北の桜守

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
北の桜守
北の桜守
20%
28%
30%
11%
11%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

女優・吉永小百合の120作目となる映画出演作で、吉永主演の「北の零年」「北のカナリアたち」に続く「北の三部作」の最終章に位置付けられるヒューマンドラマ。吉永と堺雅人が親子役で共演し、「おくりびと」の名匠・滝田洋二郎監督が、戦中から戦後にかけて極寒の北海道で懸命に生き抜いた母と子の約30年にわたる軌跡を、ケラリーノ・サンドロヴィッチが演出を担当した舞台パートを交えながら描いた。1945年、樺太で家族と暮らしていた日本人女性・江蓮てつは、ソ連軍の侵攻によって土地を追われてしまう。夫が出征し、息子を連れて北海道の網走にたどり着いた彼女は、過酷な環境や貧しさと戦いながら息子を必死に育て上げる。71年、てつの息子・修二郎はビジネスで成功を収め、15年ぶりに網走を訪れる。たったひとりで夫を待ち続け、慎ましい生活を送っていた年老いた母の姿を見た修二郎は、母を引き取り札幌で一緒に暮らすことを決めるが……。

2018年製作/126分/G/日本
配給:東映

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
脚本
那須真知子
舞台演出
ケラリーノ・サンドロヴィッチ
製作総指揮
早河洋
岡田裕介
企画
多田憲之
角南源五
木下直哉
製作
戸田裕一
大森壽郎
高木勝裕
間宮登良松
脇坂聰史
原口宰
山口寿一
渡辺雅隆
樋泉実
横井正彦
和氣靖
広瀬兼三
吉村和文
北澤晴樹
伊藤裕章
佐藤吉雄
桒原美樹
ゼネラルプロデューサー
亀山慶二
エグゼクティブプロデューサー
村松秀信
西新
シニアプロデューサー
佐々木基
須藤泰司
プロデューサー
冨永理生子
舞台プロデューサー
北村明子
アソシエイトプロデューサー
高橋一平
キャスティングプロデューサー
福岡康裕
音楽プロデューサー
津島玄一
撮影監督
浜田毅
照明
高屋齋
録音
小野寺修
美術
部谷京子
VFXスーパーバイザー
野口光一
特撮
佛田洋
美術補佐
小林久之
装飾
柳澤武
衣装デザイン
宮本茉莉
ヘアメイク
田中マリ子
編集
李英美
音楽
小椋佳
星勝
海田庄吾
主題歌(作詞・作曲)
小椋佳
主題歌(コーラス)
Horiuchi Kohei
仙石みなみ
田崎あさひ
長谷川萌美
スクリプター
森直子
助監督
足立公良
制作担当
道上巧矢
ラインプロデューサー
石川貴博
山下秀治
製作統括
木次谷良助
全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第42回 日本アカデミー賞(2019年)

ノミネート

最優秀作品賞  
最優秀監督賞 滝田洋二郎
最優秀脚本賞 那須真知子
最優秀主演女優賞 吉永小百合
最優秀助演男優賞 岸部一徳
最優秀助演女優賞 篠原涼子
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13

(C)2018「北の桜守」製作委員会

映画レビュー

4.5実写パートと舞台劇パートの重層性から生まれる意外な効果

2018年2月28日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

悲しい

幸せ

吉永小百合主演の映画にしては珍しく、通常の実写で描くパートに、ごくごく簡素なセットの舞台での演劇でストーリーを伝えるパートが繰り返し挿入される。この舞台パートは、樺太での出来事など悲惨なエピソードをリアリズムで描くのを避け、ケラリーノ・サンドロヴィッチ演出で抽象的に表現している。

はじめのうちは実写と舞台の切り替わりに違和感を持ったが、それに馴染むと、この重層的に描かれる世界が「人工的に創造された虚構の物語」なのだというシンプルな事実を再認識させる装置として機能するように感じられてきた。

すると意外にも、たとえば吉永と阿部寛が演じる夫婦の見かけの年齢差も気にならなくなってくる。もちろん、滝田洋二郎監督の演出は的確で、吉永の女優魂とでも言うべき極寒地での渾身の演技にも圧倒される。しかしそれと同じくらい、この仕掛けが持つ意外な効果に感銘を受けたのだった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
高森 郁哉

3.5【第二次世界大戦末期、極北の地で母に捨てられたと思っていた息子が15年ぶりに再会した母との溝を埋め、悲しき記憶を取り戻しながらも、仄かな明るい未来を感じさせる物語。】

NOBUさん
2020年10月27日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

難しい

幸せ

ー1945年5月 南樺太で暮らす江蓮家の庭に、本土から種を運んで植えた桜が満開の花を咲かせた。
 喜ぶ、夫徳次郎(阿部寛)と二人の幼き息子、セイタロウと修二郎(堺雅人)。けれど、一番喜んだのは、徳次郎の妻てつ(吉永小百合:今作が120本目‼の映画である・・)であった。
 が、8月、本土では敗戦の色濃くなる中、極北の地にはソ連が樺太を占領しようと、迫って来ていた。徳次郎は”本土で会おう”と言い、樺太に残り、てつとセイタロウと修二郎は網走へ渡る舟へ乗り込んだ・・。-

 ・時は、一気に1971年に飛び、修二郎はアメリカ資本の”ミネソタ24”というホットドックチェーンの日本一号店の社長として開店準備に忙しい日々。
 ー詳しくは語られないが、彼は戦後、アメリカに渡り苦労しながらも、”ミネソタ24”の日本オーナー(中村雅敏)の娘マリ(篠原涼子)と結婚し、日本に帰国し、札幌で店を開く・・。店長(野間口徹)以下、店員に対しても厳しい指示を出す。当時はそのような時代だったのだろうが、違和感を感じる。-

 ・開店直後、網走の市役所から修二郎に電話が入る。そして、網走に行った修二郎は15年ぶりに母てつと再会する。母は、かつては繁盛していたみすぼらしいおにぎりやを今でも営んでいた・・。母に捨てられたと思っている修二郎は母に対する態度がぎこちない・・。が、てつの様子がおかしい事に気付く。
ーてつが、鏡に映る自分自身に語り掛ける姿・・。世話をしていた山岡(岸部一徳)から事情を聞く修二郎。彼は母を札幌の自宅に連れ帰る。-

■ここまでで、時折挟み込まれるケラリーノ・サンドロヴィッチが手掛ける舞台劇にやや、違和感を覚えつつ、鑑賞続行。-

 ・妻のマリは、てつに対しては表面上優しく接するが、不満を夫にぶつける。庭で釜で米を炊き、近所からクレームが出たりしつつも、思った程売れないホットドックの状況を見て、母のおにぎりを店で出すよう指示を出す修二郎。
ー中々に、展開が粗いぞ、滝田監督・・。-

 ・修二郎は迷惑が掛かるから・・と家を出て、”お礼参りに行く”と言う母に同行する。
ーどんだけ、凄い場所にあるのだ!、お礼をするお社。それに、修二郎さん、開店直後ではないのかい?-

 ・てつと修二郎は”白滝駅”で、且つて闇米売りをしていたシンジ(佐藤浩市)とイワキ(毎熊克哉)を思い出す。そして、客の居ない居酒屋でお酒を酌み交わす。

 ・一方、マリは忙しい中居なくなってしまった夫への不満をオーナーであるパパに不満を漏らすが、パパは修二郎に優しい言葉を残す・・。
ー中村雅敏さんだからねえ・・-

■1945年8月22日未明
 ・てつとセイタロウと修二郎が乗船していた、網走へ渡る船に魚雷が命中し・・。”それまで一切、劇中に出て来なかったセイタロウの姿が初めて映し出される・・”
 ”あの出来事を思い出した、母てつは・・”
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーおにぎりが保健所から指摘を受けて、製造中止になったり、山岡がシベリアに送られた15人の中で、唯一生き残った理由が語られたり・・しながらー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ・てつは、雪の舞う寂びれたバス停で再び、鏡に映った自分の姿に話しかけ、雪の舞う中、外に出て、ふらふらと歩いていく。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■2年後
 ・修二郎の元へシンジから”てつ”らしき人が見つかったと電話で連絡が入る。母の元へ駆けつけた修二郎に対し、白髪になったてつは
 ”お帰りなさい、お父さん・・”とにっこりと笑う。
 満開の桜の中、二人を見つめる、マリと幼子、シンジ、山岡たち・・

<失われた記憶を追い求める親子の旅の果てには、何があったのか・・。
 不思議な舞台劇を合間に挟み込みながら、北方領土から、生き帰った人々の戦後の姿を描き出した作品。>

■蛇足
 ・滝田洋二郎監督が北の三部作を手掛けると知り、どうするんだろう‥、と思っていたが、イロイロあって劇場鑑賞を見送った作品。
 ケラリーノ・サンドロヴィッチの劇中に挟み込まれた舞台劇をどう見るか・・、であろうなあ。
 脚本も相当粗かったような気がする作品でもある。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
NOBU

3.5むずかしい

R♪さん
2020年8月12日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

なんだかとても難しいお話でした。

劇と実写と珍しい映画。

ラストが予想出来ない展開。

そして時期的にコンビニの経営会議が半沢直樹さんにしか見えなかった💧
奥さんは全然ハケンさんに見えなかったけどね~💦💦💦

桜、綺麗でした🌸

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 6 件)
R♪

5.0タイトルで損している作品。中身は凄いよ。

2020年7月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ストーリーは「あらすじ」に記されている通りです。
この映画は、吉永小百合と堺雅人という名優二人の演技を味わうための至福の2時間だと思います。
収穫が、堺雅人の少年時代を演じた子役の役者さん(土屋慶太)。
素晴らしい名演技で感心しました。

この映画では要所要所を舞台芸術として演出しています。
私は舞台芸術をほとんど観たことがないので、舞台であればこれが当たり前なのか、それとも出色の出来なのかを評する資格がありませんが、私の知らなかったもう一つの芸術が有する「底知れぬ力」に驚き、感動させられました。

いずれにしても、たとえば「三部作だ」などと宣伝されてしまうと、「前作を観てないから観るのはやめようかな」、と躊躇するものですが、特に前作(なにか関係があったの?)とやらの知識がない私でも、心から楽しめました。

桜守……という言葉のもつ陰鬱なイメージも、この映画を観たあとなら理解できるものの、知らない時には鑑賞をためらう一つの要因になっていて、ちょっと損しているのではないかと感じた次第です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
お水汲み当番
すべての映画レビューを見る(全82件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る