日向坂46・小坂菜緒、サイコサスペンス「恐怖人形」で映画初主演! 萩原利久が共演

2019年6月3日 06:00

過去の怨念を背負い巨大化した 日本人形に追いつめられる
過去の怨念を背負い巨大化した 日本人形に追いつめられる

[映画.com ニュース] 人気アイドルグループ「日向坂46」の小坂菜緒が、サイコサスペンス「恐怖人形」で映画初主演を飾ることがわかった。映画「十二人の死にたい子どもたち」やドラマ「3年A組 今から皆さんは、人質です」で知られる萩原利久が共演し、過去の怨念を背負い巨大化した日本人形が、次々と残虐な殺人を引き起こすという恐怖の物語を紡ぐ。

gift」「めがみさま」で知られる宮岡太郎監督がメガホンをとり、1980年代のアメリカンホラーと、ジャパニーズホラーのテイストを織り交ぜた本作。女子大生・平井由梨(小坂)はカメラが趣味で、幼なじみ・真人(萩原)と日常の風景を撮影する日々を送っていた。ある日、2人のもとに差出人不明のパーティへの案内状が届き、軽い気持ちで参加してみることに。集合場所には、同世代の男女5人と中年の男性1人が待ち受けており、やがて8人は引き返すことのできないパーティに参加させられることになる。

デビューシングル「キュン」のセールスが47万枚を記録した「日向坂46」で活躍する小坂は、「いつか映画のお仕事をしてみたいと思っていたので、本当に嬉しかったです。まだまだ力不足な私を、共演者の皆さんや、宮岡監督をはじめとするスタッフの皆さんに支えていただき、無事撮影を終えることが出来ました。多くの方々に見ていただけたら嬉しいです」と喜びを語る。

本格的なホラー作品への参加は初めてだという萩原は、「撮影をしている自分達でも、『怖っ!』と思うことがあったので、完成したものをスクリーンで見たら確実にもっと怖いなと、ワクワクしています」と期待をこめた。

恐怖人形」は、2019年秋に全国で順次公開予定。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース