ニューヨーク 最高の訳あり物件

劇場公開日

ニューヨーク 最高の訳あり物件
1%
35%
50%
11%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ハンナ・アーレント」のマルガレーテ・フォン・トロッタ監督が、ひょんなことから共同生活を送ることになった対照的な2人の女性が巻き起こす騒動を描いたドイツ製コメディドラマ。モデルからデザイナーへの転身を狙うジェイドは、初のファッションショーを成功させるべく準備に励んでいた。ところが、スポンサーでもある夫ニックが突然姿を消してしまう。さらにニックの前妻であるマリアが家にやって来て、なぜか一緒に暮らす羽目になり……。ジェイドを「ヘラクレス」のイングリッド・ボルゾ・ベルダル、マリアを「帰ってきたヒトラー」のカーチャ・リーマンがそれぞれ演じた。2017年・第30回東京国際映画祭コンペティション部門上映作品(映画祭上映時タイトル「さようなら、ニック」)。

2017年製作/110分/G/ドイツ
原題:Forget About Nick
配給:ギャガ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)Heimatfilm

映画レビュー

4.5このゲス男....今度の今度は許さねぇからな....!

2021年9月23日
PCから投稿

面白かったです。私はあまりこのタイプの映画を見ないのですが食わず嫌いは良くないと再確認することができました。
私が好んでいないジャンルを2時間飽きずに見られた理由を1つあげるとそれは圧倒的おしゃれさです。ニューヨークの街並みはもちろん、部屋の中まで全てが魅力的。
オープニングからこの映画に引き込まれます。ああいう抽象的なアニメーション大好き。
そしてこのタイプで一番重要視されるであろう演技ですが、こちらも文句なし。素人なので「ここのシーンでのこういう表情が良かった」などとは言えませんが凄かったことだけは分かります。
ストーリーもシンプルな女性二人のちょっとギスギス、たまにほっこりの映画です。
個人的にこの映画で一番好きなシーンは、ある人が「fuck you」と言うシーンです。最近は2分に1回は放送禁止ワードが飛び出すような映画を見ていたのでこの言葉に含まれている冷たさ、恐ろしさを久しぶりに感じられなかなか苦しかったです。
良い映画です。アマプラではそろそろ配信終了という事なので見ていない方は是非ご覧ください。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
赤だるま

3.0案外おもしろく観れた

2021年7月9日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

あまりすすんで観ることのないカテゴリー。男でぱっとこれ観たいと思う人も少ないだろう。
で、観たんだが、案外おもしろく観れた。

しかしまあ理解できる世界観ではない。出てくるのが、モデル出身デザイナーと夫であるリッチなじじいとその昔の奥さんとその娘とその子供。。そのじじい資産分配かなんかで共同で所有してることになってるニューヨークのおしゃれマンションでいっしょに住むことになる。
なんか、遠すぎてリアルなのか妄想なのかそれすら判断ができない。。

でもギスギスしながら関係性ができていく女たちの話ってことで観ました。はい。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
okaoka0820

1.0これは???

2021年4月14日
Androidアプリから投稿

面白そうな始まりで、なにかが起こらなくとも何かにたどり着けそうな予感だらけだったけど、終わってみればなんだ?よく分からない話でした。コメディでもないし、二人の女性の気持ちもわからないし、わからなくても興味深いというわけでもないし。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マッターホルン2

2.0恋は盲目

2021年4月10日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

夫vs元妻vs元々妻の構図が面白いなと思って展開を期待しながら観ていたのですが、あまり大きな展開は無く、淡々としていた印象です。

元妻ジェイドと元々妻マリア。性格も生き方も異なる女性二人の絡みがもっとわかりやすく面白おかしく描かれていれば気軽なコメディ感覚で観られたかもしれませんが、そこまでコメディという感じでは無かったです。
ジェイドとマリアがタッグを組んで夫を懲らしめ、自立し、幸せを掴む的な展開を期待していたのですが、そういうのとも少し違う感じでした。

家を売って事業資金を集めたいジェイド。それに対してマリアの方は結局何がしたかったのだろう?と最後まで疑問でした。

ジェイドは若いモデルに夫を奪われ、怒り狂っていましたが、自分自身もかつてマリアに対し同じ事をしました。マリアはジェイドに家庭を壊され、並大抵では無い人生を歩んできただろうに、そんなのは昔の事とばかりにジェイドに明るく接します。マリアの娘も、父を奪い、母を不幸にしたジェイドと手を組みビジネスパートナーとして親しくなります。このとても興味深い関係の三人の心情を深掘りすればきっと惹き込まれただろうと思うのですが、表面的にしか描かれていなかったような気がします。

ジェイドもマリアもニックに振り回されながらもニックを求め続けますが、彼はそんなにいい男でしょうか?女性を見た目で選び、金に物言わせて、まるで家具を替えるように女性をとっかえひっかえする男です。賢い大人の女性がこんな男に執着し、振り回されているのが残念でした。と同時に、人って何かに執着し始めると周りが見えなくなってしまうので、自分も気を付けようと教訓にもなりました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
セロファン
すべての映画レビューを見る(全27件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ニューヨーク 最高の訳あり物件」以外にこんな作品をCheck-inしています。