めがみさま

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
めがみさま
27%
34%
21%
12%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

松井玲奈と新川優愛のダブル主演で、人生に絶望した女性の日常が自分と似たセラピストに傾倒し、変化していく様を描いたドラマ。松井の映画初主演作「gift」を手がけた宮岡太郎監督がメガホンをとり、筒井真理子、尾美としのりといったベテラン俳優が共演した。母の過干渉や職場でのいじめなど、田舎町の閉塞的な人生に絶望し、精神安定剤が手放せない佐倉理華は、ネットで自分と似た環境を克服した「ラブ」というセラピストの存在を知り、感銘を受ける。家を出てラブの自己啓発セミナーを手伝うようになった理華は、自分と同じようにラブによって自分らしさを取り戻し、救われた人々との交流を通し、次第に日常を輝かせていく。しかし、ある事件をきっかけにラブと理華の間に不協和音が生じはじめ、理華はある決断を下すことになるが……。

2017年製作/100分/G/日本
配給:メディアミックス・ジャパン

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2017 M Cinema

映画レビュー

2.0可もなし不可もなし

stoneageさん
2017年12月5日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

松井玲奈が主演ならば、観に行かなければ…
映画前半は良かったが、後半は今ひとつだったかな。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
stoneage

4.0~「・・・で、あんたはどうしたいの?」~

2017年6月30日
PCから投稿

悲しい

怖い

難しい

【賛否両論チェック】
賛:前半は、孤独で追いつめられていたヒロインが、自分に正直に生きるセラピストとの出逢いを通して、少しずつ変わっていく様子に感動させられる。後半は一転して、次第に限界が見えてきたセラピーの考え方や、段々と崩れていくヒロイン達の関係性に、他人との関わり合いの中で生きる重要性を再認識させられる。
否:展開はかなり強引で、かつこじんまりと収まってしまった感が否めない。

 自分の居場所がなく、精神的に追いつめられた理華が出逢った、不思議な魅力を持つセラピスト・ラブ。前半は、
「・・・で、あんたはどうしたいの?」
と、我慢をせずに自分の感じたままに生き、それを提唱するラブに、死ぬことを考えてやまなかった理華達が救われていく様子が、思わずグッとくるようなセリフ満載で描かれていきます。
 しかしやがて、セラピーの考え方のままに行動する者達が、次第に暴走していく姿を通して、「社会の中で生きること」の難しさや大切さも、訴えかけているようです。そして無二の相棒だったはずの理華とラブの間にも、ほのかな亀裂が走っていく様も、また切なさが残ります。個人的には、「自分に正直に生きる」と「自分は我慢しない」をイコールで考えてしまったところが、ラブのセラピーの限界だったのかなと感じました。自分と正直に向き合った結果なら、「我慢したいから我慢する」っていう選択肢もあるはずですしね。
 思わず感動させられつつも、自分自身が他人との関わりの中で生きていることを改めて痛感させられるような、そんな不思議な作品に仕上がっています。
 それにしても新川優愛さん、目力がハンパないですね(笑)。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画コーディネーター・門倉カド

2.0もっと深めて欲しかった

kkmxさん
2017年6月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kkmx

4.0起こりえるお話

ヒカリさん
2017年6月20日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

難しい

心に積もったストレスが悲鳴を上げたとき、もしかしたら自分にも起こるかもしれないお話で身につまされました。
そんな難しい役をダブル主演の松井玲奈さん、新川優愛さんが見事にこなし、惹きつけられました。
そして2人を見守るキーパーソンとなる川崎役の廣瀬智紀さん、その周りを豪華な俳優陣と、モノトーンのような映像が織り成す世界観に見終わった後、もう一度自分の考えが正しいのか、、答え合わせをしたくなるようなお話でした。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ヒカリ
すべての映画レビューを見る(全17件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る