劇場公開日 2017年5月13日

  • 予告編を見る

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だのレビュー・感想・評価

3.5118
19%
48%
24%
6%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全118件中、1~20件目を表示

3.0自分の居場所

2020年2月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

周りに簡単に家族が居て、友達が居て、異性が居て、金や時間を持て余して無いなら感じるものは少ないかな。
東京をもの苦しい雰囲気の中、孤独と向き合い生きる男女の物語。

自分の位置、立場が見出せない人間は多々いる。
現状に見切りを付けられれば楽になるかも知れないが、出来ない人間だっている。
そして、生きていかなければいけない。

普段違う事をすれば、違う世界が見えてきそうだ。
半分見えれば上出来なんじゃないか?

不器用な付き合い方。
不器用な人生。
だけど自分の居場所を探している。

意外と楽しめたっす。
これ以上スレても面白くなくなるし、ドス暗い闇を見せられても困るし。

監督の映画として絶妙な人間関係の間合い。好きです。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 6 件)
巫女雷男

1.0駄目だった

散歩男さん
2019年11月25日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

東京で生きること・生活していくこと、を描いているが、リアリティあるようにみせて想像した絵空事にしか思えなかった。死が身近にあるがその臭いが感じないし。

共感も感情移入もしにくい主人公2人。後半の時間の流れもなんだか唐突にしか感じなかった。最終的に恋愛に肯定的になるにしても説得力も何もない。
路上で歌っていたシンガーの楽曲のようにダサく全く刺さらなかった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
散歩男

3.0大都会の孤独

2019年10月12日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

昼間は看護師、夜はガールズバーで働く女(石橋静河)、工事現場で日雇い労務者をしている男(池松壮亮)、こんな孤独な二人が大都会でたびたび出会ってしまう。
二人は基本的に人間不信で、新しい人間関係を極端に嫌う傾向にある。
石橋静河がとてもいい雰囲気を醸し出している。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.5息苦しいけど生きるのは苦しくない

2019年9月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

面白かった。
前半は何か悪い事が起こるフリか?
と怖かったけど、
それが主人公達が抱いてる、
何か分からないけど嫌なことが起こる気がする感覚と
リンクして、主人公達を身近に感じる事が出来た。

原作がどんな詩集なのか分からないけど、
そこから東京の労働者階級と言える人にスポットを
当てて映画にしたのが凄いと思いました。

何か不穏だし何かが起こりそうだけど、
主人公達は気付いてないのかもしれないけど、
希望が転がってそうに僕は思えて、

それは池松壮亮演じる主人公が
そこまで悲観してないのか、
どこかコミカルな演技で、
コイツならきっと大丈夫と、
皆んなが羨む生活は送れないかもしれないけど、
絶対何か良い事ある、幸せは転がってると思える
キャラ造形がとても好きになりました。

ちょっと頑張ってみるか!と思える映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
奥嶋ひろまさ

2.5人によって感じ方が違う映画かもしれない

mittyさん
2019年8月26日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
mitty

5.0最高密度の恋愛映画

さん
2019年7月6日
iPhoneアプリから投稿

この作品に出逢えた事が何よりも幸せ。

っていうくらいこの作品が大好きです。
もう10回以上は見たし、セリフも言えるくらいです。
ある一定の"良い映画"の定義ってあるとは思うけど、そんな事よりも心に刺さる。
もちろん定義上でのとてもとても"良い映画"だとも思います。

人の感性は人間がいる分だけ違うと思うから、全員がこの映画を最高傑作と思う訳では無いのは当たり前なのですが、一度見てほしい。

石井裕也という監督の持つ、感性・人生観と主人公もストーリーもない詩集からインスピレーションを受けて恋愛ストーリーを紡ぎ出す力と男女が惹かれあって苦しみあって幸せを感じ合ってキスする様な描き方は決してしない演出とそんな恋愛映画に必ずあるようなシーンは全くと言って良いほど無いのに最高密度の恋愛映画を作り上げてしまう力。

そして、その監督の思いや力を全力で読み解き考え表現する最高密度の役者・池松壮亮と石橋静河。
映画や演技に対する異常なまでほどの熱い思いでぶつかる役者。この人がいなかったらこれからの邦画界どうなっただろう。
映画初主演で池松壮亮と並んで恥ずかしくない演技ができるのは何か持っている。親の英才教育なのか?これからずっと追い続ける。

作品にこれが無けりゃ料理が決まんないってくらいの最高のスパイスを与えてくれる脇役者、松田龍平・田中哲二・ポールマグサリン・三浦貴大・佐藤玲の全員が全員主役2人を際立たせてこの映画が最高密度の恋愛映画だという事の輪郭を付ける役割を果たしている。

恋愛や幸せについて誰も何も教えてもらった事なんてないのに、みんなそれを追い求めて悩んで苦しんで。そんなの辞めれば楽なのにそういう事じゃない、人生も恋愛もそんな簡単に思い通りじゃ無いんだよ。人が凡庸になるとしても恋しちゃうの。だから人生も恋愛も楽しいんだよ。
あ〜〜何も人生どうしたらいいか分かんないし苦しいけどそれで良いのかそれが人生かあって思わせてくれるのが石井裕也。

周りの人が夢中にスマホを見ている時、あなたは何を見る?周りの目なんて気にしないで大好きな人の為に街を駆け抜けられる?

原作×監督×スタッフ×キャストがそれぞれ爆発的な力を持っていて化学反応を起こしたら爆発的な映画が生まれる。1秒も無駄なシーンがない映画。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
な

4.5恋愛が肉欲ゲームに侵食された時代の中で

Takehiroさん
2019年6月2日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

知的

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Takehiro

2.5内向き感

ミカさん
2019年4月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

詩的な表現が多いと思ったら原作は詩集なんですね。若者の孤独感や疎外感はずっと描かれてきた普遍的なものなので、だから特に何かという事は感じませんでした。ただ、今の現状を外に向かって突破する強さよりも内向き感の方が強く感じたので、そこが今っぽかったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
ミカ

1.5つまらなかった

ふうさん
2019年1月2日
PCから投稿

孤独
絶望
不安
などなど

興味はあるけれど
実際に引き込まれるものはなく

つまらなかったかな、、

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ふう

1.0狙いは良いけど、あざと過ぎる

2018年10月20日
PCから投稿

看護師で夜はガールズバーで働くウザイ女。
日雇いの情緒不安定の訳あり男。
二人は何度も何度も偶然出会い、死だの、愛だの、運命だの、ウザく語り合う。
邂逅の時を迎えるのは良いけど、突然変わり過ぎなの。
池松はウザイから突然、インテリの訳知り男になるし。
ヒロインはウザイ、めんどくさいから、これまた、いきなり、可愛い、傷つきやすい、ナンダこれは。
不安定な空気が、途中から、ホームドラマとゆうか、朝ドラみたいになってしまった。
藝術目指した割に、平凡な駄作になりました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
アサシン

3.5唐揚げ弁当が食べたくなった。

2018年9月22日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:試写会

知的

古いものから現代風の事象、いろんな世代、それぞれの背景、諸々の対比があざやかでした。主人公達と交差する各俳優さん達の味わい深い。またちょっとした画面効果が優れ、特にアニメーションが良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
褐色の猪

5.0なんだか嫉妬してしまうくらいいい作品

SHさん
2018年9月12日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

知的

個人的な経験とダブル部分が多かったので、かなり斬新で野心的な作品にずっぽりハマり込んでしまった。よくもまぁあんなに自由に作り込んだなぁと感心すると同時に、なんかバカな嫉妬心を抱いたりした。自由気ままな作品への嫉妬、そして自分は経験しているのにあんな事はなかったぞ!という羨望というか嫉妬…決して自分には届くことができないとまで感じてしまった素晴らしい映画だった。
あの頃、嘘でもあんな笑顔なんて自分には作れなかったし貰えもしなかったなー。いい作品だったけど、やっぱねぇ…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
SH

2.5題名でずっと気になってた映画。 なんか言葉で表すのが難しいけど、彼...

yukaさん
2018年9月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

題名でずっと気になってた映画。
なんか言葉で表すのが難しいけど、彼氏もいない、仕事にも満足できない、一人暮らしのあの頃をすごく思い出した。共感ってことばはまた違うんだけど、自分の中のくすぶって、ひねくれた心を照らし合わせる感じ。
4人の男たちがよかったね。池松壮亮の空気はやっぱりすき。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yuka

3.0観る人をひとりにしない

Megumiさん
2018年8月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波、CS/BS/ケーブル

明確な答えやメッセージはくれないけれど、心にそっと寄り添ってくれる不思議な感覚がある。あとからジワジワくる系。観る人をひとりにしない優しい映画だと思う。
池松壮亮は相変わらず良い!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Megumi

4.0純粋なこころ

あべ2さん
2018年7月24日
iPhoneアプリから投稿

前半はよくわからないなぁと思ったけど、だんだん面白くなった。
純粋な心を持った人たちのお話。
人に理解してもらうのって難しいなーと思った。
劇中の歌がよかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あべ2

4.0この世のどこかで元気に暮らしていてほしい

Mayumiさん
2018年7月18日
PCから投稿

ヒロインの語りでそんな台詞があったけど、世知辛い世の中で、まさにそれを実感した映画だった。
不器用に肩を寄せ合い生きようとしている登場人物たちの姿に、東京の夜の空はこんなに温かいのかと、派手さはないけど、ほんの少しの幸せがじんわりと染みる映画だった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Mayumi

0.5この映画を評価してしまう日本映画界が役者を悪くする。

2018年6月27日
iPhoneアプリから投稿

芝居しすぎ芝居させすぎ。それが心地いい芝居で役者の面白さが出ていればいい。ただこの作品は映画に頼りすぎて映画になっていない作品ではないかと思う。日本映画下手くそすぎる。ニッチな演出ニッチな撮影それがエモーショナルに繋がらない。面白くなく日常を感じさせてどうするよ。映画ってエンターテイメントでしょ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
monoko4696

4.5tokyo sky

yonda?さん
2018年5月31日
iPhoneアプリから投稿

生きてるだけで最高なのだ、みたいな内容だと感じとった。人間はみんないつか死ぬ、そしていつ死ぬかわからない。ふだんは死ぬことなんて考えないで生きてるんだけど、身近なところで死が起こると意識させられてしまう。私たちなんで笑ったんだろう、みたいなセリフがあったけど 絶対死ぬって解ってるけど今はまだ生きてる、からだろう。

タバコの火の明かりが東京の夜景にうつりかわる場面は 世界は誰かの仕事で出来ている。みたいだなと思った。

おもしろい映画ではないし、前半の雰囲気が後半には薄れてしまっていて凡庸な作品のようにも思える。
脇汗の歌はサビがガンバレahだし、絶妙な感じで生きろと伝えてくる映画。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yonda?

3.0閉塞感と恋愛

2018年5月31日
iPhoneアプリから投稿

要するに

なんで生きてるんだろ?て誰もが感じるが結局わからない事だらけ。
でも、生きてりゃ何か起こるかもよ?
だから、ちゃんと挨拶したり、食事に感謝したり、募金したり、自分にできる事を腐らずにやっていこうぜ。
ていう話かな。
映画の積極的な見方をしていこう、というテーマは共感です。

でも全体的には

キネマ旬報の賞を取るべき作品がないので、この作品が取ったのかも?というのが正直な個人的感想です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
カルカソンヌ

1.0なにが狙い?

90'sさん
2018年5月13日
iPhoneアプリから投稿

東京で産まれ育った地元の身からするとイマイチな街の描き方。
地方のほうが孤独で閉塞感満載。
なにより魅力的な登場人物が皆無。興味が持続しないため退屈の一言。
スマホ見ながら整列して歩く描写がわざとらしすぎで見るのやめました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
90's
「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」の作品トップへ