ミッドナイト・スペシャル

13%
33%
46%
6%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ラビング 愛という名前のふたり」「MUD マッド」のジェフ・ニコルズが監督・脚本を手がけ、不思議な力を持つ少年とその父親が繰り広げる逃避行を描いたSFスリラー。特殊能力に目覚め、カルト教団や政府から追われる身となった少年アルトン。父ロイは親友ルーカスやアルトンの母サラと協力して追手から逃れながら、アルトンをある目的地へ連れて行くため奔走する。ニコルズ監督作の常連俳優であるマイケル・シャノンが父親役を務め、共演にも「ブラック・スキャンダル」のジョエル・エドガートン、「スパイダーマン」シリーズのキルステン・ダンスト、「スターウォーズ フォースの覚醒」のアダム・ドライバーら豪華キャストが揃う。

2016年製作/111分/アメリカ
原題:Midnight Special

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.5何かが著しく欠けているが、人間ドラマは素晴らしい

2017年4月30日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

『MUD』や『ラビング』のジェフ・ニコルズ監督が放つSFミステリーだが、日本では劇場未公開でDVDスルー。安易な設定で結末も弱いが、その一方で「人間ドラマ」としては見応えがある。
もしかすると本作は、ニコルズ監督が『テイク・シェルター』のイメージをさらに壮大に描いた作品なのではないか。マイケル・シャノンが少年を抱き上げて走る姿は『シェルター』を彷彿させるし、得体の知れない何かが迫り来る不安を刻んでいる点も似ている。ただ、本作はもっと娯楽性を帯びた作りになっているため、それに見合うだけの「手応え」が欲しかった。
とはいえ、この監督の映画はいつも、自分の命以上に大切なもののために奔走し続ける大人の姿が描かれるが、その役目に担うシャノンとエドガートンの名演はとてつもなく素晴らしい。彼らを見ているだけで十分なドラマを堪能した気分になる。何かが著しく欠けているが、なぜかそれを含めて愛おしさを感じる。本作はまさにその類いの「知る人ぞ知る」作品と言えそうだ。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
牛津厚信

5.0この映画大好き

コウキさん
2021年10月30日
iPhoneアプリから投稿

もっと広まって欲しい映画
評価があまりにも低すぎる
ほとんど完璧な映画だと思うんだけど
演技、映像、デザイン、展開、音楽、キャラクター等
好きすぎて4回観た
これからも観続けたい

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
コウキ

4.0【未来は…/地味だけど示唆を含んだ作品】

ワンコさん
2021年9月19日
iPhoneアプリから投稿

地上波(深夜帯)で放送しなかったら、ずっと知らないままの作品だったと思う。

皆さんの評価は低いように思うけれど、これまでに何度となく取り沙汰されてきた終末論や、危機を煽り人々をコントロールしようとする政治など人間の愚かさと、理論物理学でも話が出るパラレルワールドなどSFらしい示唆も含んでいて、僕は結構好きでした。

超能力を備えた少年アルトンと、父ロイ、母サラ、友人ルーカスの、SFという割には、どちらかというと静かな逃走劇だ。

アルトンは何を見せるのか。

(以下ネタバレ)

映画ではカルト教団の終末論は暗示的な程度なんだけど、考えてみたら、僕たちの世界は、ノストラダムスの予言を乗り越え、ミレニアムを迎えても、どこかに終末論を抱えたままだ。

911のテロ、04年のインドネシアの大震災、311の東日本大震災と原発事故、最近の気候変動が原因と思われる頻発する災害などあるたびに、終末論者は危機を煽る。

ノストラダムスを乗り越えたと思ったら、今度は、マヤ暦の記載が終わった後は世界は滅亡すると言ってみたり。もう、これも乗り越えたんだけどね。

映画は、政府の執拗な追跡がメインに描かれるが、政府は人々に何を隠したいのか、何をリスクと考えているのか、さまざまな謎を抱合したまま、アダム・ドライバー演じるNSAの調査員も巻き込んで、アルトンは目的の地に辿り着く。

エンディングも暗示的で、SF作品だが決して娯楽的ではない。
想像力を要求しているようだ。

伏線の回収とは一定の距離を置いた、この暗示的なエンディングが、評価を分けているのではないだろうか。

整然として、美しいパラレルワールドの景色。

終末論や恐怖を煽るより、もっと他に選択肢はあるのではないのか。

それが、この作品のテーマなのだ思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ワンコ

4.0理屈より感性

Takterusさん
2021年9月12日
スマートフォンから投稿

感性で映画を楽しめる人、タルコフスキー、デビッド・リンチ、クローネンバーグなど好きな人には合う映画。
一般的なSF映画ファンより、SF映画通、カルトファン向け。
インターステラー、メッセージも勿論楽しめるけど、デッドゾーン、ツイン・ピークス、ストーカーを一人で堪能するのが醍醐味だよねって人にはオススメ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Takterus
すべての映画レビューを見る(全19件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ミッドナイト・スペシャル」以外にこんな作品をCheck-inしています。