描写は無く、そこら辺は安心。

本作は、一般人からすると共感できない内容だが、実際に本作が描こうとしているのはカニバリズムに対する否定や肯定ではなく、また、胸糞悪い描写の数々を描いたスプラッタームービーでもなく、一人の少女の性への目覚めを描いているドラマである。彼女の場合は天才的な頭脳で16歳にして獣医の大学に通うという表向きの面がありつつ、その大学での伝統であった「生のウサギの腎臓を食べる」という行為が後に「人肉を食べる」という癖に繋がっていったというものだ。誰もが通る、青春の真っ只中の失敗が、彼女の場合はカニバリズムだったわけだ。

それを、芸術的ともいえる描写の数々で美しく描いた作品が本作なのである。カニバリズムをテーマにした作品は中々えげつない描写の数々で圧倒される作品が多いが、本作は初めてそれを美しく描いた作品ではないだろうか。個人的に一つ一つのシーンが写真のような感覚に思えたが、感じ方は人それぞれなので、ぜひともそれは体感してほしく思う。

作品としては満足なのだが、主人公の通う大学にやや違和感を感じたのは私だけだろうか。狂気とも言える生活ではあるまいか。あれは。本当にあちらの国の大学がああいった感じならば絶対に通いたくない。本編の怖さよりもそちらの方が怖かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
MASERATI
すべての映画レビューを見る(全72件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る