北の桜守

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
北の桜守
20%
28%
28%
13%
11%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

女優・吉永小百合の120作目となる映画出演作で、吉永主演の「北の零年」「北のカナリアたち」に続く「北の三部作」の最終章に位置付けられるヒューマンドラマ。吉永と堺雅人が親子役で共演し、「おくりびと」の名匠・滝田洋二郎監督が、戦中から戦後にかけて極寒の北海道で懸命に生き抜いた母と子の約30年にわたる軌跡を、ケラリーノ・サンドロヴィッチが演出を担当した舞台パートを交えながら描いた。1945年、樺太で家族と暮らしていた日本人女性・江蓮てつは、ソ連軍の侵攻によって土地を追われてしまう。夫が出征し、息子を連れて北海道の網走にたどり着いた彼女は、過酷な環境や貧しさと戦いながら息子を必死に育て上げる。71年、てつの息子・修二郎はビジネスで成功を収め、15年ぶりに網走を訪れる。たったひとりで夫を待ち続け、慎ましい生活を送っていた年老いた母の姿を見た修二郎は、母を引き取り札幌で一緒に暮らすことを決めるが……。

2018年製作/126分/G/日本
配給:東映

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
脚本
那須真知子
舞台演出
ケラリーノ・サンドロヴィッチ
製作総指揮
早河洋
岡田裕介
企画
多田憲之
角南源五
木下直哉
製作
戸田裕一
大森壽郎
高木勝裕
間宮登良松
脇坂聰史
原口宰
山口寿一
渡辺雅隆
樋泉実
横井正彦
和氣靖
広瀬兼三
吉村和文
北澤晴樹
伊藤裕章
佐藤吉雄
桒原美樹
ゼネラルプロデューサー
亀山慶二
エグゼクティブプロデューサー
村松秀信
西新
シニアプロデューサー
佐々木基
須藤泰司
プロデューサー
冨永理生子
舞台プロデューサー
北村明子
アソシエイトプロデューサー
高橋一平
キャスティングプロデューサー
福岡康裕
音楽プロデューサー
津島玄一
撮影監督
浜田毅
照明
高屋齋
録音
小野寺修
美術
部谷京子
VFXスーパーバイザー
野口光一
特撮
佛田洋
美術補佐
小林久之
装飾
柳澤武
衣装デザイン
宮本茉莉
ヘアメイク
田中マリ子
編集
李英美
音楽
小椋佳
星勝
海田庄吾
主題歌(作詞・作曲)
小椋佳
主題歌(コーラス)
Horiuchi Kohei
仙石みなみ
田崎あさひ
長谷川萌美
スクリプター
森直子
助監督
足立公良
制作担当
道上巧矢
ラインプロデューサー
石川貴博
山下秀治
製作統括
木次谷良助
全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第41回日本アカデミー賞(2019年)

ノミネート

最優秀作品賞  
最優秀監督賞 滝田洋二郎
最優秀脚本賞 那須真知子
最優秀主演女優賞 吉永小百合
最優秀助演男優賞 岸部一徳
最優秀助演女優賞 篠原涼子
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13

(C)2018「北の桜守」製作委員会

映画レビュー

4.5実写パートと舞台劇パートの重層性から生まれる意外な効果

AuVisさん
2018年2月28日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

悲しい

幸せ

吉永小百合主演の映画にしては珍しく、通常の実写で描くパートに、ごくごく簡素なセットの舞台での演劇でストーリーを伝えるパートが繰り返し挿入される。この舞台パートは、樺太での出来事など悲惨なエピソードをリアリズムで描くのを避け、ケラリーノ・サンドロヴィッチ演出で抽象的に表現している。

はじめのうちは実写と舞台の切り替わりに違和感を持ったが、それに馴染むと、この重層的に描かれる世界が「人工的に創造された虚構の物語」なのだというシンプルな事実を再認識させる装置として機能するように感じられてきた。

すると意外にも、たとえば吉永と阿部寛が演じる夫婦の見かけの年齢差も気にならなくなってくる。もちろん、滝田洋二郎監督の演出は的確で、吉永の女優魂とでも言うべき極寒地での渾身の演技にも圧倒される。しかしそれと同じくらい、この仕掛けが持つ意外な効果に感銘を受けたのだった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
AuVis

3.0桜はね、満月の時、満開になるの

shimoさん
2019年12月2日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
shimo

2.0この構成 どうなんだ?

asicaさん
2019年11月22日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
asica

3.0吉永小百合による、吉永小百合のための映画

keithKHさん
2019年11月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

本作は、日本を代表する国民的女優・吉永小百合3年ぶりの新作にして映画出演120本目の作品です。数十年来のサユリストとしては見逃す訳にはいかず、東映本社お膝下の、年季を感じるややクラシカルな風情の丸の内東映で観賞して来ました。
何より特筆すべきなのは、撮影時点で72歳の、而も女優が主役を張り続けていることです。彼女が共演した際に、俳優として厳格に自らを律するその姿勢その生き方に強く啓蒙された故・高倉健も遺作『あなたへ』まで主役を続けましたが、男優ならともかく、また老女をクローズアップするような際物的企画で偶々主役に抜擢される訳でもなく、連綿と主役であり続け、而も悉く観客を映画館に呼び続けヒットさせているのは驚異的であり、世界的にも稀有な現象です。
本作も上映4週間を経て、興行収入は10億円超に達しており、正に国民的女優たるに相応しい快挙といえるでしょう。

ただ作品の出来は、"吉永小百合、北の三部作シリーズ最終章”と謳うほどには、ストーリー展開は散漫な印象を拭えず、主人公の心象を舞台劇で演じさせるという凝った演出も、私には奇を衒った感だけが残りました。
終戦直後、ソ連軍侵攻下の騒乱と混沌に晒される樺太から、瀕死の状態で家族と網走に流れ着いた「江蓮てつ」という女性の、貧困の中でも逞しくも毅然と生き抜き息子を烈々と育て上げた壮絶な半生を描く物語は、悲壮感と時代の激動感は醸し出しつつも、もう一つ感情移入しきれないもどかしさを感じたしだいです。
思うに、アカデミー外国語映画賞を『おくりびと』で受賞した名匠・滝田洋二郎監督にしてすら、吉永小百合を遇し切れなかったということでしょう。出演100作目以降の彼女の出演作は、市川崑、深作欣二、坂東玉三郎、舛田利雄、大林宣彦、深町幸男、行定勲、堤幸彦、阪本順治、成島出等々、錚々たる現代の巨匠・名匠の監督作揃いですが、山田洋次監督作の一部を除いて、率直にいって佳作とは言い難い出来栄えだったと思います。
その理由は、吉永小百合という女優を持余し自家薬籠のものと出来なかったことに尽きます。良くも悪くも、もはや一女優を解脱して、恰も神格化・聖母化した彼女の、あまりに神々しい高貴な存在感、その強烈なオーラを御しきれなかったということでしょうか。
彼女にとっても、国民的女優にして未だに代表作がないという不幸が付き纏う結果を齎しています。

ただ映画のクライマックス、ラストに近い場面で、彼女が総白髪で黙々と桜の手入れをするシーンがあります。やや仰望したアングルからのショットでしたが、その美しさに思わず息をするのを忘れ、スクリーンに惹きつけられました。息を呑み、鳥肌が立ち、目を瞠りました。夢幻にして幽玄、老女でありながら童女のような、芳醇にして清冽、奪衣婆のようにして菩薩の如き、そのこの世のものと思えぬ絶世の美に、暫く忘我の境を彷徨いました。
映画館で斯様な美しさに感動したのは、『羅生門』の京マチ子以来、数十年ぶりの経験です。

自称・長年来のサユリストとしては、作品全体はともかく、このシーンを観られたことのみに大満足し大いに堪能しています。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
keithKH
すべての映画レビューを見る(全75件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る