映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ
映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ
18%
48%
25%
6%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「舟を編む」の石井裕也監督が、注目の詩人・最果タヒの同名詩集をもとに、都会の片隅で孤独を抱えて生きる現代の若い男女の繊細な恋愛模様を描き出す。看護師をしながら夜はガールズバーで働く美香は、言葉にできない不安や孤独を抱えつつ毎日をやり過ごしている。一方、工事現場で日雇いの仕事をしている慎二は、常に死の気配を感じながらも希望を求めてひたむきに生きていた。排他的な東京での生活にそれぞれ居心地の悪さを感じていた2人は、ある日偶然出会い、心を通わせていく。ヒロイン・美香役には、石橋凌と原田美枝子の次女で本作が映画初主演となる石橋静河を抜擢。「ぼくたちの家族」でも石井監督と組んだ池松壮亮が慎二役を演じる。

2017年製作/108分/G/日本
配給:東京テアトル、リトルモア

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)2017「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」製作委員会

映画レビュー

3.5大都市東京の喧騒に埋もれた若い男女の吐息を視覚化した詩的コラージュ

Gustavさん
2020年11月18日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

最果タヒ原作の詩集にインスパイアされた石井裕也監督が創作したラブストーリーを、ドラマというより映像のコラージュで表現したユニークで斬新な映像作品。最近の日本映画を殆ど観ていない立場で云うのも僭越ながら、映像の吸引力を感じる才気溢れる演出を楽しむのは稀有なこと。
看護師をしながら夜はガールズ・バーで働き実家に仕送りをする美香という女性と、左目が不自由ながら建設現場で日雇い労働者として働く慎二という男性の偶然の出逢いと慈しむ姿を見詰めた愛の物語だが、通常の説明的表現を最小限に抑えて、二人以外の登場人物も東京という概念の背景にしたイメージ優位の表現方法で、ふたりの感情を映像に焼き付ける。大都市東京の喧騒の中に埋もれた、その女と男の吐息や悩みを優しく拾う作者の演出技巧は、これ見よがしにせず遊び心を持ってコントロールされている。仕事に追われた疲れをアンニュイな表情に見せるも、確かな生きている意思を秘めた美香を熱演する石橋静河、その熱量が作品を生かす。演技派池松壮亮の誠実な演技姿勢も慎二になり切っていて自然だ。フィリピンからきた出稼ぎ労働者アンドレスが、今の東京を客観視する設定もいい。観る者の想像力に語り掛ける映画の詩的な試みが地味ながら光る良作だと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Gustav

5.0「繊細さん」こそ、濁らぬ眼を持っている

2020年11月16日
iPhoneアプリから投稿

闇夜に二人乗りの自転車が灯す、小さな灯り。
希望を象徴する光。
決して太陽のような絶対的な輝きではないけれど。

臆病で、確かなものが欲しいけれど、どこにも見当たらない。そんな生を、どうやって、たった一人で生きていけばいいんだ?そんなあまりにも真っ当なギモンに、誰も答えてはくれない。
気付いてしまったら、正気ではいられないか、もしくは悟りが必要になるから。
多くの人はそもそも気付かず、気付いてもあいまいに、うまく誤魔化して、目をそらして向き合わないように生きる。自分にも他人にも。
えてして、世間的成功や穏便な暮らしというものを手に入れるには、ごまかしに無頓着になるしかない。

そのことにギモンを感じないくらい鈍感に生きられる人間と、それを繊細にキャッチし誤魔化しきれない人間と、世の中には両方混在している。一人の中にも、両方の部分がある。せめぎ合いながら、漂流しています。

でも繊細で生きづらくても、孤独でも、小さな灯りをともし続けていこうとする人はいます。ましてや、モヤモヤするとき、自分と一緒に考えようとしてくれる人がいればそれだけで、生きるのがどれだけマシになることか。

正解がわからなくても、絶対でも、ずっとじゃなくてもいい(そもそもそんなものは無い)。

自分以外にも「モヤっとした何か」をわかる人は、どこかに生息している。しかし実際出会わないと、なかなかその存在を信じられない。自分だけがこんな思いをしていると錯覚し、寂しさと焦りで鬱屈する。

でも本当は、出会っている。
その辺に、時々いる。
ただ気付かず通り過ぎることのほうが多い。それはそれぞれが殻を作って、自分を守っているから。
主人公の二人が、臆病さに震えながら、互いの傷つきやすい柔らかな部分に触れ合おうと、無表情の下で必死にもがきます。おっかなびっくり、ひなと親鳥が卵の殻の内と外から、互いに突つき合うように。
不器用でも、お互い働きかけて、やっと殻から出られる。そしてやっと細い細い何かが繋がり、灯りがともる。こんなめんどくさいこと、人の中で減っていくのは仕方のないことかもしれません。でも人類には大事なめんどくささです。池松さん演じる青年の小さな成長が、大きく歯車を動かしました。

よくぞ、リアリティをもって最後までピントがブレずに描いてくれたなぁと、見終わって心から拍手...脚本、監督さん、役者さん、なかなか言葉では語りにくいテーマを、映画にしてくれました。ありがとう。見事な調和。カタルシス...
石橋静河さんは、ザ・映画女優ですね。TVドラマには、はまらない。でも器用になる必要はない。どうかこのまま進んでいって欲しいと思わせる魅力を感じました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
xmasrose3105

3.5群衆の中の孤独

aMacleanさん
2020年11月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

幸せ

日常の中に死は溢れていて、そんな現場に立ち合ってしまったことから、孤独を意識しはじめる物語。衝撃や悲嘆から目を背けようとしても、ダメージは静かに心を侵してゆき、そらに抗うには、自分を理解してくれる誰かの存在が圧倒的に必要だ。そんな状況で出会う若い男女の、ありふれているようで不思議な恋愛物語。

若い人の大半がそうだろうが、地方から上京して仕事に就いたら、職場と自分の住処が世界の大半となる。そんな職場で誰かの死を経験してしまうと、逃げ場がなくなり、だんだんと澱が溜まっていく。そうした時に、それまでの世界と切り離された誰かを必要として、そばに居て、話しをして、心の澱を取り除いていくことが、必要なのだ。孤独バンザイ、自由だ、とか都会に出てつよがっていても、人間はそういう生き物ではないのだ。

石橋静河と池松壮亮の、木訥とした掛け合いが妙に間が良くて、いい感じでした。最初は偶然の出会いが重なり、その中で少し自分と似ているところを見つけ、やがてベターハーフと確信するようになる間合いが、自然で良かったです。
脇を松田龍平や田中哲司などが固め、キャスティングも安定。必要性は賛否両論ありそうだが、個人的には佐藤玲が出てくるくだりが、唐突に挟まれたのが良かった。

石井裕也監督っぽく、都会の孤独を題材に切り取った、秀作だと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
aMaclean

3.5ありのまま

2020年10月7日
iPhoneアプリから投稿

 世の中、都会で華やかな生活を送る夢を叶えた成功者も勿論いるだろう。でも多くはこの映画の中に出てくる人たちの様に、夢があっても叶えられないか、夢が見つけられないか、毎日必死に働いてどこか満たされない思いを持ちながら暮らしている人の方がおおいと思う。
 慎二も美香も普通の若者ですごく等身大。演じた池松壮亮、石橋静香が上手いのか、、、2人とも会話も表情も決して大袈裟でなく、ありのままの、どこにでもいそうな普通の若者をさりげなく演じている。
 ラストのミュージシャンの広告トラックを目にした2人の表情もすごく良かった。日々の忙しない日常にひと筋の希望が見つかったような
きっといい事あるよね、がんばろうよ!て前向きになれるような、良いラストでした❗️

コメントする (コメント数 5 件)
共感した! (共感した人 4 件)
アンディぴっと
すべての映画レビューを見る(全133件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」以外にこんな作品をCheck-inしています。