ミュージアム

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ミュージアム
ミュージアム
13%
49%
28%
7%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

過激な描写と緊迫のストーリー展開で人気を博す巴亮介の人気サイコスリラー漫画を、これが初タッグとなる小栗旬主演×大友啓史監督により実写映画化。雨の日だけに起こる猟奇殺人事件を追う刑事の沢村久志。犯行現場に残された謎のメモや、見つけられることを前提としたかのような死体から、カエルのマスクを被った犯人像が浮かび上がる。通称・カエル男と呼ばれるようになった犯人を追い詰めていく沢村だったが、カエル男の仕組んだ残酷な罠にはまり、絶望的な状況に追い込まれてしまう。主人公・沢村役の小栗、沢村の妻を演じる尾野真千子はじめ、野村周平、大森南朋ら豪華キャストが共演。

2016年製作/132分/G/日本
配給:ワーナー・ブラザース映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
原作
巴亮介
脚本
高橋泉
藤井清美
大友啓史
製作
ミラード・エル・オゥクス
大村英治
井上肇
古川公平
下田淳行
牧田英之
荒波修
高橋誠
江守徹
エグゼクティブプロデューサー
小岩井宏悦
青木竹彦
プロデューサー
下田淳行
下枝奨
撮影
山本英夫
Bキャメラ
佐藤有
照明
小野晃
録音
益子宏明
美術
磯見俊裕
セットデザイナー
将多
装飾
渡辺大智
衣装デザイン
澤田石和寛
キャラクターデザイン
澤田石和寛
ヘアメイクデザイン
ShinYa
特殊メイク
百武朋
造形デザイン
百武朋
編集
今井剛
音楽
岩代太郎
主題歌
ONE OK ROCK
VFXスーパーバイザー
小坂一順
スーパーバイジングサウンドエディター
勝俣まさとし
スクリプター
生田透子
助監督
稲葉博文
制作担当
高瀬大樹
制作管理
鈴木嘉弘
ラインプロデューサー
鎌田賢一
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • マッドボンバー
  • ヒッチハイク
  • インサイド
  • シアター・ナイトメア
  • キリング・グラウンド
  • 監禁 レディ・ベンジェンス
  • 招かれざる隣人
  • アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち
  • ロンドン・ロード ある殺人に関する証言
  • ロスト・フロア
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)巴亮介/講談社 (C)2016映画「ミュージアム」製作委員会

映画レビュー

3.5表現の限界まで挑んだ怪作

2016年11月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

心の底まで土足で踏み入られ、鑑賞中も鑑賞後も胸がザワザワしっぱなし。映倫Gなのは驚きだが、随分と残虐な描写を見せられたようでありながら、実は直接的な描写は皆無なのかも。。。だとしたら、本作そのものが愉快犯のごとく規制線をギリギリのところでかいくぐり我々の想像力を大いに弄んでいるみたいで、むしろそっちの方がゾッとする。

かくも表現の限界にまで挑んだ本作だが、それを構築している小栗と妻夫木という二大巨頭の魅せる凄みと人間的迫力、その狭間に柔和な存在感を差し込む尾野や野村も印象深い。そして何よりも、細部に至るまで役者陣が全員野球のように本気でうごめく迫力はまさに大友作品ならではと言っていい。
ここまで緊張感を高め、なおかつ観客を絶望の淵へいざなう作品はあまりお目にかかれない。とはいえ、怖いものが苦手な人にはいささか強烈すぎる場面もあるので、方々、くれぐれもご注意を。

コメントする
共感した! (共感した人 7 件)
牛津厚信

4.0小栗も妻夫木も良い!

2016年11月10日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

怖い

興奮

小栗旬は不良役も好青年役も個人的にあまりいい印象がなかったが、この作品の沢村役はすばらしい。仕事が好きかどうかに関係なく、忙しいとつい家庭やパートナーをおろそかにしがちになるのは、共感できる人も多いはず。刑事という特殊な職業ではあるけれど、社会人男性が身につまされる、男のダメな部分も含めた等身大のキャラクターを、小栗がメリハリある演技で魅せる。

そして、カエル男の妻夫木聡。前宣伝の方法としては、犯人の俳優を伏せるという手もあったのではという作りだが、積極的に名前を出していく方針になったようだ。もちろん、妻夫木がスキンヘッドで猟奇殺人犯を演じるという意外性だけでなく、小栗以上にナイスガイ、優男のイメージが強い彼が鬼気迫る表情で沢村刑事を追い込んでいく姿に戦慄。

大友啓史監督は日本映画の枠にはまらないスケールの大きさを感じさせる。ハリウッド進出作をぜひ観てみたい、期待の監督の1人だ。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 6 件)
高森 郁哉

2.0ケロヨン?

kossyさん
2021年1月6日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
kossy

4.5ミュージアム

2020年12月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

幾度とないエグい描写で世界に引き込まれる。狂気の光景を作り上げたのが凄い。

とことん最後まで残酷な展開にしてほしかったが、ラストの描写は最高。狂気は伝染し連鎖していく…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ABCD
すべての映画レビューを見る(全382件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る