グレート・アドベンチャー

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
グレート・アドベンチャー
グレート・アドベンチャー
4%
29%
46%
14%
7%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

香港のアンディ・ラウとフランスのジャン・レノが初共演を果たしたアクションアドベンチャー。国宝級のお宝ばかりを狙う世界的な怪盗ダンは5年の刑期を終え、愛する人のために泥棒稼業から足を洗うことを決意していた。しかし、5年前にルーブル美術館に眠る首飾りを盗み出した直後に何者かに襲撃され、投獄することとなったダンは、自分を陥れた人間を探すために、ルーブル美術館での最後の大仕事へと着手する。仲間たちとともにターゲットを狙うダンにフランス人刑事ピエールによる捜査の手が迫っていた。ラウがダン役、レノがピエール役をそれぞれ演じるほか、「黒衣の刺客」のスー・チー、「カンフー・ヨガ」のエリック・ツァンら豪華なキャストが脇を固める。

2017年製作/108分/中国
原題:侠盗聯盟 The Adventurers
配給:ハーク

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 吐きだめの悪魔
  • アタック・オブ・ザ・キラートマト
  • リターン・オブ・ザ・キラートマト
  • ドリラー・キラー マンハッタンの連続猟奇殺人
  • ファンタズム
  • マッドボンバー
  • 血みどろの入江
  • バスケットケース
  • サンドラ・ジュリアンの催淫吸血鬼
  • ザ・クレイジーズ
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)All Rights Reserved by Flagship Entertainment Group Hong Kong Ltd, Gravity Pictures Film Production Company,Infinitus Entertainment Limited

映画レビュー

2.0顔パンパンなジャン・レノ。

2020年9月25日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

寝られる

5年間刑務所にいた主人公・ダンが三種から成る首飾りを集めて刑務所行きの原因元・ハメた相手を突き止めようとする話。

ミッション・イン・ポッシブルやオーシャンズ8を思い出させる様な泥棒劇は悪くは無いんだけど、海外なのに中国系中心過ぎるし、どこの国で行動しているか分かりづらい。

唯一中国系以外有名外人枠でジャン・レノが出てますが、「太ったね〜」しか思えない演技。

泥棒劇に面白味が徐々に出てくるかな〜と期待してたんですが、蜘蛛ロボットが出てから現実味がかなり薄くなり、盗まれた側の人間や警察が多勢の割にザコばかりと言う始末の悪さ。

メイン以外が周りでただ役立たず多勢ダンスしているだけの様な映画は好きになれません。

中国系数人とジャン・レノが居ればどうにかなるさ映画でした💧

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
巫女雷男

2.0アンディラウとジャンレノを観る事できます。

よしさん
2020年2月18日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

中国の凄腕強盗グループのリーダーが主人公。裏切りに会い刑務所に服役された彼は、復讐を果たすために最後の仕事を行う・・・と言う物語。

香港が産んだ世界的俳優?アンディラウ主演のアクション映画。ジャンレノが脇を固め、アクションも派手で、ストーリーでもどんでん返しがあり、それなりに楽しめる作品です。
ただ、真剣に鑑賞するに堪えうるか、と聞かれると甚だ疑問の映画です。
フライングスーツのシーン等が典型ですが、アクションに無駄さが見えるのが残念です。
小道具の設定も適当感があり、折角の泥棒シーンから緊迫感を奪いました。
また、ラスボスは力不足で映画全体の迫力を奪っているように感じました。
アンディラウの魅力に頼った映画、という印象です。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
よし

1.0タイトルなし

ケイさん
2019年6月29日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ケイ

3.0全部スパイダーにまかせればいいのに・・・

kossyさん
2019年5月2日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

単純

 オーシャンズシリーズのような泥棒たち。アンディ・ラウがそのリーダーだが、わずか3人で大掛かりな宝石泥棒をしようというのだ。オーシャンズだったら最低でも8人いるのに・・・

 かなりチープな作品かと思ったら、かなり手の込んだ爽快感さえ味わえる代物。ダン(ラウ)はアクション担当で、トム・クルーズ的な役割、相棒となるポー(トニー・ヤン)はコンピュータ中心で、レッド(スー・チー)は女性特有の技を使い、指紋を採取したりする。ダンを執拗に追う刑事(ジャン・レノ)の姿なんてのはどことなく銭形警部のイメージもあるし、色んな作品を取り入れてるんだな~と感じる。でもエリック・ツァンはやっぱりエリック・ツァンだったな。

 かなり重要なところで小型遠隔操作ロボット・スパイダーを使うもんだから、手の込んだアクションも不要じゃないかと思ったりする。舞台となってるのはパリ、カンヌだったり、ヨーロッパが中心で、風光明媚な景色も楽しむことができた。

 気になったのは女性用立ちション器具。ラストシーンでは使っていた?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全13件)