ミュージアム

劇場公開日:

ミュージアム

解説

過激な描写と緊迫のストーリー展開で人気を博す巴亮介の人気サイコスリラー漫画を、これが初タッグとなる小栗旬主演×大友啓史監督により実写映画化。雨の日だけに起こる猟奇殺人事件を追う刑事の沢村久志。犯行現場に残された謎のメモや、見つけられることを前提としたかのような死体から、カエルのマスクを被った犯人像が浮かび上がる。通称・カエル男と呼ばれるようになった犯人を追い詰めていく沢村だったが、カエル男の仕組んだ残酷な罠にはまり、絶望的な状況に追い込まれてしまう。主人公・沢村役の小栗、沢村の妻を演じる尾野真千子はじめ、野村周平、大森南朋ら豪華キャストが共演。

2016年製作/132分/G/日本
配給:ワーナー・ブラザース映画
劇場公開日:2016年11月12日

スタッフ・キャスト

監督
原作
巴亮介
脚本
高橋泉
藤井清美
大友啓史
製作
ミラード・エル・オゥクス
大村英治
井上肇
古川公平
下田淳行
牧田英之
荒波修
高橋誠
江守徹
エグゼクティブプロデューサー
小岩井宏悦
青木竹彦
プロデューサー
下田淳行
下枝奨
撮影
山本英夫
Bキャメラ
佐藤有
照明
小野晃
録音
益子宏明
美術
磯見俊裕
セットデザイナー
将多
装飾
渡辺大智
衣装デザイン
澤田石和寛
キャラクターデザイン
澤田石和寛
ヘアメイクデザイン
ShinYa
特殊メイク
百武朋
造形デザイン
百武朋
編集
今井剛
音楽
岩代太郎
主題歌
ONE OK ROCK
VFXスーパーバイザー
小坂一順
スーパーバイジングサウンドエディター
勝俣まさとし
スクリプター
生田透子
助監督
稲葉博文
制作担当
高瀬大樹
制作管理
鈴木嘉弘
ラインプロデューサー
鎌田賢一
全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)巴亮介/講談社 (C)2016映画「ミュージアム」製作委員会

映画レビュー

4.0小栗旬と妻夫木聡の対決はもっと観ていたかった

2021年9月20日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

大友啓史監督といえば、やはり「るろうに剣心」シリーズがパッと思い浮かぶだろうが、個人的にはこの「ミュージアム」も総合芸術たる映画として、今一度多くの方々に観てもらいたい作品として挙げたい。雨の日だけに起こる猟奇殺人事件を追うなかで、やがて翻弄されていく刑事の沢村久志に扮した小栗旬、カエル男を不気味に演じた妻夫木聡が、大友組の世界観にどっぷりと潜り込んでいくさまは片時も目を離すことができない。ふたりの共演、久しぶりに観たくなる…

コメントする (0件)
共感した! 1件)
大塚史貴

3.5表現の限界まで挑んだ怪作

2016年11月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

心の底まで土足で踏み入られ、鑑賞中も鑑賞後も胸がザワザワしっぱなし。映倫Gなのは驚きだが、随分と残虐な描写を見せられたようでありながら、実は直接的な描写は皆無なのかも。。。だとしたら、本作そのものが愉快犯のごとく規制線をギリギリのところでかいくぐり我々の想像力を大いに弄んでいるみたいで、むしろそっちの方がゾッとする。

かくも表現の限界にまで挑んだ本作だが、それを構築している小栗と妻夫木という二大巨頭の魅せる凄みと人間的迫力、その狭間に柔和な存在感を差し込む尾野や野村も印象深い。そして何よりも、細部に至るまで役者陣が全員野球のように本気でうごめく迫力はまさに大友作品ならではと言っていい。
ここまで緊張感を高め、なおかつ観客を絶望の淵へいざなう作品はあまりお目にかかれない。とはいえ、怖いものが苦手な人にはいささか強烈すぎる場面もあるので、方々、くれぐれもご注意を。

コメントする (0件)
共感した! 9件)
牛津厚信

4.0小栗も妻夫木も良い!

2016年11月10日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

怖い

興奮

小栗旬は不良役も好青年役も個人的にあまりいい印象がなかったが、この作品の沢村役はすばらしい。仕事が好きかどうかに関係なく、忙しいとつい家庭やパートナーをおろそかにしがちになるのは、共感できる人も多いはず。刑事という特殊な職業ではあるけれど、社会人男性が身につまされる、男のダメな部分も含めた等身大のキャラクターを、小栗がメリハリある演技で魅せる。

そして、カエル男の妻夫木聡。前宣伝の方法としては、犯人の俳優を伏せるという手もあったのではという作りだが、積極的に名前を出していく方針になったようだ。もちろん、妻夫木がスキンヘッドで猟奇殺人犯を演じるという意外性だけでなく、小栗以上にナイスガイ、優男のイメージが強い彼が鬼気迫る表情で沢村刑事を追い込んでいく姿に戦慄。

大友啓史監督は日本映画の枠にはまらないスケールの大きさを感じさせる。ハリウッド進出作をぜひ観てみたい、期待の監督の1人だ。

コメントする 1件)
共感した! 7件)
高森 郁哉

5.0「悪意」とは

2024年7月6日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

秀逸なプロットとスピード感あふれる進行 サイコスリラー感満載の作品だった。
サイコパスの犯人 彼の幼少期に起きた両親の惨殺事件
双子の姉がいるという設定も凄いが、その姉が言う「悪意」 それに向き合えるのか死ぬしかないのか? そこまで切羽詰まるように考えていたことが伺える。
つまり犯人の肉体的異常は心の中の悪意によってもたらされてことが臭わされている。
その双子の弟を見続けてきた姉の思い。
あまりにもショッキングな出来事による精神崩壊 肉体異常 異常性快楽 サイコパス
この犯人像の描写が実に巧みで、その設定がショウタにまで受け継がせている点は空恐ろしい余韻を残している。
犯人の姉は、連続猟奇殺人事件を弟の犯行だと薄々気づいていたのだろう。
沢村が訪ねて来た時、脅されたものの割と素直にカルテを渡したのは、沢村に感じる狂気に弟を殺してほしい気持ちを託したのだと思った。
その後警察が訪ねてきてもいい加減な態度で接したのは、弟が逮捕されれば死ぬまで彼が苦しまなければならないと思ったからだろう。
結果、姉自信が手を下すことになったのは、運命的だと決意したのか。
犯人は最後に3つの選択肢があるなどと言ったが、それは犯人側の勝手な思いで、冷凍庫の中の二人の頭部を見た沢村の絶望を考えれば、拳銃自殺もあったように思う。あの絶望感を味わえば自殺するという選択肢は存在したはずだ。
しかし絶妙のタイミングで現れた犯人を見て、沢村の自殺という思考は跡形もなくなった。
このシーンで、割とすぐに二人が生きている映像が差し込まれるが、このシーンはカエル仮面を被せられた妻を見抜くところまで引っ張ってもよかったのかなと思った。
連続猟奇殺人事件 = 「セヴン」
作家はここに発想があったのだろうか?
サイコパスという言葉だけで人物像を作らず、細部まで徹底した犯人像を作り上げている。
特に秀逸だったのが、沢村が犯人にたどり着く過程と、警察が女医の言葉から過去の事件にたどり着く過程に違いがあり、それが事件の奥行きを深くしている点だ。
そして女医の心理描写を描きながらも忍ばせていることで視聴者に考えさせている。
そして最後は家族仲良く運動会… そこに映るショウタのかゆみ つまりショウタの中に起きてしまった「悪意」
事件後を嗅ぎまわる記者 彼は裁判員が冤罪を起こしたことを調査している。
それが一連の連続猟奇殺人事件を引き起こしたと考えている。
それは至極当然のことだが、人を裁く カエル男にしても女医にしても、警察も検察も裁判官も、もちろん記者も すべて人を裁こうとする。
これそのものが人間の「悪意」なのかもしれない。
ここまで深く現代社会をえぐりつつ、悪意というのは人の心に伝染するのではないかと問題を投げかけている。
エンタメとしても素晴らしい作品だった。

コメントする (0件)
共感した! 9件)
R41
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る